キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • キヤノン、自動ロール紙セットなど新機能搭載の大判インクジェットプリ...

キヤノン、自動ロール紙セットなど新機能搭載の大判インクジェットプリンター発売

2020年4月10日ニュース

 キヤノンは、大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF PRO(イメージプログラフプロ)」シリーズの新製品として、8色インクモデル「PRO-6100S/4100S」、12色インクモデル「PRO-6100/4100/2100」の計5機種を4月13日より順次発売する。
imagePROGRAF PRO-4100S(オプションのロールユニット「RU-41」装着時)
 新製品は、写真やアート作品、商業広告などのグラフィックアート市場向けの大判インクジェットプリンター。いずれも、ロール紙を給紙部に置くだけで、自動で用紙を給紙・搬送し印刷可能な状態に調整する「自動ロール紙セット」機能を搭載。これにより給紙時に用紙の印刷面に触れる必要がないため、指紋や汚れの付着を防止できる。また、内蔵マルチセンサーにより、用紙の種類や幅を自動で検知するほか、用紙残量も自動推計可能。これらの自動化やサイズや種類の異なるロール紙を同時に2本セットできる2段ロール給紙機構を使用した切り替え印刷などにより、現場オペレーターの作業負荷を軽減し、大判出力ワークフローにおける作業の効率化や生産性向上に寄与する。
imagePROGRAF PRO-6100
 また、新製品は、顔料インク「LUCIA PRO(ルシアプロ)」を採用。同インクは、色材をカプセル化することで、用紙上に色材が高密度に配置され、発色性に優れた、色鮮やかなプリントを実現する。12色インクモデル「PRO-6100/4100/2100」では、光沢紙・半光沢紙への印刷時に透明インク「クロマオプティマイザー」を使用することで、光沢ムラを抑制し、黒や暗部で高い色再現性を実現する。

関連記事

最新ニュース

dp_okado_tn.jpg

日本HP、商業印刷およびラベル&パッケージ分野向けの新製品発表

2020年4月14日

(株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は4月9日、HPデジタル印刷機新製品説明会を開催。今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、Web配信形式で行われた。  冒頭、...全文を読む

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

2020年4月9日ケーススタディ

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プラ...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2020年4月9日製品・テクノロジー

 日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、ロール式ラミネーター、業務用全自動ラミネーターのラインアップを豊富に取り揃え、あらゆるユーザーニーズに...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

キヤノン、自動ロール紙セットなど新機能搭載の大判インクジェットプリンター発売

2020年4月10日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンは、大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF PRO(イメージプログラフプロ)」シリーズの新製品として、8色インクモデル「PRO-6100S/4100S」、12色インクモデル「PRO-6100/4100/2100」の計5機種を4月13日より順次発売する。
imagePROGRAF PRO-4100S(オプションのロールユニット「RU-41」装着時)
 新製品は、写真やアート作品、商業広告などのグラフィックアート市場向けの大判インクジェットプリンター。いずれも、ロール紙を給紙部に置くだけで、自動で用紙を給紙・搬送し印刷可能な状態に調整する「自動ロール紙セット」機能を搭載。これにより給紙時に用紙の印刷面に触れる必要がないため、指紋や汚れの付着を防止できる。また、内蔵マルチセンサーにより、用紙の種類や幅を自動で検知するほか、用紙残量も自動推計可能。これらの自動化やサイズや種類の異なるロール紙を同時に2本セットできる2段ロール給紙機構を使用した切り替え印刷などにより、現場オペレーターの作業負荷を軽減し、大判出力ワークフローにおける作業の効率化や生産性向上に寄与する。
imagePROGRAF PRO-6100
 また、新製品は、顔料インク「LUCIA PRO(ルシアプロ)」を採用。同インクは、色材をカプセル化することで、用紙上に色材が高密度に配置され、発色性に優れた、色鮮やかなプリントを実現する。12色インクモデル「PRO-6100/4100/2100」では、光沢紙・半光沢紙への印刷時に透明インク「クロマオプティマイザー」を使用することで、光沢ムラを抑制し、黒や暗部で高い色再現性を実現する。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP