キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • キヤノンPPS、医療用機器マニュアル自動化生産システムに「Vari...

キヤノンPPS、医療用機器マニュアル自動化生産システムに「VarioPrint i300」を追加導入

2020年4月22日ニュース

 キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、キヤノンメディカルシステムズ(株)が採用した医療機器製品マニュアル自動化生産システムに、枚葉インクジェットプリンター「VarioPrint i300」を追加導入し、印刷品質向上とさらなる生産性向上を実現した。

 キヤノンメディカルシステムズは、2018年に生産コスト削減と納品リードタイム短縮のため、マニュアル生産ワークフローの見直しを行い、医療機器製品マニュアルの自動化生産システムとして輪転インクジェットプリンター「ColorStream 6700 Chroma」や生産管理ソフトウエア、製本システムなどを連携させたシステムを導入し、従来比生産コストを約30%減、納品リードタイムも2日短縮を実現している。
枚葉インクジェットプリンター「VarioPrint i300」
 新たに追加導入される「VarioPrint i300」は、インクジェットの特性である高い生産性と優れた生産コスト、そしてカット紙ならではのアプリケーションの柔軟性を持った枚葉インクジェットプリンター。A4両面最大300ページ/分のスピードと、角折れや波打ちなどによってヘッドに触れてしまう可能性のある用紙を印刷前に検出して即座に排出する機構により、汚れや故障の原因を未然に防ぎ、高い生産性を維持することが可能。定期的にノズル抜けチェックシートを印刷し、自動スキャンしてノズル抜けを検知・補正するバックアップ機能を搭載し、ノズル抜けが起きた場合でも、両隣のノズルを使用して自動補正することで、印刷を継続することが可能。また、CMYKのプロセスカラーのインクを吐出する前に、ベースコート剤を印刷面に塗布する「ColorGrip(カラーグリップ)」を搭載しており、上質紙からオフセットコート紙まで幅広い用紙に対応できる。
新たなマニュアル自動化生産システム構成図
 キヤノンメディカルシステムズでは、「VarioPrint i300」を導入することで従来トナー方式のカット紙プリンターで出力していた月間40万ページの手差しページの印刷と、リプリントジョブを同システムに取り込むことが可能となる。加えてシステム全体の生産性を向上するとともに印刷方式をインクジェット方式に統一することで、印刷品質の向上を実現した生産体制が構築できる。

 今後は、2020年4月中に設置作業・トレーニングを完了し、その後6月より新システムの本稼働を開始する予定。

関連記事

最新ニュース

dp_1mpremia_is29_gp_tn.jpg

KOMORI、インプレミアIS29がGP資機材認定の最高ランク「スリースター」を取得

2020年4月22日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)の29インチ枚葉UVインクジェットデジタルプリンティングシステム「Impremia(インプレミア)IS29」が、このほど(...全文を読む

dp_hp_free_tn.jpg

日本HP、HP PrintOS有償アプリケーションの無償提供でユーザーの事業運営を支援

2020年4月21日

 (株)日本HPは、世界的な新型コロナウイルス感染拡大を受けて、HPデジタル印刷機ユーザーの事業運営支援を目的としたHP PrintOS有償アプリケーションの無償提供を開始した。  同...全文を読む

エプソン、デジタルラベル印刷機「SurePress」専用の純正ソフトウェアRIP発売

2020年4月15日

 エプソンは、デジタルラベル印刷機SurePress専用のエプソン純正ソフトウェアRIP「Epson Edge Print Label」(パッケージ、5年間ライセンス)を4月13日より...全文を読む

dp_okado_tn.jpg

日本HP、商業印刷およびラベル&パッケージ分野向けの新製品発表

2020年4月14日

(株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は4月9日、HPデジタル印刷機新製品説明会を開催。今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、Web配信形式で行われた。  冒頭、...全文を読む

dp_pro_4100s_tn.jpg

キヤノン、自動ロール紙セットなど新機能搭載の大判インクジェットプリンター発売

2020年4月10日

 キヤノンは、大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF PRO(イメージプログラフプロ)」シリーズの新製品として、8色インクモデル「PRO-6100S/4100S」、12...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

2020年4月9日ケーススタディ

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プラ...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2020年4月9日製品・テクノロジー

 日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、ロール式ラミネーター、業務用全自動ラミネーターのラインアップを豊富に取り揃え、あらゆるユーザーニーズに...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

キヤノンPPS、医療用機器マニュアル自動化生産システムに「VarioPrint i300」を追加導入

2020年4月22日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、キヤノンメディカルシステムズ(株)が採用した医療機器製品マニュアル自動化生産システムに、枚葉インクジェットプリンター「VarioPrint i300」を追加導入し、印刷品質向上とさらなる生産性向上を実現した。

 キヤノンメディカルシステムズは、2018年に生産コスト削減と納品リードタイム短縮のため、マニュアル生産ワークフローの見直しを行い、医療機器製品マニュアルの自動化生産システムとして輪転インクジェットプリンター「ColorStream 6700 Chroma」や生産管理ソフトウエア、製本システムなどを連携させたシステムを導入し、従来比生産コストを約30%減、納品リードタイムも2日短縮を実現している。
枚葉インクジェットプリンター「VarioPrint i300」
 新たに追加導入される「VarioPrint i300」は、インクジェットの特性である高い生産性と優れた生産コスト、そしてカット紙ならではのアプリケーションの柔軟性を持った枚葉インクジェットプリンター。A4両面最大300ページ/分のスピードと、角折れや波打ちなどによってヘッドに触れてしまう可能性のある用紙を印刷前に検出して即座に排出する機構により、汚れや故障の原因を未然に防ぎ、高い生産性を維持することが可能。定期的にノズル抜けチェックシートを印刷し、自動スキャンしてノズル抜けを検知・補正するバックアップ機能を搭載し、ノズル抜けが起きた場合でも、両隣のノズルを使用して自動補正することで、印刷を継続することが可能。また、CMYKのプロセスカラーのインクを吐出する前に、ベースコート剤を印刷面に塗布する「ColorGrip(カラーグリップ)」を搭載しており、上質紙からオフセットコート紙まで幅広い用紙に対応できる。
新たなマニュアル自動化生産システム構成図
 キヤノンメディカルシステムズでは、「VarioPrint i300」を導入することで従来トナー方式のカット紙プリンターで出力していた月間40万ページの手差しページの印刷と、リプリントジョブを同システムに取り込むことが可能となる。加えてシステム全体の生産性を向上するとともに印刷方式をインクジェット方式に統一することで、印刷品質の向上を実現した生産体制が構築できる。

 今後は、2020年4月中に設置作業・トレーニングを完了し、その後6月より新システムの本稼働を開始する予定。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP