キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • K・Dサービス、NMB48 南羽諒の架空会社と段ボール事業で提携

K・Dサービス、NMB48 南羽諒の架空会社と段ボール事業で提携

2020年7月4日ニュース

 神崎紙器グループのデジタル印刷事業会社K・Dサービス(株)(池田大樹社長)は、アイドルグループ「NMB48」の南羽諒(みなみ・はあさ)さんが社長を務める架空会社「南ダンボール製作所」と段ボール事業で業務提携したと発表した。

 段ボール工作が趣味という南さんは、新YNN NMB48 CHANNELにおいて冠番組「南ダンボール製作所」を配信。今年2月には個展「南ダンボール製作所展」を開催しており、その展示作品を観た池田社長は「作品を目にした瞬間、その自由な発想に度肝を抜かれた。あれだけの『段ボール愛』を持った南社長と我々の技術、両社のチャレンジ精神が合わされば、皆様により喜んでいただけるものを創っていけると確信した」と、今回の業務提携に至った経緯を話す。

 K・Dサービスは2019年に兵庫県丹波市の柏原工場に段ボール用インクジェット印刷機「GLORY1604」を導入。マテリアルとしての段ボールの優位性を活用し、箱だけにこだわることなく、段ボールを素材とした幅広い印刷物の提供を目指しており、今回の「南ダンボール製作所」との業務提携により、その可能性は大きく広がりそうだ。

 一方の南さんは、今後段ボールで製作してみたいものとして「ライブのステージ、2階建ての家、船、滑り台...。作った船で無人島から脱出したい。釣りもしてみたい。ダンボールの歌も作りたい」などとコメントしており、その壮大な夢からも南さんの段ボールへの深い愛情が伝わってくる。

K・Dサービスの池田社長も、この南さんの夢の実現に全力で応えていく考えで、「南さんの独創的なアイデアとK・Dサービスの水性美粧印刷技術を融合させれば、これまでにない段ボールの新たな可能性を引き出していけるはず」と今後の事業展開を楽しみにしているという。両社のコラボによる新作品は業界内外からの注目を集めそうだ。

関連記事

最新ニュース

risapress_c14000_202008_dp_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESS Colorに初のヘビープロダクション機

2020年8月3日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSカラーシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color14000/12000...全文を読む

エプソン、子会社ロブステリ社とフォルテックス社の合併を決定

2020年7月30日

 セイコーエプソン(株)(以下、「エプソン」)は7月30日、グループ会社であるFratelli Robustelli S.r.l.(以下、「ロブステリ社」)によるFor.Tex S.r...全文を読む

dp_km_online_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、新製品発表会とウェビナーで構成するオンラインイベントを8月18日に開催

2020年7月28日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は8月18日14時より、新製品発表会と特別講師によるウェビナーで構成されるオンラインイベント「New Normalにおけ...全文を読む

dp_hp_7_29_tn.jpg

日本HP、7月29日「HP Indigoデジタル印刷機60分バーチャル体験」をオンライン開催

2020年7月27日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では7月29日1...全文を読む

dp_sumo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、小学館刊行の超特大写真集SUMO本「東大寺」の印刷にKM-1が採用

2020年7月21日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、小学館SUMO本「東大寺」(発売中)の印刷に29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet KM-1(...全文を読む

新着トピックス

signsdc_dp_tn.jpg

サインズドットコム、環境素材・板物対応を強化:JETI MIRA / ANAPURNA導入事例

2020年7月13日ケーススタディ

 「街の景観創りを応援します」─広告・看板資機材の卸売を手掛ける(株)サインズドットコム(本社/大阪市淀川区三津屋南2-20-40、吉田司社長)は昨年12月、大判インクジェット出力サー...全文を読む

ffgs_acuityultra_dp_tn.jpg

FFGS、「3 in 1」で既存機を「超越」したスーパーワイド機:Acuity Ultraシリーズ

2020年7月13日製品・テクノロジー

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、以下「FFGS」)は7月、「高画質」「高生産性」「汎用性」の3つの特長を併せ持つスーパーワイドフォーマットUVインクジ...全文を読む

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 コダック社は、6月16日に開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、優れた投資対効果(ROI)の達成をめざした新しいデジタル印刷ソリューションを発表。とくに、インクジェットプレ...全文を読む

K・Dサービス、NMB48 南羽諒の架空会社と段ボール事業で提携

2020年7月4日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • 池田社長(左)とNMB48の南羽諒さん池田社長(左)とNMB48の南羽諒さん

 神崎紙器グループのデジタル印刷事業会社K・Dサービス(株)(池田大樹社長)は、アイドルグループ「NMB48」の南羽諒(みなみ・はあさ)さんが社長を務める架空会社「南ダンボール製作所」と段ボール事業で業務提携したと発表した。

 段ボール工作が趣味という南さんは、新YNN NMB48 CHANNELにおいて冠番組「南ダンボール製作所」を配信。今年2月には個展「南ダンボール製作所展」を開催しており、その展示作品を観た池田社長は「作品を目にした瞬間、その自由な発想に度肝を抜かれた。あれだけの『段ボール愛』を持った南社長と我々の技術、両社のチャレンジ精神が合わされば、皆様により喜んでいただけるものを創っていけると確信した」と、今回の業務提携に至った経緯を話す。

 K・Dサービスは2019年に兵庫県丹波市の柏原工場に段ボール用インクジェット印刷機「GLORY1604」を導入。マテリアルとしての段ボールの優位性を活用し、箱だけにこだわることなく、段ボールを素材とした幅広い印刷物の提供を目指しており、今回の「南ダンボール製作所」との業務提携により、その可能性は大きく広がりそうだ。

 一方の南さんは、今後段ボールで製作してみたいものとして「ライブのステージ、2階建ての家、船、滑り台...。作った船で無人島から脱出したい。釣りもしてみたい。ダンボールの歌も作りたい」などとコメントしており、その壮大な夢からも南さんの段ボールへの深い愛情が伝わってくる。

K・Dサービスの池田社長も、この南さんの夢の実現に全力で応えていく考えで、「南さんの独創的なアイデアとK・Dサービスの水性美粧印刷技術を融合させれば、これまでにない段ボールの新たな可能性を引き出していけるはず」と今後の事業展開を楽しみにしているという。両社のコラボによる新作品は業界内外からの注目を集めそうだ。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP