キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • K・Dサービス、NMB48 南羽諒の架空会社と段ボール事業で提携

K・Dサービス、NMB48 南羽諒の架空会社と段ボール事業で提携

2020年7月4日ニュース

 神崎紙器グループのデジタル印刷事業会社K・Dサービス(株)(池田大樹社長)は、アイドルグループ「NMB48」の南羽諒(みなみ・はあさ)さんが社長を務める架空会社「南ダンボール製作所」と段ボール事業で業務提携したと発表した。

 段ボール工作が趣味という南さんは、新YNN NMB48 CHANNELにおいて冠番組「南ダンボール製作所」を配信。今年2月には個展「南ダンボール製作所展」を開催しており、その展示作品を観た池田社長は「作品を目にした瞬間、その自由な発想に度肝を抜かれた。あれだけの『段ボール愛』を持った南社長と我々の技術、両社のチャレンジ精神が合わされば、皆様により喜んでいただけるものを創っていけると確信した」と、今回の業務提携に至った経緯を話す。

 K・Dサービスは2019年に兵庫県丹波市の柏原工場に段ボール用インクジェット印刷機「GLORY1604」を導入。マテリアルとしての段ボールの優位性を活用し、箱だけにこだわることなく、段ボールを素材とした幅広い印刷物の提供を目指しており、今回の「南ダンボール製作所」との業務提携により、その可能性は大きく広がりそうだ。

 一方の南さんは、今後段ボールで製作してみたいものとして「ライブのステージ、2階建ての家、船、滑り台...。作った船で無人島から脱出したい。釣りもしてみたい。ダンボールの歌も作りたい」などとコメントしており、その壮大な夢からも南さんの段ボールへの深い愛情が伝わってくる。

K・Dサービスの池田社長も、この南さんの夢の実現に全力で応えていく考えで、「南さんの独創的なアイデアとK・Dサービスの水性美粧印刷技術を融合させれば、これまでにない段ボールの新たな可能性を引き出していけるはず」と今後の事業展開を楽しみにしているという。両社のコラボによる新作品は業界内外からの注目を集めそうだ。

最新ニュース

dp_bli_tn.jpg

富士フイルムBI、ハイエンドモデル「Revoria Press PC1120」がBLI 2022 PRO Award受賞

2022年6月24日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(浜直樹社長・CEO)は、プロダクションカラープリンター「Revoria Press PC1120」が、ビジネスユーザー向け印刷機器の独立評...全文を読む

dp_ml_32000_tn.jpg

エプソン、高生産性と高い印捺品質・安定稼働を実現したインクジェットデジタル捺染機発売

2022年6月23日

 エプソンは、インクジェットデジタル捺染機Monna Lisa(モナリザ)シリーズの新商品として、高生産性と高い印捺品質、安定稼働を実現した「ML-32000」の発売を6月22日より開...全文を読む

toppanf20220623_dp_tn.jpg

トッパン・フォームズ、小ロット対応のセキュリティプリントサービス開発

2022年6月23日

 トッパン・フォームズ(株)は、偽造防止効果が得られるセキュリティプリントサービス「ヒドンワードII」の販売を開始した。  複合機などでコピーをすると「COPY」などの隠し文字が現れる...全文を読む

kodak_prosper_7000_dp_tn.jpg

コダック社、毎分最大410mのIJウェブプレス「PROSPER7000 Turbo Press」発表

2022年6月17日

 コダック社は、オハイオ州デイトンのインクジェットR&D/デモセンターにおいて「KODAK PROSPER7000 Turbo Press」を発表した。  Streamインクジェットテ...全文を読む

dp_gia_tn.jpg

コニカミノルタ、バーチャルショールームプラットフォームがドイツイノベーションアワード2022受賞

2022年6月17日

 コニカミノルタ(株)は、このほど欧州地域の統括販売会社であるコニカミノルタヨーロッパとリーニエンフルークデザイン社が、プロフェッショナルプリント事業におけるバーチャルショールームプラ...全文を読む

新着トピックス

shiseisya_nishikawap_tn.jpg

新星社西川印刷、立体表現で新事業領域へ - 創造力に寄り添う大判インクジェット事業

2022年6月24日ケーススタディ

 「古き良きアナログの精神と技術を受け継ぎ、進化し続けるデジタルとの融合を目指す」─商業印刷の新星社西川印刷(株)(本社/東京都台東区松が谷4-26-4、西川晴重社長)は今年2月、アグ...全文を読む

medic_dp_tn.jpg

メディック、商業施設の「賑わい空間づくり」に貢献

2022年6月22日ケーススタディ

 チラシやポスター、POP、ウインドウシートなど、「販売促進」という幅広い事業領域において、大判インクジェットプリンタによるアウトプット・制作業務を手掛ける(株)メディック(本社/東京...全文を読む

dp_sirahashi_ipa2021_tn.jpg

白橋、若手の想像力をカタチに〜企画力が評価されIPA2021で入賞

2022年5月30日企業・経営

 (株)白橋(東京都中央区、白橋明夫社長)は、2021年度の「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下『IPA』)」において、「『non...全文を読む

K・Dサービス、NMB48 南羽諒の架空会社と段ボール事業で提携

2020年7月4日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • 池田社長(左)とNMB48の南羽諒さん池田社長(左)とNMB48の南羽諒さん

 神崎紙器グループのデジタル印刷事業会社K・Dサービス(株)(池田大樹社長)は、アイドルグループ「NMB48」の南羽諒(みなみ・はあさ)さんが社長を務める架空会社「南ダンボール製作所」と段ボール事業で業務提携したと発表した。

 段ボール工作が趣味という南さんは、新YNN NMB48 CHANNELにおいて冠番組「南ダンボール製作所」を配信。今年2月には個展「南ダンボール製作所展」を開催しており、その展示作品を観た池田社長は「作品を目にした瞬間、その自由な発想に度肝を抜かれた。あれだけの『段ボール愛』を持った南社長と我々の技術、両社のチャレンジ精神が合わされば、皆様により喜んでいただけるものを創っていけると確信した」と、今回の業務提携に至った経緯を話す。

 K・Dサービスは2019年に兵庫県丹波市の柏原工場に段ボール用インクジェット印刷機「GLORY1604」を導入。マテリアルとしての段ボールの優位性を活用し、箱だけにこだわることなく、段ボールを素材とした幅広い印刷物の提供を目指しており、今回の「南ダンボール製作所」との業務提携により、その可能性は大きく広がりそうだ。

 一方の南さんは、今後段ボールで製作してみたいものとして「ライブのステージ、2階建ての家、船、滑り台...。作った船で無人島から脱出したい。釣りもしてみたい。ダンボールの歌も作りたい」などとコメントしており、その壮大な夢からも南さんの段ボールへの深い愛情が伝わってくる。

K・Dサービスの池田社長も、この南さんの夢の実現に全力で応えていく考えで、「南さんの独創的なアイデアとK・Dサービスの水性美粧印刷技術を融合させれば、これまでにない段ボールの新たな可能性を引き出していけるはず」と今後の事業展開を楽しみにしているという。両社のコラボによる新作品は業界内外からの注目を集めそうだ。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP