キーワードで検索

アグフア、インクジェット用インクの生産能力を増強

2020年7月17日ニュース

 アグフア(ベルギー・モーツェル)は、インクジェット用インクの生産能力の大規模な増強計画を発表した。

 アグフアのワイドフォーマットインクジェットプリンタは世界的に導入が進んでおり、日本国内においてもその性能とサポート体制が高く評価され、順調に設置台数を伸ばしている。この世界的な設置台数の拡大にともない、UVインクの出荷量が増加傾向にあることから、製造工場を拡充することを決定した。

 新工場は、製造部門以外にも研究開発部門や品質管理部門を設置し、既存の製造工場と合わせて柔軟かつ高効率のプロダクションセンターとなる。中長期に渡って期待される成長率を考慮した上で、市場規模に対応できる生産能力を確保する。

 アグフアのインク製造工場は、およそ20年かけて試作用の小ロット生産から生産用の大ロット生産に対応するインクジェット用インクの生産施設の土台を固めてきた。今回の生産増強計画は、今後さらに成長が期待されるUVインクジェット印刷市場の需要に応えるための新たな投資となる。

UV硬化型インク

 UVインクはUV光(紫外線)を照射させることで硬化、定着するインクであり、紙以外の樹脂やガラス、金属など非吸収性の多様なメディアに印刷が可能なインクである。印刷時に瞬時にインクが硬化するため、出力後の乾燥時間が必要なく、印刷、制作プロセスの大幅な短縮を実現。また従来のUVランプもLEDへ切替対応が進み、従来課題であったランプ点灯の待ち時間、ランプの寿命や印刷時に発生する熱なども改善し、近年UVインクジェットプリンタの導入を加速させる要因となっている。

 アグフアのUVインクジェットプリンタであるANAPURNA、JETIシリーズでは、専用のLED UV対応UVインクを開発、製造しており、それぞれのプリンタに合わせて最適にチューニングされ、カラーマネジメント技術との組み合わせにより、非常に少ないインク消費量でありながら広い色域再現を可能としている。

 アグフアは、長年にわたりUVインクの研究・開発に取り組んできた。とくに顔料分散技術に関する特許を複数取得しており、それによってインク中に顔料を均一に分散させ、顔料濃度を上げることが可能になった。また、溶剤を一切含まない上、GREENGUARD GOLD認証を取得しており、学校や医療機関など、高い安全性が求められる環境でも安心して使用できる。

関連記事

最新ニュース

risapress_c14000_202008_dp_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESS Colorに初のヘビープロダクション機

2020年8月3日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSカラーシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color14000/12000...全文を読む

エプソン、子会社ロブステリ社とフォルテックス社の合併を決定

2020年7月30日

 セイコーエプソン(株)(以下、「エプソン」)は7月30日、グループ会社であるFratelli Robustelli S.r.l.(以下、「ロブステリ社」)によるFor.Tex S.r...全文を読む

dp_km_online_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、新製品発表会とウェビナーで構成するオンラインイベントを8月18日に開催

2020年7月28日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は8月18日14時より、新製品発表会と特別講師によるウェビナーで構成されるオンラインイベント「New Normalにおけ...全文を読む

dp_hp_7_29_tn.jpg

日本HP、7月29日「HP Indigoデジタル印刷機60分バーチャル体験」をオンライン開催

2020年7月27日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では7月29日1...全文を読む

dp_sumo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、小学館刊行の超特大写真集SUMO本「東大寺」の印刷にKM-1が採用

2020年7月21日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、小学館SUMO本「東大寺」(発売中)の印刷に29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet KM-1(...全文を読む

新着トピックス

signsdc_dp_tn.jpg

サインズドットコム、環境素材・板物対応を強化:JETI MIRA / ANAPURNA導入事例

2020年7月13日ケーススタディ

 「街の景観創りを応援します」─広告・看板資機材の卸売を手掛ける(株)サインズドットコム(本社/大阪市淀川区三津屋南2-20-40、吉田司社長)は昨年12月、大判インクジェット出力サー...全文を読む

ffgs_acuityultra_dp_tn.jpg

FFGS、「3 in 1」で既存機を「超越」したスーパーワイド機:Acuity Ultraシリーズ

2020年7月13日製品・テクノロジー

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、以下「FFGS」)は7月、「高画質」「高生産性」「汎用性」の3つの特長を併せ持つスーパーワイドフォーマットUVインクジ...全文を読む

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 コダック社は、6月16日に開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、優れた投資対効果(ROI)の達成をめざした新しいデジタル印刷ソリューションを発表。とくに、インクジェットプレ...全文を読む

アグフア、インクジェット用インクの生産能力を増強

2020年7月17日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 アグフア(ベルギー・モーツェル)は、インクジェット用インクの生産能力の大規模な増強計画を発表した。

 アグフアのワイドフォーマットインクジェットプリンタは世界的に導入が進んでおり、日本国内においてもその性能とサポート体制が高く評価され、順調に設置台数を伸ばしている。この世界的な設置台数の拡大にともない、UVインクの出荷量が増加傾向にあることから、製造工場を拡充することを決定した。

 新工場は、製造部門以外にも研究開発部門や品質管理部門を設置し、既存の製造工場と合わせて柔軟かつ高効率のプロダクションセンターとなる。中長期に渡って期待される成長率を考慮した上で、市場規模に対応できる生産能力を確保する。

 アグフアのインク製造工場は、およそ20年かけて試作用の小ロット生産から生産用の大ロット生産に対応するインクジェット用インクの生産施設の土台を固めてきた。今回の生産増強計画は、今後さらに成長が期待されるUVインクジェット印刷市場の需要に応えるための新たな投資となる。

UV硬化型インク

 UVインクはUV光(紫外線)を照射させることで硬化、定着するインクであり、紙以外の樹脂やガラス、金属など非吸収性の多様なメディアに印刷が可能なインクである。印刷時に瞬時にインクが硬化するため、出力後の乾燥時間が必要なく、印刷、制作プロセスの大幅な短縮を実現。また従来のUVランプもLEDへ切替対応が進み、従来課題であったランプ点灯の待ち時間、ランプの寿命や印刷時に発生する熱なども改善し、近年UVインクジェットプリンタの導入を加速させる要因となっている。

 アグフアのUVインクジェットプリンタであるANAPURNA、JETIシリーズでは、専用のLED UV対応UVインクを開発、製造しており、それぞれのプリンタに合わせて最適にチューニングされ、カラーマネジメント技術との組み合わせにより、非常に少ないインク消費量でありながら広い色域再現を可能としている。

 アグフアは、長年にわたりUVインクの研究・開発に取り組んできた。とくに顔料分散技術に関する特許を複数取得しており、それによってインク中に顔料を均一に分散させ、顔料濃度を上げることが可能になった。また、溶剤を一切含まない上、GREENGUARD GOLD認証を取得しており、学校や医療機関など、高い安全性が求められる環境でも安心して使用できる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP