キーワードで検索

モリサワ、RISAPRESS Colorに初のヘビープロダクション機

2020年8月3日ニュース

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSカラーシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color14000/12000」を発売した。

 RISAPRESS Color6100シリーズの後継機となる同14000シリーズは、出力速度が毎分140ページ(A4ヨコ)のヘビープロダクションプリント機で、初めてハイボリューム領域への進出を果たした。出力調整や紙面検査の自動化技術を進歩させ、最適な印刷設定を推奨するメディアセンサーを新たに搭載するなど、さらなる効率化を実現するとともに、四方断裁が可能なトリマーユニットを新たに加えた多彩なフィニッシャ群を用意している。

RISAPRESS Color14000

【自動化】

 各工程の高度な自動化で、調整や検品の時間を大幅に短縮。稼働率向上により高生産性を実現する。
 印刷前の色調・階調・表裏見当調整を自動化。さらに印刷中にもリアルタイムで監視、補正する。また、印刷不具合やナンバリングを印刷中に検査し、異常ページやデータ抜けを自動でリカバリー。用紙の種類や坪量を内蔵センサーにより自動で判別し、標準搭載された用紙プロファイルから最適な設定を選択できる。

【効率化】

 高速出力と、出力調整や紙面検査の自動化技術、最適な印刷設定を推奨するメディアセンサーにより、ハイボリューム領域でもオペレーションの効率化を実現している。
 A4=140ppm、A3=80ppmにより大ロットでも安定して生産。さらに、52g/平方メートルから450g/平方メートルまで用紙厚にかかわらず等速の生産性を維持する。
 また、給紙容量はフルオプション構成で最大1万4,140枚を確保。排紙積載量は最大1万2,000枚を確保している。業界初となる「インライントリマーシステム:TU-510」(オプション)により、四方断裁、名刺やカードの複数カッティング処理、折り目(筋押し)などのインライン処理を実現した。

【安定性】

 独自技術や耐久性により、プロフェッショナル品質を安定生産する。
 16ビームのプリントヘッドを採用し、3,600dpi相当×2,400dpiの高解像度印刷を実現。色味を安定制御するIDCセンサーや、温度差による色変動を抑止する冷却ファンも標準搭載し、色変動を最小限に抑える画像安定化や歪み補正機能も備えている。
 エンボス紙や封筒なども標準対応。さまざまな用紙に合ったプロファイルを標準で搭載し、最適な用紙設定を選択できる。

関連記事

最新ニュース

goof_print4_dp_tn.jpg

グーフ、Print of Thingsサービス強化で印刷会社4社と資本業務提携

2020年9月10日

 (株)グーフ(本社/東京都品川区、岡本幸憲CEO)は、錦明印刷(株)(塚田司郎社長)、(株)研文社(網野勝彦社長)、(株)小松総合印刷(小松肇彦社長)、西川コミュニケーションズ(株)...全文を読む

dp_pc_3_tn.jpg

富士ゼロックス、スマートファクトリー化を支援する「Production Cockpit 3.0 」発売

2020年9月9日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、印刷の全工程を一元的に管理する統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン「Production Cockpit 3.0 (...全文を読む

dp_pagewide_5000_tn.jpg

HP社、HP PageWide Web Pressシリーズによる印刷枚数が累計5,000億ページ達成

2020年9月4日

 HP社は、インクジェットプロダクションプリンティングソリューション「HP PageWide Web Press」シリーズによる印刷ページ数が世界市場で、累計で5,000億ページを達成...全文を読む

dp_seiko_dx_tn.jpg

日本HP、9月15日のオンラインセミナーは精工・つくば工場ショールームからライブ配信

2020年9月2日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では、9月15日...全文を読む

SCREEN GA、drupa2021の出展中止を決定

2020年9月2日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)は9月1日、かねてより出展を予定していた「drupa2021」について、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、...全文を読む

新着トピックス

toshop_11000inkjetpress_tn.jpg

図書印刷、「DSR戦略」の新たな力に[11000 Inkjet Press導入事例]

2020年8月25日ケーススタディ

 図書印刷(株)(本社/東京都北区東十条3-10-36、川田和照社長)は2018年10月、主力生産拠点のひとつである沼津工場(静岡県沼津市大塚15)に、高速デジタル印刷・加工設備とWe...全文を読む

inouesougo_jetpress_tn.jpg

井上総合印刷、独創的提案で新規獲得[Jet Press 750S導入事例]

2020年8月18日ケーススタディ

 (株)井上総合印刷(栃木県宇都宮市岩曽町1355、井上加容子社長)は2020年2月、クライアントへの提案力強化のための新戦力として、B2サイズのインクジェットデジタルプレス「Jet ...全文を読む

dp_c14000_demo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、高次元の自動化を実現〜多彩な後加工もワンパス処理

2020年8月4日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、今年6月17日よりデジタル印刷システムのカラー最上位機種「AccurioPress(アキュリオ プレス)C14000...全文を読む

モリサワ、RISAPRESS Colorに初のヘビープロダクション機

2020年8月3日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSカラーシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color14000/12000」を発売した。

 RISAPRESS Color6100シリーズの後継機となる同14000シリーズは、出力速度が毎分140ページ(A4ヨコ)のヘビープロダクションプリント機で、初めてハイボリューム領域への進出を果たした。出力調整や紙面検査の自動化技術を進歩させ、最適な印刷設定を推奨するメディアセンサーを新たに搭載するなど、さらなる効率化を実現するとともに、四方断裁が可能なトリマーユニットを新たに加えた多彩なフィニッシャ群を用意している。

RISAPRESS Color14000

【自動化】

 各工程の高度な自動化で、調整や検品の時間を大幅に短縮。稼働率向上により高生産性を実現する。
 印刷前の色調・階調・表裏見当調整を自動化。さらに印刷中にもリアルタイムで監視、補正する。また、印刷不具合やナンバリングを印刷中に検査し、異常ページやデータ抜けを自動でリカバリー。用紙の種類や坪量を内蔵センサーにより自動で判別し、標準搭載された用紙プロファイルから最適な設定を選択できる。

【効率化】

 高速出力と、出力調整や紙面検査の自動化技術、最適な印刷設定を推奨するメディアセンサーにより、ハイボリューム領域でもオペレーションの効率化を実現している。
 A4=140ppm、A3=80ppmにより大ロットでも安定して生産。さらに、52g/平方メートルから450g/平方メートルまで用紙厚にかかわらず等速の生産性を維持する。
 また、給紙容量はフルオプション構成で最大1万4,140枚を確保。排紙積載量は最大1万2,000枚を確保している。業界初となる「インライントリマーシステム:TU-510」(オプション)により、四方断裁、名刺やカードの複数カッティング処理、折り目(筋押し)などのインライン処理を実現した。

【安定性】

 独自技術や耐久性により、プロフェッショナル品質を安定生産する。
 16ビームのプリントヘッドを採用し、3,600dpi相当×2,400dpiの高解像度印刷を実現。色味を安定制御するIDCセンサーや、温度差による色変動を抑止する冷却ファンも標準搭載し、色変動を最小限に抑える画像安定化や歪み補正機能も備えている。
 エンボス紙や封筒なども標準対応。さまざまな用紙に合ったプロファイルを標準で搭載し、最適な用紙設定を選択できる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP