キーワードで検索

武藤工業、MUTOHプルーフィングシステムがJapan Color「プルーフ機器認証」を取得

2020年10月1日ニュース

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、礒邊泰彦社長)は、このほどJapan Color認証制度による「プルーフ機器認証」を取得した。

 Japan Color「プルーフ機器認証」とは、ISO国際標準に準拠し、(一社)日本印刷産業機械工業会が定める日本のオフセット枚葉印刷における印刷色の標準である「枚葉印刷用ジャパンカラー」に基づいて、信頼性の高いプルーフを安定的に出力できるプルーフ機器に与えられる認証。審査にあたっては、プルーフ機器、RIP(出力のためのソフトウェア)、プルーフ用紙の3つの組合せで判定される。

 今回、認証を取得したプルーフ機器は、大判インクジェットプリンタ「VJ-628MP」ならびに「VJー1627MH」で、一般商業印刷、紙器パッケージ印刷、軟包装印刷向けに、印刷本紙対応プルーフィングシステムとして昨年10月より提供されている。

 MUTOHプルーフィングシステムは、用紙の風合いを生かした本機印刷に近い仕上がりを実現する「MPインク」と、そのインクを搭載した「VJ-628MP」、「VJ-1627MH」、そして、CGS Japan(株)の「ORISColor Tuner//Web」との組合せにより、コート紙や上質紙など、印刷本紙を使用した高精度なインクジェット色校正が可能。これにより、従来の高額な印刷本紙対応プルーフィングシステムと比較して、低価格でありながら高品質な印刷本紙プルーフを実現する。

 今回、「Japan Colorプルーフ機器認証」を取得したことで、MUTOHプルーフィングシステムが、Japan Colorの色基準を的確に再現し、品質の安定したプルーフを実現するシステムとして認定されたこととなる。

関連記事

最新ニュース

dp_horizon_ht_300_tn.jpg

ホリゾン、バリアブル加工に対応する新製品2機種を発売

2020年10月21日

 (株)ホリゾンは、三方断裁機「iCE TRIMMER HT-300」と4クランプ無線綴じ製本機「iCE BINDER BQ-500」の2機種を10月中旬より発売する。  iCE TR...全文を読む

dp_plus_insatu_tn.jpg

日本HP、新コンテンツ「印刷会社の未来が変わる物語 」を10月27日にオンライン配信

2020年10月20日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では、新たなコン...全文を読む

taskalfa-pro-15000c_20200703_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、中国の商業用インクジェット市場に新規参入

2020年10月15日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は、10月12日から上海新国際博覧センターで開催されている展示会「All in Print China 2020」に商業用印刷...全文を読む

risapresscolor4080_4070_dp_tn.jpg

モリサワ、ライトプロダクションモデル「RISAPRESS C4080シリーズ」発売

2020年10月15日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、デジタル印刷システム「RISAPRESS Color4080」と「RISAPRESS Color4070」(2機種合わせて、以下「C4080シリーズ...全文を読む

dp_versant_3100i_tn.jpg

富士ゼロックス、用紙対応力を強化したVersantシリーズの新機種発売

2020年10月14日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は10月8日、記者会見を開き、プロダクションカラー市場向けの新商品「Versant 3100i Press(バーサント3100ア...全文を読む

新着トピックス

dp_ij_mjp30axf_tn.jpg

ミヤコシ、軟包装用水性インクジェットを市場投入〜生産性と環境配慮を両立

2020年10月2日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年6月、軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の販売を開始した。同社では、この水性顔料インクを採用し...全文を読む

agfa_sakawap_ij20_1_dp_tn.jpg

対談|多角化でコロナに負けない経営:「差別化」と「地域雇用の維持」

2020年10月1日マーケティング

 佐川印刷(株)(本社/愛媛県松山市問屋町6-21、佐川正純社長)は、早くから紙以外の印刷分野に着目し、設備投資や技術力習得に注力している。2017年には日本アグフア・ゲバルト(株)(...全文を読む

flatsytem_samba_jpc_dp_tn.jpg

富士フイルム、Jet Pressの基幹部品を提供[Samba JPC]

2020年9月30日製品・テクノロジー

 富士フイルム(株)(助野健児社長)では、商業印刷やパッケージ印刷向け産業用シングルパスインクジェット印刷装置の製品化に必要な基幹部品やソフトウェアなどのインクジェットコンポーネントを...全文を読む

武藤工業、MUTOHプルーフィングシステムがJapan Color「プルーフ機器認証」を取得

2020年10月1日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、礒邊泰彦社長)は、このほどJapan Color認証制度による「プルーフ機器認証」を取得した。

 Japan Color「プルーフ機器認証」とは、ISO国際標準に準拠し、(一社)日本印刷産業機械工業会が定める日本のオフセット枚葉印刷における印刷色の標準である「枚葉印刷用ジャパンカラー」に基づいて、信頼性の高いプルーフを安定的に出力できるプルーフ機器に与えられる認証。審査にあたっては、プルーフ機器、RIP(出力のためのソフトウェア)、プルーフ用紙の3つの組合せで判定される。

 今回、認証を取得したプルーフ機器は、大判インクジェットプリンタ「VJ-628MP」ならびに「VJー1627MH」で、一般商業印刷、紙器パッケージ印刷、軟包装印刷向けに、印刷本紙対応プルーフィングシステムとして昨年10月より提供されている。

 MUTOHプルーフィングシステムは、用紙の風合いを生かした本機印刷に近い仕上がりを実現する「MPインク」と、そのインクを搭載した「VJ-628MP」、「VJ-1627MH」、そして、CGS Japan(株)の「ORISColor Tuner//Web」との組合せにより、コート紙や上質紙など、印刷本紙を使用した高精度なインクジェット色校正が可能。これにより、従来の高額な印刷本紙対応プルーフィングシステムと比較して、低価格でありながら高品質な印刷本紙プルーフを実現する。

 今回、「Japan Colorプルーフ機器認証」を取得したことで、MUTOHプルーフィングシステムが、Japan Colorの色基準を的確に再現し、品質の安定したプルーフを実現するシステムとして認定されたこととなる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP