キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • SCREEN GA、高速インクジェット印刷機を活用した自社カタログ...

SCREEN GA、高速インクジェット印刷機を活用した自社カタログのジャスト・イン・タイム生産体制構築

2021年1月18日ニュース

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)はこのほど、自社製品のカタログ生産をロール式高速フルカラーインクジェット印刷機「Truepress Jet520HDシリーズ」を活用したジャスト・イン・タイム方式に切り替え、カタログ発行時の環境負荷低減と、顧客へのタイムリーな情報提供を推進していく。

 近年、サステナビリティーや働き方の多様化が求められる中、人と環境に優しいデジタル印刷機器は、SDGsの実現に合致する新たな印刷生産方式として注目されている。一方で、生産性やコストなどの面から、商業印刷分野でのデジタル印刷の活用は限定的なものにとどまっており、現在でもオフセット印刷が生産方式の主流となっている。そのため商業印刷分野においてデジタル化が進むためには、高い品質と生産性を兼ね備えたロール式高速インクジェット印刷機の活用が不可欠となる。
多品種カタログのジャスト・イン・タイム生産
 こうした業界の動向を背景にSCREEN GAは、(株)廣済堂と共同企画し、従来はオフセット印刷で生産していた自社の50種類以上の日本語版製品カタログすべてを「Truepress Jet520HDシリーズ」で生産するシステムを構築。高画質なコート紙カタログという同媒体のクオリティーを維持しながら、印刷工程の省電力化や製版工程で生じる中間材の削減により、カタログ生産時のCO2排出量の大幅な抑制を実現している。また、イニシャルコストの高いオフセット印刷では、単価を下げるために必要以上の部数を発注する傾向があり、SCREEN GAにおいても年間数万部に及ぶ旧版カタログの廃棄が発生していたが、今後は、必要なものを、必要なときに、必要な分だけ生産するジャスト・イン・タイム方式への移行により、「作り過ぎ」を抑制し、印刷物の廃棄量を削減していく。

 さらに今回開始する新たな運用では、カタログの倉庫保管を廃止。各カタログを小ロットで定期生産することで、在庫レスを実現し、常に最新情報が記載された美しい印刷物を顧客に提供できる。各印刷物の必要部数などは、ロール式インクジェット印刷機の用紙1ロール分の生産量を上限に、毎回自由に配分できる他、複数拠点(最終利用者)への分納に対応することで、ワンストップの印刷サービスとしても展開していく。

最新ニュース

dp_page2021_online_tn.jpg

page2021オンライン、「リセット・ザ・フューチャー」テーマに2月8日開幕

2021年2月5日

 (公社)日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)主催による、初のオンライン展示会「page2021オンライン」が2月8日に開幕する。テーマは「リセット・ザ・フューチャー」。会期は...全文を読む

dp_rhicoh_gs_tn.jpg

リコー、RICOH Pro C7200Sシリーズの5色目トナーにゴールドとシルバーを追加

2021年1月28日

 (株)リコーは、カラープロダクションプリンター RICOH Pro C7210S/C7200Sの特色対応を強化し、「RICOH Pro トナー ゴールド C7200」「RICOH P...全文を読む

dp_sc_f150_tn.jpg

エプソン、マスクやマグカップなどオリジナルグッズ制作に最適な小型昇華転写プリンター

2021年1月28日

 エプソンは、商業・産業向けインクジェットプリンターSureColorシリーズの新商品として、シリーズ初のA4サイズに対応した小型昇華転写プリンター「SC-F150」を2月9日より発売...全文を読む

dp_vc40000_tn.jpg

リコー、トランザクション市場向け高速インクジェット印刷システム「RICOH Pro VC40000」発売

2021年1月28日

 (株)リコー(山下良則社長)は、トランザクション市場向けの高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro VC40000」を1月27日より販売を開始した。  新製品...全文を読む

dp_t3150x_tn.jpg

エプソン、インクボトル方式採用のA1プラス対応インクジェットプリンター

2021年1月28日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンターSureColorシリーズの新商品として、A1ポスターがより手軽に作成できるインクボトル方式の4色機「SC-T3150X」を、2...全文を読む

新着トピックス

dp_page2021_c14000_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、印刷業界のDXを支援〜page2021オンラインに出展

2021年2月5日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、2月8日から28日にわたり開催されるオンライン展示会「page2021オンライン」(主催=(一社)日本印刷技術協会)...全文を読む

paper_ebook20_dp-tn.jpg

2020年出版市場、紙+電子で4.8%増の1兆6,168億円

2021年1月28日マーケティング企業・経営

 出版業界の調査・研究機関である(公社)全国出版協会・出版科学研究所(浅野純次理事長)は、2020年(1〜12月期累計)の出版市場規模を発表した。紙と電子を合算した出版市場(推定販売金...全文を読む

dp_ricoh_komatsu_tn.jpg

リコージャパン、新たな価値提供へ〜「KICK START」を展開

2021年1月6日スペシャリスト

 「KICK START」は、リコージャパン(株)と印刷会社が共創することで新たな価値創造に取り組む活動だ。2019年より開始された、この取り組みは、「印刷会社×リコージャパン」、つま...全文を読む

SCREEN GA、高速インクジェット印刷機を活用した自社カタログのジャスト・イン・タイム生産体制構築

2021年1月18日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)はこのほど、自社製品のカタログ生産をロール式高速フルカラーインクジェット印刷機「Truepress Jet520HDシリーズ」を活用したジャスト・イン・タイム方式に切り替え、カタログ発行時の環境負荷低減と、顧客へのタイムリーな情報提供を推進していく。

 近年、サステナビリティーや働き方の多様化が求められる中、人と環境に優しいデジタル印刷機器は、SDGsの実現に合致する新たな印刷生産方式として注目されている。一方で、生産性やコストなどの面から、商業印刷分野でのデジタル印刷の活用は限定的なものにとどまっており、現在でもオフセット印刷が生産方式の主流となっている。そのため商業印刷分野においてデジタル化が進むためには、高い品質と生産性を兼ね備えたロール式高速インクジェット印刷機の活用が不可欠となる。
多品種カタログのジャスト・イン・タイム生産
 こうした業界の動向を背景にSCREEN GAは、(株)廣済堂と共同企画し、従来はオフセット印刷で生産していた自社の50種類以上の日本語版製品カタログすべてを「Truepress Jet520HDシリーズ」で生産するシステムを構築。高画質なコート紙カタログという同媒体のクオリティーを維持しながら、印刷工程の省電力化や製版工程で生じる中間材の削減により、カタログ生産時のCO2排出量の大幅な抑制を実現している。また、イニシャルコストの高いオフセット印刷では、単価を下げるために必要以上の部数を発注する傾向があり、SCREEN GAにおいても年間数万部に及ぶ旧版カタログの廃棄が発生していたが、今後は、必要なものを、必要なときに、必要な分だけ生産するジャスト・イン・タイム方式への移行により、「作り過ぎ」を抑制し、印刷物の廃棄量を削減していく。

 さらに今回開始する新たな運用では、カタログの倉庫保管を廃止。各カタログを小ロットで定期生産することで、在庫レスを実現し、常に最新情報が記載された美しい印刷物を顧客に提供できる。各印刷物の必要部数などは、ロール式インクジェット印刷機の用紙1ロール分の生産量を上限に、毎回自由に配分できる他、複数拠点(最終利用者)への分納に対応することで、ワンストップの印刷サービスとしても展開していく。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP