キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、新ソフトウェア搭載で操作性向上 - テキスタイル向けベルト...

ミマキ、新ソフトウェア搭載で操作性向上 - テキスタイル向けベルト搬送IJ

2021年1月22日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、テキスタイル向けベルト搬送方式インクジェットプリンタ「Tiger-1800B MkIII」の販売を2021年2月から開始する。

 同プリンタは、安定性と高精度なプリント技術を基盤に、スピードと品質を追求した「Tiger-1800B MkII」に、新たにタッチスクリーン型の操作ソフトウェア「Mimaki Printer Controller」を搭載した新モデル。新ソフトウェアはマシン本体内蔵のPCにインストールされており、操作を開始すると自動で起動し、プリンタの設定や操作、出力指示をワンタッチで行え、ノズル抜けに対するトラブルなども、ソフトウェアからノズルリカバリー機能を使うことで改善が可能である。

Tiger-1800B MkIII

 本機は、最高プリントスピード385平方メートル/時の高生産性と、低ランニングコストを実現する10kgインクタンクによる長時間稼働の安定性を兼ね備えており、生産性重視の高速プリントから「美しさ」を求める高画質プリントまで、仕事に合わせてプリントスピードを選択できる。インクの種類やプリントモードに合わせ、インクのドロップサイズを最大4段階に打ち分けることができ、よりなめらかで美しいカラープリントが可能である。

 さらに、進化した高機能RIPソフトウェア「TxLink4」にも対応。複数のプリントデータを並列でRIP処理できる「並列RIP機能」や、アパレル用途に特化した「バリアブルプリント機能」などを活用することで、生産性の向上が期待でき、また8bitからバージョンアップした「16bitレンダリング」で、よりなめらかで美しいグラデーション表現が可能になった。10GBのイーサネットコントローラーに対応しているため、高速でのデータ転送にも対応している。

最新ニュース

dp_page2021_online_tn.jpg

page2021オンライン、「リセット・ザ・フューチャー」テーマに2月8日開幕

2021年2月5日

 (公社)日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)主催による、初のオンライン展示会「page2021オンライン」が2月8日に開幕する。テーマは「リセット・ザ・フューチャー」。会期は...全文を読む

dp_rhicoh_gs_tn.jpg

リコー、RICOH Pro C7200Sシリーズの5色目トナーにゴールドとシルバーを追加

2021年1月28日

 (株)リコーは、カラープロダクションプリンター RICOH Pro C7210S/C7200Sの特色対応を強化し、「RICOH Pro トナー ゴールド C7200」「RICOH P...全文を読む

dp_sc_f150_tn.jpg

エプソン、マスクやマグカップなどオリジナルグッズ制作に最適な小型昇華転写プリンター

2021年1月28日

 エプソンは、商業・産業向けインクジェットプリンターSureColorシリーズの新商品として、シリーズ初のA4サイズに対応した小型昇華転写プリンター「SC-F150」を2月9日より発売...全文を読む

dp_vc40000_tn.jpg

リコー、トランザクション市場向け高速インクジェット印刷システム「RICOH Pro VC40000」発売

2021年1月28日

 (株)リコー(山下良則社長)は、トランザクション市場向けの高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro VC40000」を1月27日より販売を開始した。  新製品...全文を読む

dp_t3150x_tn.jpg

エプソン、インクボトル方式採用のA1プラス対応インクジェットプリンター

2021年1月28日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンターSureColorシリーズの新商品として、A1ポスターがより手軽に作成できるインクボトル方式の4色機「SC-T3150X」を、2...全文を読む

新着トピックス

dp_page2021_c14000_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、印刷業界のDXを支援〜page2021オンラインに出展

2021年2月5日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、2月8日から28日にわたり開催されるオンライン展示会「page2021オンライン」(主催=(一社)日本印刷技術協会)...全文を読む

paper_ebook20_dp-tn.jpg

2020年出版市場、紙+電子で4.8%増の1兆6,168億円

2021年1月28日マーケティング企業・経営

 出版業界の調査・研究機関である(公社)全国出版協会・出版科学研究所(浅野純次理事長)は、2020年(1〜12月期累計)の出版市場規模を発表した。紙と電子を合算した出版市場(推定販売金...全文を読む

dp_ricoh_komatsu_tn.jpg

リコージャパン、新たな価値提供へ〜「KICK START」を展開

2021年1月6日スペシャリスト

 「KICK START」は、リコージャパン(株)と印刷会社が共創することで新たな価値創造に取り組む活動だ。2019年より開始された、この取り組みは、「印刷会社×リコージャパン」、つま...全文を読む

ミマキ、新ソフトウェア搭載で操作性向上 - テキスタイル向けベルト搬送IJ

2021年1月22日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、テキスタイル向けベルト搬送方式インクジェットプリンタ「Tiger-1800B MkIII」の販売を2021年2月から開始する。

 同プリンタは、安定性と高精度なプリント技術を基盤に、スピードと品質を追求した「Tiger-1800B MkII」に、新たにタッチスクリーン型の操作ソフトウェア「Mimaki Printer Controller」を搭載した新モデル。新ソフトウェアはマシン本体内蔵のPCにインストールされており、操作を開始すると自動で起動し、プリンタの設定や操作、出力指示をワンタッチで行え、ノズル抜けに対するトラブルなども、ソフトウェアからノズルリカバリー機能を使うことで改善が可能である。

Tiger-1800B MkIII

 本機は、最高プリントスピード385平方メートル/時の高生産性と、低ランニングコストを実現する10kgインクタンクによる長時間稼働の安定性を兼ね備えており、生産性重視の高速プリントから「美しさ」を求める高画質プリントまで、仕事に合わせてプリントスピードを選択できる。インクの種類やプリントモードに合わせ、インクのドロップサイズを最大4段階に打ち分けることができ、よりなめらかで美しいカラープリントが可能である。

 さらに、進化した高機能RIPソフトウェア「TxLink4」にも対応。複数のプリントデータを並列でRIP処理できる「並列RIP機能」や、アパレル用途に特化した「バリアブルプリント機能」などを活用することで、生産性の向上が期待でき、また8bitからバージョンアップした「16bitレンダリング」で、よりなめらかで美しいグラデーション表現が可能になった。10GBのイーサネットコントローラーに対応しているため、高速でのデータ転送にも対応している。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP