キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • コニカミノルタ、⾃動品質最適化ユニット「IQ-501」に1to1印...

コニカミノルタ、⾃動品質最適化ユニット「IQ-501」に1to1印刷の自動検品機能追加

2021年2月9日ニュース

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代⽥区、⼭名昌衛社長)は、⾃動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501」に、DM(ダイレクトメール)などの1to1印刷(バリアブル印刷)の検品作業を省⼒化する新たな⾃動検品機能を追加し、今年3月より発売を開始する。

 IQ-501は、印刷現場で「⼈⼿と専⾨性」が必要な、⾊や濃度・⾒当位置の調整、⼈的操作ミス・ロスによる廃棄や仕事のやり直しなどを、コニカミノルタ独⾃の技術で⾃動化する⾃動品質最適化ユニット。2017年の発売開始以来、市場で高く評価され、導入が加速している。2019年の第⼆世代では「⾃動検品機能」を追加し、このたび、第三世代として「1to1印刷(バリアブル印刷)の⾃動検査機能」が追加された。

 DMでは宛先ごとに異なる店舗のQRコードを印刷する場合、⽬視では内容が分からないため、印刷後にQRコードをテキスト化、エクセルなどの表に変換し、専⽤ソフトなどにより間違いを探す必要があった。
1 to 1印刷でのリアルタイム照合と不適合品の自動排出
 今回、追加された新機能「紙⾯検査アップグレード基板 UK-312」では、宛先ごとに印刷管理情報(CSVファイル)をインポートして、印刷中に印刷物との⽐較検査をリアルタイムで行うことができる。印刷されたQRコードも、この過程で⾃動的にテキスト化され、元データと⽐較。仮に不⼀致が検出された場合には、即座に印刷が停⽌し、不適合品が⾃動的に排出される。

 UK-312は、QRコードに限らず、数字やバーコードといった1枚ごとに印刷が異なるデータ(バリアブルデータ)について、このリアルタイム照合と不適合品の排出を可能にしている。

 また、可変印刷領域の汚れについても、「VDPデータ⽐較アップグレードキット UK-311」により、元原稿のデータ(RIP画像)と1枚ずつ⽐較することで検査が可能。同時に、不適合品の⾃動リカバリー印刷も行うことができる。
可変印刷領域の汚れも検知
 これにより、今まで対応できなかった印字エリアに対しても検査可能となり、より⼀層の省⼒化が図れるようになった。

 なお、これら新機能は、2月28日まで開催されている印刷・メディアビジネスの総合イベント「page2021オンライン」のコニカミノルタジャパンブースで紹介されている。

最新ニュース

dp_ai_unit_tn.jpg

キヤノン、検品工程と画像調整を自動化するimagePRESS 向け新ユニット発売

2021年2月12日

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの旗艦モデル「imagePRESS C10010VP/C9010VP」の新ユニットとして、検品工...全文を読む

dp_hp_latex_tn.jpg

日本HP、ホワイトインク搭載モデルなど「HP Latexプリンター」の新製品4機種発表

2021年2月9日

 (株)日本HPは、屋外および屋内アプリケーション向けの大判プリンター「HP Latexプリンター」の新製品を発表した。  新製品は、「HP Latex 700プリンター」および「HP...全文を読む

dp_page2021_online_tn.jpg

page2021オンライン、「リセット・ザ・フューチャー」テーマに2月8日開幕

2021年2月5日

 (公社)日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)主催による、初のオンライン展示会「page2021オンライン」が2月8日に開幕する。テーマは「リセット・ザ・フューチャー」。会期は...全文を読む

dp_rhicoh_gs_tn.jpg

リコー、RICOH Pro C7200Sシリーズの5色目トナーにゴールドとシルバーを追加

2021年1月28日

 (株)リコーは、カラープロダクションプリンター RICOH Pro C7210S/C7200Sの特色対応を強化し、「RICOH Pro トナー ゴールド C7200」「RICOH P...全文を読む

dp_sc_f150_tn.jpg

エプソン、マスクやマグカップなどオリジナルグッズ制作に最適な小型昇華転写プリンター

2021年1月28日

 エプソンは、商業・産業向けインクジェットプリンターSureColorシリーズの新商品として、シリーズ初のA4サイズに対応した小型昇華転写プリンター「SC-F150」を2月9日より発売...全文を読む

新着トピックス

dp_page2021_c14000_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、印刷業界のDXを支援〜page2021オンラインに出展

2021年2月5日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、2月8日から28日にわたり開催されるオンライン展示会「page2021オンライン」(主催=(一社)日本印刷技術協会)...全文を読む

paper_ebook20_dp-tn.jpg

2020年出版市場、紙+電子で4.8%増の1兆6,168億円

2021年1月28日マーケティング企業・経営

 出版業界の調査・研究機関である(公社)全国出版協会・出版科学研究所(浅野純次理事長)は、2020年(1〜12月期累計)の出版市場規模を発表した。紙と電子を合算した出版市場(推定販売金...全文を読む

dp_ricoh_komatsu_tn.jpg

リコージャパン、新たな価値提供へ〜「KICK START」を展開

2021年1月6日スペシャリスト

 「KICK START」は、リコージャパン(株)と印刷会社が共創することで新たな価値創造に取り組む活動だ。2019年より開始された、この取り組みは、「印刷会社×リコージャパン」、つま...全文を読む

コニカミノルタ、⾃動品質最適化ユニット「IQ-501」に1to1印刷の自動検品機能追加

2021年2月9日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代⽥区、⼭名昌衛社長)は、⾃動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501」に、DM(ダイレクトメール)などの1to1印刷(バリアブル印刷)の検品作業を省⼒化する新たな⾃動検品機能を追加し、今年3月より発売を開始する。

 IQ-501は、印刷現場で「⼈⼿と専⾨性」が必要な、⾊や濃度・⾒当位置の調整、⼈的操作ミス・ロスによる廃棄や仕事のやり直しなどを、コニカミノルタ独⾃の技術で⾃動化する⾃動品質最適化ユニット。2017年の発売開始以来、市場で高く評価され、導入が加速している。2019年の第⼆世代では「⾃動検品機能」を追加し、このたび、第三世代として「1to1印刷(バリアブル印刷)の⾃動検査機能」が追加された。

 DMでは宛先ごとに異なる店舗のQRコードを印刷する場合、⽬視では内容が分からないため、印刷後にQRコードをテキスト化、エクセルなどの表に変換し、専⽤ソフトなどにより間違いを探す必要があった。
1 to 1印刷でのリアルタイム照合と不適合品の自動排出
 今回、追加された新機能「紙⾯検査アップグレード基板 UK-312」では、宛先ごとに印刷管理情報(CSVファイル)をインポートして、印刷中に印刷物との⽐較検査をリアルタイムで行うことができる。印刷されたQRコードも、この過程で⾃動的にテキスト化され、元データと⽐較。仮に不⼀致が検出された場合には、即座に印刷が停⽌し、不適合品が⾃動的に排出される。

 UK-312は、QRコードに限らず、数字やバーコードといった1枚ごとに印刷が異なるデータ(バリアブルデータ)について、このリアルタイム照合と不適合品の排出を可能にしている。

 また、可変印刷領域の汚れについても、「VDPデータ⽐較アップグレードキット UK-311」により、元原稿のデータ(RIP画像)と1枚ずつ⽐較することで検査が可能。同時に、不適合品の⾃動リカバリー印刷も行うことができる。
可変印刷領域の汚れも検知
 これにより、今まで対応できなかった印字エリアに対しても検査可能となり、より⼀層の省⼒化が図れるようになった。

 なお、これら新機能は、2月28日まで開催されている印刷・メディアビジネスの総合イベント「page2021オンライン」のコニカミノルタジャパンブースで紹介されている。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP