キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • アグフア、ロール専用ハイエンドUVインクジェット「OBERON」販...

アグフア、ロール専用ハイエンドUVインクジェット「OBERON」販売開始

2021年2月17日ニュース

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ハイエンドUV・RTRインクジェットプリンタ「OBERON(オベロン)RTR3300」の販売を開始する。

 同プリンタは、3.3m幅に対応するロール専用機で、高い生産性と印刷品質を同時に実現し、ロール印刷を効率化する先進的な機能を搭載している。4色+ホワイト、または6色のヘッド構成で、最大224平方メートル/時の生産性を誇る。デュアルロールオプションでは1.6m幅のロールを2本搭載することができるほか、ジョブの連続生産を可能とするマルチキュー、臨機応変な印刷を可能とするフリーフォール、印刷しながら内照アプリケーションの印刷品質を確認できるライトボックス、印刷中にセイフティセンサーが反応しても印刷が復帰するスマートライトカーテンなど、効率的にロール印刷を行うための多くの機能を搭載している。

OBERON RTR 3300

 インクは同プリンタ専用に開発されたもので、ターポリン、メッシュ、ファブリックなど様々な印刷メディア上で優れた印刷品質を実現。印刷物からの化学物質の放出を規制したグリーンガードのゴールド認証を取得している。

 また、空冷のLEDユニットに加えて水冷の印刷テーブルにより印刷基材の表面温度を室温と同レベルに抑えることができるため、熱の影響を受けやすい薄物メディアにも適応。さらに、メッシュキットによってライナーがついていないメッシュメディアへの印刷も可能である。

 開発について、プロダクトマネージャーの花摘孝明氏は次のように語っている。

 「高い生産性を維持しつつ、印刷品質にも妥協はしなかった。加えて、低いインク消費量による運用コストの削減を可能としており、出力会社の競争力向上に貢献すると信じている。この新しいエンジンはワイドフォーマットプリンタの製造・開発におけるアグフアの長年の知識と経験に基づいて開発され、アグフアならではのインテグレーション・アプローチにより、プリンタ、インク、印刷メディア、ソフトウェア、カラーマネジメントを統合して最高の品質と信頼性を確かなものとしている」

最新ニュース

dp_tsf_tv_vol4_tn.jpg

TSF TV、Vol.04「SCREENの最新インクジェット印刷機とHorizonのデジタル製本ラインをつないで自動で本を作ってみた」配信開始

2021年2月17日

 Think Smart Factory(TSF)実行委員会が開局したYouTubeチャンネル「TSF TV」では、このほど4つ目のコンテンツ「SCREENの最新インクジェット印刷機と...全文を読む

toppan20210216_dp_tn.jpg

凸版印刷、デジタル印刷でレトルト殺菌やボイル殺菌可能な接着剤開発

2021年2月16日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)は、軟包装分野で小ロット多品種生産に最適なパッケージを提供する「トッパンFP(Flexible Package)デジタルソリューション」展開のひとつとして...全文を読む

dp_ai_unit_tn.jpg

キヤノン、検品工程と画像調整を自動化するimagePRESS 向け新ユニット発売

2021年2月12日

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの旗艦モデル「imagePRESS C10010VP/C9010VP」の新ユニットとして、検品工...全文を読む

dp_uk_312_tn.jpg

コニカミノルタ、⾃動品質最適化ユニット「IQ-501」に1to1印刷の自動検品機能追加

2021年2月9日

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代⽥区、⼭名昌衛社長)は、⾃動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501」に、DM(ダイレクトメール)などの1t...全文を読む

dp_hp_latex_tn.jpg

日本HP、ホワイトインク搭載モデルなど「HP Latexプリンター」の新製品4機種発表

2021年2月9日

 (株)日本HPは、屋外および屋内アプリケーション向けの大判プリンター「HP Latexプリンター」の新製品を発表した。  新製品は、「HP Latex 700プリンター」および「HP...全文を読む

新着トピックス

2020paper_yano_dp_tn.jpg

2020年紙・板紙市場、コロナ禍で8.4%減 - 紙・板紙の構成比逆転か

2021年2月16日企業・経営

 (株)矢野経済研究所は、国内外の紙・板紙市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。  日本製紙連合会資料によると、2019年(2019年1月〜12月...全文を読む

dp_page2021_c14000_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、印刷業界のDXを支援〜page2021オンラインに出展

2021年2月5日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、2月8日から28日にわたり開催されるオンライン展示会「page2021オンライン」(主催=(一社)日本印刷技術協会)...全文を読む

paper_ebook20_dp-tn.jpg

2020年出版市場、紙+電子で4.8%増の1兆6,168億円

2021年1月28日マーケティング企業・経営

 出版業界の調査・研究機関である(公社)全国出版協会・出版科学研究所(浅野純次理事長)は、2020年(1〜12月期累計)の出版市場規模を発表した。紙と電子を合算した出版市場(推定販売金...全文を読む

アグフア、ロール専用ハイエンドUVインクジェット「OBERON」販売開始

2021年2月17日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ハイエンドUV・RTRインクジェットプリンタ「OBERON(オベロン)RTR3300」の販売を開始する。

 同プリンタは、3.3m幅に対応するロール専用機で、高い生産性と印刷品質を同時に実現し、ロール印刷を効率化する先進的な機能を搭載している。4色+ホワイト、または6色のヘッド構成で、最大224平方メートル/時の生産性を誇る。デュアルロールオプションでは1.6m幅のロールを2本搭載することができるほか、ジョブの連続生産を可能とするマルチキュー、臨機応変な印刷を可能とするフリーフォール、印刷しながら内照アプリケーションの印刷品質を確認できるライトボックス、印刷中にセイフティセンサーが反応しても印刷が復帰するスマートライトカーテンなど、効率的にロール印刷を行うための多くの機能を搭載している。

OBERON RTR 3300

 インクは同プリンタ専用に開発されたもので、ターポリン、メッシュ、ファブリックなど様々な印刷メディア上で優れた印刷品質を実現。印刷物からの化学物質の放出を規制したグリーンガードのゴールド認証を取得している。

 また、空冷のLEDユニットに加えて水冷の印刷テーブルにより印刷基材の表面温度を室温と同レベルに抑えることができるため、熱の影響を受けやすい薄物メディアにも適応。さらに、メッシュキットによってライナーがついていないメッシュメディアへの印刷も可能である。

 開発について、プロダクトマネージャーの花摘孝明氏は次のように語っている。

 「高い生産性を維持しつつ、印刷品質にも妥協はしなかった。加えて、低いインク消費量による運用コストの削減を可能としており、出力会社の競争力向上に貢献すると信じている。この新しいエンジンはワイドフォーマットプリンタの製造・開発におけるアグフアの長年の知識と経験に基づいて開発され、アグフアならではのインテグレーション・アプローチにより、プリンタ、インク、印刷メディア、ソフトウェア、カラーマネジメントを統合して最高の品質と信頼性を確かなものとしている」

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP