キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ホリゾン・ジャパン、デジタル印刷向け中綴じ製本システム「iCE S...

ホリゾン・ジャパン、デジタル印刷向け中綴じ製本システム「iCE STITCHLINER Mark V」発売

2021年2月19日ニュース

 ホリゾン・ジャパン(株)は2月16日、デジタル印刷向け中綴じ製本システム「STITCHLLINER 6000 Digital」の後継機として「iCE STITCHLINER Mark V」を発表した。
iCE STITCHLINER Mark V
 「iCE STITCHLINER Mark V」は、新方式の折り加工によりシャープな折り目を実現し、毎回厚みの異なるバリアブル製本が可能な中綴じシステム。ロール紙の巻き出しスピードを落とさずに最高6,000冊/時の処理速度で、A6〜A4E綴じ仕上げの中綴じに対応する。

 オプションの大容量カバーフィーダーCF-50と接続することで別刷りの表紙やページ挿入にも対応。左右の厚さに差が出る片袖折りの用紙もスムーズな給紙が可能で、また、自動で給紙棚の切り替えを行うため、用紙供給時も製本を続けることができる。

  なお、発売は2021年4月の予定。

最新ニュース

dp_indigo6900_impam_tn.jpg

日本HP、新たなビジネスモデル創造に向けインパムが「HP Indigo 6900デジタル印刷機」導入

2021年2月19日

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は、(株)インパム(本社/岡山県岡山市、青木良二社長)が、新たに「HP Indigo 6900 デジタル印刷機」を導入したことを発表し...全文を読む

dp_tsf_tv_vol4_tn.jpg

TSF TV、Vol.04「SCREENの最新インクジェット印刷機とHorizonのデジタル製本ラインをつないで自動で本を作ってみた」配信開始

2021年2月17日

 Think Smart Factory(TSF)実行委員会が開局したYouTubeチャンネル「TSF TV」では、このほど4つ目のコンテンツ「SCREENの最新インクジェット印刷機と...全文を読む

agfa_oberon-rtr3300_dp_tn.jpg

アグフア、ロール専用ハイエンドUVインクジェット「OBERON」販売開始

2021年2月17日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ハイエンドUV・RTRインクジェットプリンタ「OBERON(オベロン)RTR3300」の販売を開始する。  同プリンタは、3.3m幅に...全文を読む

toppan20210216_dp_tn.jpg

凸版印刷、デジタル印刷でレトルト殺菌やボイル殺菌可能な接着剤開発

2021年2月16日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)は、軟包装分野で小ロット多品種生産に最適なパッケージを提供する「トッパンFP(Flexible Package)デジタルソリューション」展開のひとつとして...全文を読む

dp_ai_unit_tn.jpg

キヤノン、検品工程と画像調整を自動化するimagePRESS 向け新ユニット発売

2021年2月12日

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの旗艦モデル「imagePRESS C10010VP/C9010VP」の新ユニットとして、検品工...全文を読む

新着トピックス

2020paper_yano_dp_tn.jpg

2020年紙・板紙市場、コロナ禍で8.4%減 - 紙・板紙の構成比逆転か

2021年2月16日企業・経営

 (株)矢野経済研究所は、国内外の紙・板紙市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。  日本製紙連合会資料によると、2019年(2019年1月〜12月...全文を読む

dp_page2021_c14000_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、印刷業界のDXを支援〜page2021オンラインに出展

2021年2月5日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、2月8日から28日にわたり開催されるオンライン展示会「page2021オンライン」(主催=(一社)日本印刷技術協会)...全文を読む

paper_ebook20_dp-tn.jpg

2020年出版市場、紙+電子で4.8%増の1兆6,168億円

2021年1月28日マーケティング企業・経営

 出版業界の調査・研究機関である(公社)全国出版協会・出版科学研究所(浅野純次理事長)は、2020年(1〜12月期累計)の出版市場規模を発表した。紙と電子を合算した出版市場(推定販売金...全文を読む

ホリゾン・ジャパン、デジタル印刷向け中綴じ製本システム「iCE STITCHLINER Mark V」発売

2021年2月19日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 ホリゾン・ジャパン(株)は2月16日、デジタル印刷向け中綴じ製本システム「STITCHLLINER 6000 Digital」の後継機として「iCE STITCHLINER Mark V」を発表した。
iCE STITCHLINER Mark V
 「iCE STITCHLINER Mark V」は、新方式の折り加工によりシャープな折り目を実現し、毎回厚みの異なるバリアブル製本が可能な中綴じシステム。ロール紙の巻き出しスピードを落とさずに最高6,000冊/時の処理速度で、A6〜A4E綴じ仕上げの中綴じに対応する。

 オプションの大容量カバーフィーダーCF-50と接続することで別刷りの表紙やページ挿入にも対応。左右の厚さに差が出る片袖折りの用紙もスムーズな給紙が可能で、また、自動で給紙棚の切り替えを行うため、用紙供給時も製本を続けることができる。

  なお、発売は2021年4月の予定。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP