キーワードで検索

IGAS2022、開催日程が決定-会期は2022年11月24日から28日

2021年3月2日ニュース

 (一社)日本印刷産業機械工業会(日印機工、森澤彰彦会長)とプリプレス&デジタルプリンティング機材協議会(プリデジ協、辻重紀会長)は、2022年11月24日から11月28日までの5日間、東京ビッグサイトを使用して「IGAS2022(国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)」を開催することを発表した。

 前回のIGAS2018から4年ぶりの開催となるIGAS2022では、印刷会社の顧客であるブランドオーナー視点にたち、印刷及びクロスメディアにおけるテクノロジーとソリューションを提案していく。とくに今回は、リアルとバーチャルを融合したハイブリッド展示会を効果的に開催することによりIGASの魅力を国内外にアピールしていく。また、主なイベントとして、PANEL DISCUSSION&SEMINAR、TOUR 、THEME ZONEなどを、さらにバージョンアップして開催する。

 PANEL DISCUSSION &SEMINARは、デジタルトランスフォーメーション、スマートファクトリーなどの様々なテーマのもと、ブランドオーナー視点でのパネルディスカッション、セミナーなどを開催。最新印刷技術の動向や印刷及びクロスメディアに関わるマーケティング、新規事業等のビジネスに直結するトピックスをとりあげていく。

 TOURは、会場内を実際に見学するツアーを数千人規模で行う。来場者にとって展示会全体の概要を俯瞰して見ることができるツアーコースを用意。出展者にとっては、自社の製品、技術、サービスをPRする絶好の機会となる。これに加え、THEME ZONEとして、最先端のテーマや従来とは異なるカテゴリーの出展者を集めたテーマゾーンと、一つのテーマで複数の出展者が共同でプレゼンテーションを行うコラボレーションゾーンなどを設けていく。

 なお、出展申込に関する詳細やIGAS2022統一テーマ、イベント詳細については、6月に予定している「IGAS2022出展者募集開始記者発表会」において発表される。

最新ニュース

hp_indigo25k_epac_tn.jpg

HPとePac、アジア太平洋地域における軟包装の需要拡大にIndigoで対応

2021年12月15日

 HP Inc.(以下「HP」)は、ePac Flexible Packaging(以下「ePac」)との連携を拡大し、アジア太平洋地域における中小規模のブランドに、高品質で持続可能な...全文を読む

hp_17_webinar_dp_tn.jpg

日本HP、12月17日「FSDU」テーマにオンラインセミナー開催

2021年12月9日

 日本HPは、12月17日(金)15時から「自立式ディスプレイユニット(FSDU)で機会を拡大する方法」をテーマに大判プリンターオンラインセミナーを開催する。  セミナーでは、市場規模...全文を読む

日本HP、12月15日「大判プリンターオンラインセミナー」開催

2021年12月8日

 日本HPは、12月15日(水)15時から「大判プリンターオンラインセミナー」を開催する。  「HP Latexユーザー様に聞く『変化とチャレンジ』」と題し、福井県の本拠を置く(株)ホ...全文を読む

oosaka_7800_tn.jpg

日本HP、大阪印刷がHP認定中古機販売プログラム対応モデル「HP Indigo 7CPOデジタル印刷機」導入

2021年12月6日

 (株)日本HP(本社/東京都港区、岡戸伸樹社長)は12月6日、漫画やアニメの同人誌および関連グッズ印刷において業界をリードする大阪印刷(株)(本社/大阪府大阪市、根田貴裕代表、以下「...全文を読む

dp_hp_70_tn.jpg

日本HP、IndigoとPageWide Web Pressの2本立てで構成するオンラインセミナーを12月16日に開催

2021年12月2日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルでは12月16日、HP Indigoデジタル印刷機とHP...全文を読む

新着トピックス

eikoh_2021t_indigo_tn.jpg

栄光、HP Indigo 7K導入で同人誌の広色域ニーズに対応

2021年12月8日ケーススタディ

 同人誌印刷の国内最大手である(株)栄光(本社/広島県福山市、岡田一社長、https://www.eikou.com)が「HP Indigo 7K デジタル印刷機」を導入した。同機は、...全文を読む

dp_uchida_lab_tn.jpg

ウチダテクノ、設備連携で効率化を支援〜「スモールパッケージ」提案

2021年11月22日製品・テクノロジー

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区)は、「新しい捉え方を創造する」というコンセプトのもと、省力化提案を通じて、顧客に最適な作業環境を実現する多彩な製品を提供している。  自動化に...全文を読む

ダックエンジニアリング、検査機を活用したDX提案〜ビジネスモデルや組織の変革が可能

2021年11月18日ケーススタディ

  スマートファクトリーというと、現場の改革と捉えるのが一般的な考え方だ。しかし、ダックエンジニアリング(株)(本社/京都市南区)の氷上好孝社長は、「検査装置の活用を通じて、現場の改革...全文を読む

IGAS2022、開催日程が決定-会期は2022年11月24日から28日

2021年3月2日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (一社)日本印刷産業機械工業会(日印機工、森澤彰彦会長)とプリプレス&デジタルプリンティング機材協議会(プリデジ協、辻重紀会長)は、2022年11月24日から11月28日までの5日間、東京ビッグサイトを使用して「IGAS2022(国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)」を開催することを発表した。

 前回のIGAS2018から4年ぶりの開催となるIGAS2022では、印刷会社の顧客であるブランドオーナー視点にたち、印刷及びクロスメディアにおけるテクノロジーとソリューションを提案していく。とくに今回は、リアルとバーチャルを融合したハイブリッド展示会を効果的に開催することによりIGASの魅力を国内外にアピールしていく。また、主なイベントとして、PANEL DISCUSSION&SEMINAR、TOUR 、THEME ZONEなどを、さらにバージョンアップして開催する。

 PANEL DISCUSSION &SEMINARは、デジタルトランスフォーメーション、スマートファクトリーなどの様々なテーマのもと、ブランドオーナー視点でのパネルディスカッション、セミナーなどを開催。最新印刷技術の動向や印刷及びクロスメディアに関わるマーケティング、新規事業等のビジネスに直結するトピックスをとりあげていく。

 TOURは、会場内を実際に見学するツアーを数千人規模で行う。来場者にとって展示会全体の概要を俯瞰して見ることができるツアーコースを用意。出展者にとっては、自社の製品、技術、サービスをPRする絶好の機会となる。これに加え、THEME ZONEとして、最先端のテーマや従来とは異なるカテゴリーの出展者を集めたテーマゾーンと、一つのテーマで複数の出展者が共同でプレゼンテーションを行うコラボレーションゾーンなどを設けていく。

 なお、出展申込に関する詳細やIGAS2022統一テーマ、イベント詳細については、6月に予定している「IGAS2022出展者募集開始記者発表会」において発表される。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP