キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • リコー、ラテックスインク搭載の大判インクジェットプリンター「RIC...

リコー、ラテックスインク搭載の大判インクジェットプリンター「RICOH Pro L5160e/L5130e」発売

2021年3月5日ニュース

 (株)リコーは、サインディスプレイ市場に向けて、ロールメディアに印刷して壁紙や懸垂幕、タペストリーなどを制作する大判インクジェットプリンター「RICOH Pro L5160e/L5130e」を3月15日に発売する。
RICOH Pro L5160e/L5130e(オプションのオペレータコールライト装着時)
 新製品「RICOH Pro L5160e/L5130e」は、2014年1月に発売したラテックスインクを搭載した「RICOH Pro L4160/L4130」の後継機種で、従来機に比べ、生産性と操作性を向上させている。3つのインクジェットヘッドをスタガ配列することで一度に広い面積の印刷を実現し、さらには速乾性のあるラテックスインクを採用することで従来のソルベントインクで必要だった乾燥時間を削減し、標準モードで印刷速度25平米/hと前身機と比べ、約2倍の印刷速度を実現している。

 水性ベースでVOCが極めて少なく特別な換気を必要としないラテックスインクを採用することで、屋外・屋内の広告や壁紙を高速で印刷できる。また、紙・布などのノンコートメディアや塩化ビニールやターポリンといった幅広いメディアへの出力も対応できる。

 さらにシアン・マゼンタ・イエロー・ブラック(CMYK)のインクに加え、オレンジとグリーンのインクを搭載しているので、CMYK4色では再現しにくい華やかなオレンジや明るいグリーンの表現を実現し、POPなどの表現力を高めている。加えてホワイトインクを下地として使用することで、PETなどの透明素材でも本来の色鮮やかさを再現できるため、ウィンドウグラフィックスなどのアプリケーションへも高画質な印刷が可能。

 操作画面は、新たに4.3インチのフルカラー液晶タッチパネルを搭載し操作性を向上させ、テスト印刷やヘッドの高さ調整などのさまざまな設定も画面にタッチするだけで簡単にできるようになっている。

最新ニュース

knowledge_place_osaka_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

2021年4月7日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(安藤博教社長)は、本社(大阪市中央区玉造)R&Dセンター敷地内に新たな施設「ナレッジプラス大阪」を開設。4月6日に開所式が執り行われた。  ...全文を読む

dp_metal_semina_tn.jpg

リコージャパン、新色のゴールドとシルバーの活用方法を紹介するオンラインイベント開催

2021年4月6日

 リコージャパン(株)は4月14日、「ゴールドとシルバーも加わった、色とりどりの特色トナーの世界!」と題したオンラインイベントを開催する。  同社では今年2月より、5色目が使えるミドル...全文を読む

fujifilm20210331_dp_tn.jpg

富士フイルム、グラフィック事業領域で新組織設立 - 新規ビジネス創出加速へ

2021年3月31日

 富士フイルムホールディングス(株)(助野健児社長)は、ヘルスケア、イメージング、グラフィックそれぞれの事業領域において、さらなるシナジーと新規ビジネス創出を加速させるために新組織を設...全文を読む

dp_ipa_hyosyo_tn.jpg

富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」表彰式をオンラインで開催

2021年3月30日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は3月26日、東京・中野坂上のショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京」において、2020年度「Innovation Prin...全文を読む

swissQprint、UVプリントインクにネオンカラーを追加

2021年3月26日

 swissQprintは、UVプリントインクにネオンカラーを追加した。同インクは、swissQprintのすべてのLEDモデルに搭載可能で、すでに販売を開始している。  ネオンカラー...全文を読む

新着トピックス

K・Dサービス、段ボール×デジタル印刷技術でSDGsの実現へ

2021年4月6日スペシャリスト

 「段ボールというマテリアルの優位性を社会にアピールし、様々な商品の素材を段ボールに切り替えることのメリットを周知していきたい」。K・Dサービス(株)池田大樹社長が掲げてきたこの構想が...全文を読む

dp_levit_tn.jpg

HP、コロナ禍の逆風をデジタル技術で追い風に

2021年4月5日企業・経営

 2020年、新型コロナウイルス感染症の猛威は、国や地域を問わず、多くの社会・経済に深刻なダメージを与えた。その激変する市場環境において、ワールドワイドで事業を展開するHP社(本社/米...全文を読む

dp_proc7200s_silver_tn.jpg

リコージャパン、スペシャルカラーにゴールドとシルバー追加

2021年4月1日製品・テクノロジー

 従来のCMYKの4色トナーに加え、ホワイト、クリア、ネオンイエロー、ネオンピンク、インビジブルレッドのスペシャルカラーで印刷物の付加価値創造を支援してきたリコーのカラープロダクション...全文を読む

リコー、ラテックスインク搭載の大判インクジェットプリンター「RICOH Pro L5160e/L5130e」発売

2021年3月5日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)リコーは、サインディスプレイ市場に向けて、ロールメディアに印刷して壁紙や懸垂幕、タペストリーなどを制作する大判インクジェットプリンター「RICOH Pro L5160e/L5130e」を3月15日に発売する。
RICOH Pro L5160e/L5130e(オプションのオペレータコールライト装着時)
 新製品「RICOH Pro L5160e/L5130e」は、2014年1月に発売したラテックスインクを搭載した「RICOH Pro L4160/L4130」の後継機種で、従来機に比べ、生産性と操作性を向上させている。3つのインクジェットヘッドをスタガ配列することで一度に広い面積の印刷を実現し、さらには速乾性のあるラテックスインクを採用することで従来のソルベントインクで必要だった乾燥時間を削減し、標準モードで印刷速度25平米/hと前身機と比べ、約2倍の印刷速度を実現している。

 水性ベースでVOCが極めて少なく特別な換気を必要としないラテックスインクを採用することで、屋外・屋内の広告や壁紙を高速で印刷できる。また、紙・布などのノンコートメディアや塩化ビニールやターポリンといった幅広いメディアへの出力も対応できる。

 さらにシアン・マゼンタ・イエロー・ブラック(CMYK)のインクに加え、オレンジとグリーンのインクを搭載しているので、CMYK4色では再現しにくい華やかなオレンジや明るいグリーンの表現を実現し、POPなどの表現力を高めている。加えてホワイトインクを下地として使用することで、PETなどの透明素材でも本来の色鮮やかさを再現できるため、ウィンドウグラフィックスなどのアプリケーションへも高画質な印刷が可能。

 操作画面は、新たに4.3インチのフルカラー液晶タッチパネルを搭載し操作性を向上させ、テスト印刷やヘッドの高さ調整などのさまざまな設定も画面にタッチするだけで簡単にできるようになっている。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP