キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • リコー、ラテックスインク搭載の大判インクジェットプリンター「RIC...

リコー、ラテックスインク搭載の大判インクジェットプリンター「RICOH Pro L5160e/L5130e」発売

2021年3月5日ニュース

 (株)リコーは、サインディスプレイ市場に向けて、ロールメディアに印刷して壁紙や懸垂幕、タペストリーなどを制作する大判インクジェットプリンター「RICOH Pro L5160e/L5130e」を3月15日に発売する。
RICOH Pro L5160e/L5130e(オプションのオペレータコールライト装着時)
 新製品「RICOH Pro L5160e/L5130e」は、2014年1月に発売したラテックスインクを搭載した「RICOH Pro L4160/L4130」の後継機種で、従来機に比べ、生産性と操作性を向上させている。3つのインクジェットヘッドをスタガ配列することで一度に広い面積の印刷を実現し、さらには速乾性のあるラテックスインクを採用することで従来のソルベントインクで必要だった乾燥時間を削減し、標準モードで印刷速度25平米/hと前身機と比べ、約2倍の印刷速度を実現している。

 水性ベースでVOCが極めて少なく特別な換気を必要としないラテックスインクを採用することで、屋外・屋内の広告や壁紙を高速で印刷できる。また、紙・布などのノンコートメディアや塩化ビニールやターポリンといった幅広いメディアへの出力も対応できる。

 さらにシアン・マゼンタ・イエロー・ブラック(CMYK)のインクに加え、オレンジとグリーンのインクを搭載しているので、CMYK4色では再現しにくい華やかなオレンジや明るいグリーンの表現を実現し、POPなどの表現力を高めている。加えてホワイトインクを下地として使用することで、PETなどの透明素材でも本来の色鮮やかさを再現できるため、ウィンドウグラフィックスなどのアプリケーションへも高画質な印刷が可能。

 操作画面は、新たに4.3インチのフルカラー液晶タッチパネルを搭載し操作性を向上させ、テスト印刷やヘッドの高さ調整などのさまざまな設定も画面にタッチするだけで簡単にできるようになっている。

最新ニュース

dp_printcompass_8_30_tn.jpg

リコージャパン、8月度の「印刷業界Now!」で最新の印刷技術トレンドをLIVE配信

2021年8月23日

 リコージャパン(株)の情報発信サイト「Print Compass」が展開するオンラインLIVEイベント「印刷業界Now!」では8月30日、「virtual.drupaや各社動向に見る...全文を読む

dp_hpweb_8_27_tn.jpg

日本HP、9月10日「軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」をテーマにオンラインセミナー開催

2021年8月19日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは9月10日(8月27日から開催日が変更)、「海外成功事例に学...全文を読む

dp_surepress_100_tn.jpg

エプソン、デジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」が国内導入100台を達成

2021年8月10日

 エプソンのデジタルラベル印刷機「SurePress(シュアプレス)シリーズ」が、このほど国内導入100台を達成した。  同社は、2010年10月に独自のインクジェット技術でラベル印刷...全文を読む

dp_rhicoh_hope_tn.jpg

リコージャパン、HOPE会場から印刷業界のDXを考察するセミナーを9月4日にオンライン生中継

2021年8月10日

リコージャパン(株)は、9月3日から北海道札幌市の「アクセスサッポロ」において開催される印刷総合イベント「HOPE2021」に出展するとともに、会期2日目の9月4日13時45分より、「...全文を読む

dp_biopbs_tn.jpg

日本HP、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験にHP Indigoデジタル印刷ソリューションで協力

2021年8月6日

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は、三菱ケミカル(株)(本社/東京都千代田区、和賀昌之社長)が、Jリーグサッカークラブのギラヴァンツ北九州や協力企業、学校と連携して行...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

リコー、ラテックスインク搭載の大判インクジェットプリンター「RICOH Pro L5160e/L5130e」発売

2021年3月5日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)リコーは、サインディスプレイ市場に向けて、ロールメディアに印刷して壁紙や懸垂幕、タペストリーなどを制作する大判インクジェットプリンター「RICOH Pro L5160e/L5130e」を3月15日に発売する。
RICOH Pro L5160e/L5130e(オプションのオペレータコールライト装着時)
 新製品「RICOH Pro L5160e/L5130e」は、2014年1月に発売したラテックスインクを搭載した「RICOH Pro L4160/L4130」の後継機種で、従来機に比べ、生産性と操作性を向上させている。3つのインクジェットヘッドをスタガ配列することで一度に広い面積の印刷を実現し、さらには速乾性のあるラテックスインクを採用することで従来のソルベントインクで必要だった乾燥時間を削減し、標準モードで印刷速度25平米/hと前身機と比べ、約2倍の印刷速度を実現している。

 水性ベースでVOCが極めて少なく特別な換気を必要としないラテックスインクを採用することで、屋外・屋内の広告や壁紙を高速で印刷できる。また、紙・布などのノンコートメディアや塩化ビニールやターポリンといった幅広いメディアへの出力も対応できる。

 さらにシアン・マゼンタ・イエロー・ブラック(CMYK)のインクに加え、オレンジとグリーンのインクを搭載しているので、CMYK4色では再現しにくい華やかなオレンジや明るいグリーンの表現を実現し、POPなどの表現力を高めている。加えてホワイトインクを下地として使用することで、PETなどの透明素材でも本来の色鮮やかさを再現できるため、ウィンドウグラフィックスなどのアプリケーションへも高画質な印刷が可能。

 操作画面は、新たに4.3インチのフルカラー液晶タッチパネルを搭載し操作性を向上させ、テスト印刷やヘッドの高さ調整などのさまざまな設定も画面にタッチするだけで簡単にできるようになっている。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP