キーワードで検索

トヨテック、抗ウイルス加工ソリューション提供

インクやトナーへ密着が良好な抗ウイルス液+塗布用の水性ニスコーター

2021年4月19日ニュース

 (株)トヨテック(本社/千葉県野田市、豊田保社長)は、3月下旬から、印刷用の抗ウイルス液の販売を開始する。

 抗ウイルス液は、抗ウイルス機能を持ったアルコール溶液で、ほとんどのオフセット印刷やデジタル印刷との相性が良く、密着性も高い。また、PPフィルムへはコロナ処理やプライマー処理などの前処理を施さなくても密着する。

 抗ウイルス機能は、ISO21702に則った試験においてとても高い抗ウイルス活性値を示し、24時間後のウイルス感染価は、塗布していないものと比較し、99.99%以上減少した結果を得られた。また、抗ウイルス液のほかに、それを塗布するコーターも併せて販売している。

水性ニスコーター「WATER BASED COATER 20WB」

 コストパフォーマンスに優れたロールコーター式の水性ニスコーター。乾燥方式はIRヒーターと温風。

WATER BASED CORTER 20WB

 オン/オフスイッチと、スピードボリュームを操作するだけの簡単オペレーションシステム。粘度の高いニスを使用した場合、スクイズ不良が起こりやすく、印刷物の裏側にニスが付着し両面コーティングが難しかったが、同社ではスクイズ不良が起こりにくい機構を取り入れたことにより、水性ニスの取り扱いを容易にした。

 それにともない、日々のメンテナンスも簡便化。手差し仕様のほかに、オプションのオートフィーダー、オートスタッカーを併せて使用することで処理能力がアップした。

 また、同社ではB2サイズ向けに24インチサイズ「WATER BASED COATER 24WB」も用意している。

B2サイズ横送り水性ニスコーター「TB2WB-4000」

 B2〜A3サイズまでのオフセット印刷、デジタル印刷紙に水性ニスを横送りで最大4,000枚/時でコーティングするアニロックス方式の水性ニスコーター。

 標準は300LPIアニロックスとブランケットを用いた全面コーティング。樹脂版を使用すれば、スポットでのコーティングが可能。

TB2WB-4000

 装置の構成は、B2サイズ横送りまでが可能なフィーダー、コーティングユニット、IRドライヤー、スタッカーとなる。オプションとして、コロナ放電ユニットがあり、特殊紙や樹脂素材にプリントしたものに水性ニスのコーティングを可能にし、UVユニットを用いればUVニスの塗布も可能となる。

最新ニュース

dp_printcompass_8_30_tn.jpg

リコージャパン、8月度の「印刷業界Now!」で最新の印刷技術トレンドをLIVE配信

2021年8月23日

 リコージャパン(株)の情報発信サイト「Print Compass」が展開するオンラインLIVEイベント「印刷業界Now!」では8月30日、「virtual.drupaや各社動向に見る...全文を読む

dp_hpweb_8_27_tn.jpg

日本HP、9月10日「軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」をテーマにオンラインセミナー開催

2021年8月19日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは9月10日(8月27日から開催日が変更)、「海外成功事例に学...全文を読む

dp_surepress_100_tn.jpg

エプソン、デジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」が国内導入100台を達成

2021年8月10日

 エプソンのデジタルラベル印刷機「SurePress(シュアプレス)シリーズ」が、このほど国内導入100台を達成した。  同社は、2010年10月に独自のインクジェット技術でラベル印刷...全文を読む

dp_rhicoh_hope_tn.jpg

リコージャパン、HOPE会場から印刷業界のDXを考察するセミナーを9月4日にオンライン生中継

2021年8月10日

リコージャパン(株)は、9月3日から北海道札幌市の「アクセスサッポロ」において開催される印刷総合イベント「HOPE2021」に出展するとともに、会期2日目の9月4日13時45分より、「...全文を読む

dp_biopbs_tn.jpg

日本HP、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験にHP Indigoデジタル印刷ソリューションで協力

2021年8月6日

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は、三菱ケミカル(株)(本社/東京都千代田区、和賀昌之社長)が、Jリーグサッカークラブのギラヴァンツ北九州や協力企業、学校と連携して行...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

トヨテック、抗ウイルス加工ソリューション提供

インクやトナーへ密着が良好な抗ウイルス液+塗布用の水性ニスコーター

2021年4月19日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)トヨテック(本社/千葉県野田市、豊田保社長)は、3月下旬から、印刷用の抗ウイルス液の販売を開始する。

 抗ウイルス液は、抗ウイルス機能を持ったアルコール溶液で、ほとんどのオフセット印刷やデジタル印刷との相性が良く、密着性も高い。また、PPフィルムへはコロナ処理やプライマー処理などの前処理を施さなくても密着する。

 抗ウイルス機能は、ISO21702に則った試験においてとても高い抗ウイルス活性値を示し、24時間後のウイルス感染価は、塗布していないものと比較し、99.99%以上減少した結果を得られた。また、抗ウイルス液のほかに、それを塗布するコーターも併せて販売している。

水性ニスコーター「WATER BASED COATER 20WB」

 コストパフォーマンスに優れたロールコーター式の水性ニスコーター。乾燥方式はIRヒーターと温風。

WATER BASED CORTER 20WB

 オン/オフスイッチと、スピードボリュームを操作するだけの簡単オペレーションシステム。粘度の高いニスを使用した場合、スクイズ不良が起こりやすく、印刷物の裏側にニスが付着し両面コーティングが難しかったが、同社ではスクイズ不良が起こりにくい機構を取り入れたことにより、水性ニスの取り扱いを容易にした。

 それにともない、日々のメンテナンスも簡便化。手差し仕様のほかに、オプションのオートフィーダー、オートスタッカーを併せて使用することで処理能力がアップした。

 また、同社ではB2サイズ向けに24インチサイズ「WATER BASED COATER 24WB」も用意している。

B2サイズ横送り水性ニスコーター「TB2WB-4000」

 B2〜A3サイズまでのオフセット印刷、デジタル印刷紙に水性ニスを横送りで最大4,000枚/時でコーティングするアニロックス方式の水性ニスコーター。

 標準は300LPIアニロックスとブランケットを用いた全面コーティング。樹脂版を使用すれば、スポットでのコーティングが可能。

TB2WB-4000

 装置の構成は、B2サイズ横送りまでが可能なフィーダー、コーティングユニット、IRドライヤー、スタッカーとなる。オプションとして、コロナ放電ユニットがあり、特殊紙や樹脂素材にプリントしたものに水性ニスのコーティングを可能にし、UVユニットを用いればUVニスの塗布も可能となる。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP