キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

「ナレッジプラス大阪」- 大阪に新情報発信拠点

2021年4月7日ニュース

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(安藤博教社長)は、本社(大阪市中央区玉造)R&Dセンター敷地内に新たな施設「ナレッジプラス大阪」を開設。4月6日に開所式が執り行われた。

6日にオープニングセレモニー開催(左から、京セラドキュメントソリューションズジャパン・長井孝社長、京セラ・山口悟郎会長、京セラドキュメントソリューションズ・安藤博教社長)

 「ナレッジプラス」は、多くの人々が交流し、その知識と知識を交流させることで、新たなビジネスの価値創出を目的としたニューノーマル時代のショールーム。同社では、2019年に東京・虎ノ門に「ナレッジプラス東京」をオープンし、営業の効率化や顧客接点の強化を図ってきた。

 今回新たに開設された「ナレッジプラス大阪」は、ショールームの概念にとらわれない「スタジオ・コンセプト」のもと、オフライン、オンラインで様々なことに対応できるハイブリッドな空間を目指した施設。フレキシブルな情報の受発信機能を持つことでニューノーマルに対応し、開発やマーケティング、さらには社会貢献活動など幅広い領域でグローバルに知識と情報をシェアすることで、同社が掲げるブランディングのコアコンセプト「Put Knowledge to work(知識を仕事に活かす)」の実現を目指す。

ナレッジプラス大阪の外観

 同社は新規事業として商業用インクジェット市場に参入し、一昨年から独自開発のインクジェットプロダクションプリンタ「TASKalfa Pro 15000c」を欧米で先行販売。昨年、日本をはじめアジア、オセアニア地域でも上市している。この商業用インクジェット事業に関して「ナレッジプラス大阪」では、本社在籍者による顧客との直接対話をはじめ、バーチャルデモ・商談、技術説明、サービス・販売支援などが可能となっており、ARを活用することで、プリントヘッドなど内部構造の技術説明、用紙搬送経路とその仕組みの説明、他の導入候補機とのサイズ比較検討、製品の設置スペース・配置検討なども可能になっている。

自由に増設可能なプロダクションエリア

 4月6日に開かれた記者発表会の席で安藤社長は、本社にナレッジプラスを開設した意義について「開発、製造、営業など、バリューチェーンを構成する中枢組織に加え、経営層までが集まっていることから、よりスピーディな対応、ソリューションが可能である」と説明。京セラドキュメントソリューションズジャパンの長井孝社長は、「ナレッジプラス東京・大阪をハブとしたネットワークを全国に張り巡らせ、営業のDXをはかるとともに、技術、製造、営業の三位一体でビジネス推進の拡大を目指す」としている。

 今後、コロナ禍においてオンライン中心の活用になるが、アフターコロナでは、集客も視野に入れた利用を想定。また営業の商談活動の他にも、営業やサービスのコンテストやイノベーション創出の場、セミナーなどによる外部への情報発信、ビジネスパートナー主催のセミナーや展示会といった外部利用などにも活用の場を広げていく考え。

最新ニュース

dp_insatubito_tn.jpg

中本本店、新たな印刷サービス「インサツビト」開始

2021年5月26日

 (株)中本本店(広島県広島市、中本俊之社長)は、5月25日より新しいタイプの印刷サービス「インサツビト」を開始した。  「インサツビト」は、印刷の国家技能検定一級を持つ印刷技能士やデ...全文を読む

dp_ricoh pro z75_tn.jpg

リコー、国内商印市場向けに四六半裁サイズ対応の高速枚葉インクジェットプリンター発売

2021年5月24日

 (株)リコー(山下良則社長)は、国内商用印刷市場向けに枚葉タイプ(カットシート)の高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」を2022年秋に発売する。...全文を読む

dp_compas_tn.jpg

リコージャパン、情報発信サイト「Print Compass」でユポ×PODの活用事例を公開中

2021年5月21日

 リコージャパン(株)は、顧客である印刷業と共に創る未来に向けて、「Compass=方向を示す羅針盤」になる情報発信を行うサイト「Print Compass」で展開している「売上アップ...全文を読む

dp_dinos_lab_tn.jpg

DINOS CORPORATION、社内回収古紙を再生したR100自社再生紙で社内報を発行

2021年5月20日

 (株)DINOS CORPORATION(本社/東京都中野区、石川順一社長)は、インターナルコミュニケーションの一環で、社内業務で排出されるコピー用紙など古紙を回収し、セイコーエプソ...全文を読む

dp_cimpress_100k_tn.jpg

HP、シンプレスとHP Indigoデジタル印刷機の複数年契約を締結

2021年5月19日

 HPは、このほどマスカスタマイゼーションにおける世界的リーダーであるシンプレスと、オンライン印刷によるパーソナライズ商品市場を拡大するために次世代「HP Indigoデジタル印刷機」...全文を読む

新着トピックス

hp_indigo_7k_eiko_dp_tn.jpg

同人誌印刷の栄光、「HP Indigo 7K デジタル印刷機」導入

2021年6月3日ケーススタディ

 (株)日本HPは、同人誌印刷の国内大手企業である(株)栄光(本社/広島県福山市、岡田一社長)が、「HP Indigo 7K デジタル印刷機」を導入したと発表した。  栄光は、1975...全文を読む

bigbook_tn.jpg

「オフセットと遜色なし」- 三島由紀夫 超大型写真集[Jet Press 750S採用事例]

2021年4月16日ケーススタディ

 日本近代文学、戦後政治思想において大きな足跡を残した三島由紀夫氏。その死から50年となった2020年11月25日、三島氏の超大型写真集「OTOKO NO SHI」がCCCアートラボ(...全文を読む

a300c29dc17841d4722f515a43fe02f916df8aa3.jpg

丸善印刷、勝田断裁機を初導入 - POD用紙も正確に断裁

2021年4月14日ケーススタディ

 「小ロットというよりも、バリアブル印刷が主流になってきた」。昨今の傾向についてこのように語るのは、全3台のPODを活用し、宛名印字までを含めたチラシやDM、名刺やショップカードなどを...全文を読む

京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

「ナレッジプラス大阪」- 大阪に新情報発信拠点

2021年4月7日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(安藤博教社長)は、本社(大阪市中央区玉造)R&Dセンター敷地内に新たな施設「ナレッジプラス大阪」を開設。4月6日に開所式が執り行われた。

6日にオープニングセレモニー開催(左から、京セラドキュメントソリューションズジャパン・長井孝社長、京セラ・山口悟郎会長、京セラドキュメントソリューションズ・安藤博教社長)

 「ナレッジプラス」は、多くの人々が交流し、その知識と知識を交流させることで、新たなビジネスの価値創出を目的としたニューノーマル時代のショールーム。同社では、2019年に東京・虎ノ門に「ナレッジプラス東京」をオープンし、営業の効率化や顧客接点の強化を図ってきた。

 今回新たに開設された「ナレッジプラス大阪」は、ショールームの概念にとらわれない「スタジオ・コンセプト」のもと、オフライン、オンラインで様々なことに対応できるハイブリッドな空間を目指した施設。フレキシブルな情報の受発信機能を持つことでニューノーマルに対応し、開発やマーケティング、さらには社会貢献活動など幅広い領域でグローバルに知識と情報をシェアすることで、同社が掲げるブランディングのコアコンセプト「Put Knowledge to work(知識を仕事に活かす)」の実現を目指す。

ナレッジプラス大阪の外観

 同社は新規事業として商業用インクジェット市場に参入し、一昨年から独自開発のインクジェットプロダクションプリンタ「TASKalfa Pro 15000c」を欧米で先行販売。昨年、日本をはじめアジア、オセアニア地域でも上市している。この商業用インクジェット事業に関して「ナレッジプラス大阪」では、本社在籍者による顧客との直接対話をはじめ、バーチャルデモ・商談、技術説明、サービス・販売支援などが可能となっており、ARを活用することで、プリントヘッドなど内部構造の技術説明、用紙搬送経路とその仕組みの説明、他の導入候補機とのサイズ比較検討、製品の設置スペース・配置検討なども可能になっている。

自由に増設可能なプロダクションエリア

 4月6日に開かれた記者発表会の席で安藤社長は、本社にナレッジプラスを開設した意義について「開発、製造、営業など、バリューチェーンを構成する中枢組織に加え、経営層までが集まっていることから、よりスピーディな対応、ソリューションが可能である」と説明。京セラドキュメントソリューションズジャパンの長井孝社長は、「ナレッジプラス東京・大阪をハブとしたネットワークを全国に張り巡らせ、営業のDXをはかるとともに、技術、製造、営業の三位一体でビジネス推進の拡大を目指す」としている。

 今後、コロナ禍においてオンライン中心の活用になるが、アフターコロナでは、集客も視野に入れた利用を想定。また営業の商談活動の他にも、営業やサービスのコンテストやイノベーション創出の場、セミナーなどによる外部への情報発信、ビジネスパートナー主催のセミナーや展示会といった外部利用などにも活用の場を広げていく考え。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP