キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

「ナレッジプラス大阪」- 大阪に新情報発信拠点

2021年4月7日ニュース

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(安藤博教社長)は、本社(大阪市中央区玉造)R&Dセンター敷地内に新たな施設「ナレッジプラス大阪」を開設。4月6日に開所式が執り行われた。

6日にオープニングセレモニー開催(左から、京セラドキュメントソリューションズジャパン・長井孝社長、京セラ・山口悟郎会長、京セラドキュメントソリューションズ・安藤博教社長)

 「ナレッジプラス」は、多くの人々が交流し、その知識と知識を交流させることで、新たなビジネスの価値創出を目的としたニューノーマル時代のショールーム。同社では、2019年に東京・虎ノ門に「ナレッジプラス東京」をオープンし、営業の効率化や顧客接点の強化を図ってきた。

 今回新たに開設された「ナレッジプラス大阪」は、ショールームの概念にとらわれない「スタジオ・コンセプト」のもと、オフライン、オンラインで様々なことに対応できるハイブリッドな空間を目指した施設。フレキシブルな情報の受発信機能を持つことでニューノーマルに対応し、開発やマーケティング、さらには社会貢献活動など幅広い領域でグローバルに知識と情報をシェアすることで、同社が掲げるブランディングのコアコンセプト「Put Knowledge to work(知識を仕事に活かす)」の実現を目指す。

ナレッジプラス大阪の外観

 同社は新規事業として商業用インクジェット市場に参入し、一昨年から独自開発のインクジェットプロダクションプリンタ「TASKalfa Pro 15000c」を欧米で先行販売。昨年、日本をはじめアジア、オセアニア地域でも上市している。この商業用インクジェット事業に関して「ナレッジプラス大阪」では、本社在籍者による顧客との直接対話をはじめ、バーチャルデモ・商談、技術説明、サービス・販売支援などが可能となっており、ARを活用することで、プリントヘッドなど内部構造の技術説明、用紙搬送経路とその仕組みの説明、他の導入候補機とのサイズ比較検討、製品の設置スペース・配置検討なども可能になっている。

自由に増設可能なプロダクションエリア

 4月6日に開かれた記者発表会の席で安藤社長は、本社にナレッジプラスを開設した意義について「開発、製造、営業など、バリューチェーンを構成する中枢組織に加え、経営層までが集まっていることから、よりスピーディな対応、ソリューションが可能である」と説明。京セラドキュメントソリューションズジャパンの長井孝社長は、「ナレッジプラス東京・大阪をハブとしたネットワークを全国に張り巡らせ、営業のDXをはかるとともに、技術、製造、営業の三位一体でビジネス推進の拡大を目指す」としている。

 今後、コロナ禍においてオンライン中心の活用になるが、アフターコロナでは、集客も視野に入れた利用を想定。また営業の商談活動の他にも、営業やサービスのコンテストやイノベーション創出の場、セミナーなどによる外部への情報発信、ビジネスパートナー主催のセミナーや展示会といった外部利用などにも活用の場を広げていく考え。

最新ニュース

dp_metal_semina_tn.jpg

リコージャパン、新色のゴールドとシルバーの活用方法を紹介するオンラインイベント開催

2021年4月6日

 リコージャパン(株)は4月14日、「ゴールドとシルバーも加わった、色とりどりの特色トナーの世界!」と題したオンラインイベントを開催する。  同社では今年2月より、5色目が使えるミドル...全文を読む

fujifilm20210331_dp_tn.jpg

富士フイルム、グラフィック事業領域で新組織設立 - 新規ビジネス創出加速へ

2021年3月31日

 富士フイルムホールディングス(株)(助野健児社長)は、ヘルスケア、イメージング、グラフィックそれぞれの事業領域において、さらなるシナジーと新規ビジネス創出を加速させるために新組織を設...全文を読む

dp_ipa_hyosyo_tn.jpg

富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」表彰式をオンラインで開催

2021年3月30日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は3月26日、東京・中野坂上のショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京」において、2020年度「Innovation Prin...全文を読む

swissQprint、UVプリントインクにネオンカラーを追加

2021年3月26日

 swissQprintは、UVプリントインクにネオンカラーを追加した。同インクは、swissQprintのすべてのLEDモデルに搭載可能で、すでに販売を開始している。  ネオンカラー...全文を読む

swissQprint、ロールto ロールプリンタ「Karibu」に高速モデル

2021年3月25日

 swissQprintは、UVロールto ロールプリンタ「Karibu」のスピードバリエーションとして、「Karibu S」を発表した。Sはスピードを意味し、高い印刷品質を保持しつつ...全文を読む

新着トピックス

taiyop_jetimira_tn.jpg

大洋印刷、JETI MIRA導入で印刷物の立体表現へ

2021年4月9日ケーススタディ

 商業印刷を手掛ける大洋印刷(株)(本社/東京都大田区昭和島1-6-31、林健司社長)は今年2月、顧客とともに創造するアイデアやデザインを「印刷物」に落とし込むデバイスとして、「厚盛り...全文を読む

K・Dサービス、段ボール×デジタル印刷技術でSDGsの実現へ

2021年4月6日スペシャリスト

 「段ボールというマテリアルの優位性を社会にアピールし、様々な商品の素材を段ボールに切り替えることのメリットを周知していきたい」。K・Dサービス(株)池田大樹社長が掲げてきたこの構想が...全文を読む

dp_levit_tn.jpg

HP、コロナ禍の逆風をデジタル技術で追い風に

2021年4月5日企業・経営

 2020年、新型コロナウイルス感染症の猛威は、国や地域を問わず、多くの社会・経済に深刻なダメージを与えた。その激変する市場環境において、ワールドワイドで事業を展開するHP社(本社/米...全文を読む

京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

「ナレッジプラス大阪」- 大阪に新情報発信拠点

2021年4月7日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(安藤博教社長)は、本社(大阪市中央区玉造)R&Dセンター敷地内に新たな施設「ナレッジプラス大阪」を開設。4月6日に開所式が執り行われた。

6日にオープニングセレモニー開催(左から、京セラドキュメントソリューションズジャパン・長井孝社長、京セラ・山口悟郎会長、京セラドキュメントソリューションズ・安藤博教社長)

 「ナレッジプラス」は、多くの人々が交流し、その知識と知識を交流させることで、新たなビジネスの価値創出を目的としたニューノーマル時代のショールーム。同社では、2019年に東京・虎ノ門に「ナレッジプラス東京」をオープンし、営業の効率化や顧客接点の強化を図ってきた。

 今回新たに開設された「ナレッジプラス大阪」は、ショールームの概念にとらわれない「スタジオ・コンセプト」のもと、オフライン、オンラインで様々なことに対応できるハイブリッドな空間を目指した施設。フレキシブルな情報の受発信機能を持つことでニューノーマルに対応し、開発やマーケティング、さらには社会貢献活動など幅広い領域でグローバルに知識と情報をシェアすることで、同社が掲げるブランディングのコアコンセプト「Put Knowledge to work(知識を仕事に活かす)」の実現を目指す。

ナレッジプラス大阪の外観

 同社は新規事業として商業用インクジェット市場に参入し、一昨年から独自開発のインクジェットプロダクションプリンタ「TASKalfa Pro 15000c」を欧米で先行販売。昨年、日本をはじめアジア、オセアニア地域でも上市している。この商業用インクジェット事業に関して「ナレッジプラス大阪」では、本社在籍者による顧客との直接対話をはじめ、バーチャルデモ・商談、技術説明、サービス・販売支援などが可能となっており、ARを活用することで、プリントヘッドなど内部構造の技術説明、用紙搬送経路とその仕組みの説明、他の導入候補機とのサイズ比較検討、製品の設置スペース・配置検討なども可能になっている。

自由に増設可能なプロダクションエリア

 4月6日に開かれた記者発表会の席で安藤社長は、本社にナレッジプラスを開設した意義について「開発、製造、営業など、バリューチェーンを構成する中枢組織に加え、経営層までが集まっていることから、よりスピーディな対応、ソリューションが可能である」と説明。京セラドキュメントソリューションズジャパンの長井孝社長は、「ナレッジプラス東京・大阪をハブとしたネットワークを全国に張り巡らせ、営業のDXをはかるとともに、技術、製造、営業の三位一体でビジネス推進の拡大を目指す」としている。

 今後、コロナ禍においてオンライン中心の活用になるが、アフターコロナでは、集客も視野に入れた利用を想定。また営業の商談活動の他にも、営業やサービスのコンテストやイノベーション創出の場、セミナーなどによる外部への情報発信、ビジネスパートナー主催のセミナーや展示会といった外部利用などにも活用の場を広げていく考え。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP