キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、高速化したLED-UV大型フラットベッドIJプリンタ新機種...

ミマキ、高速化したLED-UV大型フラットベッドIJプリンタ新機種発表

2021年4月21日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、大判フラットベッドUVインクジェットプリンタ「JFX600-2513」「JFX550-2513」を発表した。

 両プリンタは、2012年から販売している「JFX500-2131」の後継機種。搭載ヘッド数を大幅に増やすことで、高効率なプリントが可能になり、「JFX500-2131」と比較して「JFX600」で約300%、「JFX550」で約150%の生産性向上が期待できる。また、搭載可能な色数も従来機種の4色から6色へ対応している。

JFX600-2513 / JFX550-2513

 製作可能サイズは最大2,500×1,300ミリ、厚み60ミリで、看板製作によく利用される4×8版(1,220×2,440ミリ)に対応。メディアへのダイレクトプリントが可能なため、大型のサインボード、樹脂、ガラス、金属など多様なメディアにプリントでき、大型の装飾、サインディスプレイや建装材などの幅広い分野で利用できる。さらに、UVインクを何層にも重ねてプリントすることで表面に凹凸感を出す2.5Dプリント(厚盛り印刷)も可能である。

 使用する同社開発のUVインクは、揮発性有機化合物(VOC)が極めて少なく、人と環境に配慮した環境調和型インク。米国の第三者安全科学機関UL社が規定する世界で最も厳しい基準を持つVOCの排出測定試験を満たすことから「GREENGUARD Gold」認証を取得しており、環境への安全性が認められている。

 また、ユーザーの生産システムや周辺機器からプリンタを制御できる同社独自の「MDLコマンド」に対応。これを使用することで、プリンタのインク残量やエラー情報等を取得できるほか、印刷媒体(ワーク)をセットするテーブルの位置や高さ、プリント開始などのプリンタ動作を制御可能なことから、ワーク搬送などのプリント工程を無人化・省人化・自動化することができる。

 なお、販売開始は2021年夏を予定している。

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

dp_06_23_tn.jpg

日本HP、オンラインセミナー「HP Indigo新製品で実現するアナログ to デジタル」6月23日開催

2022年5月23日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルは6月23日、オンラインセミナー「値上げラッシュの今だか...全文を読む

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20...全文を読む

新着トピックス

dp_risapress_20_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESSが発売20周年〜今後も高精細印字で社会に貢献

2022年5月16日企業・経営

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が販売するオンデマンド印刷システム「RISAPRESS(リサプレス)」シリーズが、このほど発売20周年を迎えた。2002年4月、モノクロオンデマンド印刷...全文を読む

higuchip_2022_dp_tn.jpg

樋口印刷所(大阪)、発注者の「妥協」を払拭[Jet Press導入事例]

2022年4月11日企業・経営

 (有)樋口印刷所(大阪市東住吉区桑津、樋口裕規社長)は昨年12月、「SDGsへの貢献」を旗印に、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750...全文を読む

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

ミマキ、高速化したLED-UV大型フラットベッドIJプリンタ新機種発表

2021年4月21日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、大判フラットベッドUVインクジェットプリンタ「JFX600-2513」「JFX550-2513」を発表した。

 両プリンタは、2012年から販売している「JFX500-2131」の後継機種。搭載ヘッド数を大幅に増やすことで、高効率なプリントが可能になり、「JFX500-2131」と比較して「JFX600」で約300%、「JFX550」で約150%の生産性向上が期待できる。また、搭載可能な色数も従来機種の4色から6色へ対応している。

JFX600-2513 / JFX550-2513

 製作可能サイズは最大2,500×1,300ミリ、厚み60ミリで、看板製作によく利用される4×8版(1,220×2,440ミリ)に対応。メディアへのダイレクトプリントが可能なため、大型のサインボード、樹脂、ガラス、金属など多様なメディアにプリントでき、大型の装飾、サインディスプレイや建装材などの幅広い分野で利用できる。さらに、UVインクを何層にも重ねてプリントすることで表面に凹凸感を出す2.5Dプリント(厚盛り印刷)も可能である。

 使用する同社開発のUVインクは、揮発性有機化合物(VOC)が極めて少なく、人と環境に配慮した環境調和型インク。米国の第三者安全科学機関UL社が規定する世界で最も厳しい基準を持つVOCの排出測定試験を満たすことから「GREENGUARD Gold」認証を取得しており、環境への安全性が認められている。

 また、ユーザーの生産システムや周辺機器からプリンタを制御できる同社独自の「MDLコマンド」に対応。これを使用することで、プリンタのインク残量やエラー情報等を取得できるほか、印刷媒体(ワーク)をセットするテーブルの位置や高さ、プリント開始などのプリンタ動作を制御可能なことから、ワーク搬送などのプリント工程を無人化・省人化・自動化することができる。

 なお、販売開始は2021年夏を予定している。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP