キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、高速化したLED-UV大型フラットベッドIJプリンタ新機種...

ミマキ、高速化したLED-UV大型フラットベッドIJプリンタ新機種発表

2021年4月21日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、大判フラットベッドUVインクジェットプリンタ「JFX600-2513」「JFX550-2513」を発表した。

 両プリンタは、2012年から販売している「JFX500-2131」の後継機種。搭載ヘッド数を大幅に増やすことで、高効率なプリントが可能になり、「JFX500-2131」と比較して「JFX600」で約300%、「JFX550」で約150%の生産性向上が期待できる。また、搭載可能な色数も従来機種の4色から6色へ対応している。

JFX600-2513 / JFX550-2513

 製作可能サイズは最大2,500×1,300ミリ、厚み60ミリで、看板製作によく利用される4×8版(1,220×2,440ミリ)に対応。メディアへのダイレクトプリントが可能なため、大型のサインボード、樹脂、ガラス、金属など多様なメディアにプリントでき、大型の装飾、サインディスプレイや建装材などの幅広い分野で利用できる。さらに、UVインクを何層にも重ねてプリントすることで表面に凹凸感を出す2.5Dプリント(厚盛り印刷)も可能である。

 使用する同社開発のUVインクは、揮発性有機化合物(VOC)が極めて少なく、人と環境に配慮した環境調和型インク。米国の第三者安全科学機関UL社が規定する世界で最も厳しい基準を持つVOCの排出測定試験を満たすことから「GREENGUARD Gold」認証を取得しており、環境への安全性が認められている。

 また、ユーザーの生産システムや周辺機器からプリンタを制御できる同社独自の「MDLコマンド」に対応。これを使用することで、プリンタのインク残量やエラー情報等を取得できるほか、印刷媒体(ワーク)をセットするテーブルの位置や高さ、プリント開始などのプリンタ動作を制御可能なことから、ワーク搬送などのプリント工程を無人化・省人化・自動化することができる。

 なお、販売開始は2021年夏を予定している。

最新ニュース

dp_if2021_accurio_tn.jpg

コニカミノルタ、AccurioPress C14000が「iFデザインアワード2021」受賞

2021年4月21日

 コニカミノルタ(株)のデジタル印刷システム「AccurioPress C14000/12000」が、このほど国際的に権威のある「iFデザインアワード2021」を受賞した。  ドイツの...全文を読む

トヨテック、抗ウイルス加工ソリューション提供

2021年4月19日

 (株)トヨテック(本社/千葉県野田市、豊田保社長)は、3月下旬から、印刷用の抗ウイルス液の販売を開始する。  抗ウイルス液は、抗ウイルス機能を持ったアルコール溶液で、ほとんどのオフセ...全文を読む

virtualdrupa_ss_dp_tn.jpg

drupa、史上初の完全仮想メッセ「virtual.drupa」4月20日から開催

2021年4月19日

 メッセ・デュッセルドルフは4月20日から23日までの4日間、drupa史上初となる完全仮想展示会「virtual.drupa」を開催する。  同イベントは、新型コロナウイルスのパンデ...全文を読む

swissQprint、Nyalaが6年連続で該当カテゴリーベストセラー

2021年4月16日

 swissQprintのフラッグシップモデルであるUV LEDプリンター「Nyala」は、UVフラットベッド/ハイブリッドプリンタ 幅60インチ(152.4cm)以上、価格帯13万〜...全文を読む

dp_hp_35_tn.jpg

日本HP、4月22日にオンラインイベント「HP Indigoデジタル印刷35分バーチャル体験」開催

2021年4月12日

 (株)日本HPは4月22日、「HP Indigoデジタル印刷35分バーチャル体験」と題したオンラインイベントを開催する。  同イベントでは、HP Indigoデジタル印刷機の特徴につ...全文を読む

新着トピックス

bigbook_tn.jpg

「オフセットと遜色なし」- 三島由紀夫 超大型写真集[Jet Press 750S採用事例]

2021年4月16日ケーススタディ

 日本近代文学、戦後政治思想において大きな足跡を残した三島由紀夫氏。その死から50年となった2020年11月25日、三島氏の超大型写真集「OTOKO NO SHI」がCCCアートラボ(...全文を読む

a300c29dc17841d4722f515a43fe02f916df8aa3.jpg

丸善印刷、勝田断裁機を初導入 - POD用紙も正確に断裁

2021年4月14日ケーススタディ

 「小ロットというよりも、バリアブル印刷が主流になってきた」。昨今の傾向についてこのように語るのは、全3台のPODを活用し、宛名印字までを含めたチラシやDM、名刺やショップカードなどを...全文を読む

taiyop_jetimira_tn.jpg

大洋印刷、JETI MIRA導入で印刷物の立体表現へ

2021年4月9日ケーススタディ

 商業印刷を手掛ける大洋印刷(株)(本社/東京都大田区昭和島1-6-31、林健司社長)は今年2月、顧客とともに創造するアイデアやデザインを「印刷物」に落とし込むデバイスとして、「厚盛り...全文を読む

ミマキ、高速化したLED-UV大型フラットベッドIJプリンタ新機種発表

2021年4月21日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、大判フラットベッドUVインクジェットプリンタ「JFX600-2513」「JFX550-2513」を発表した。

 両プリンタは、2012年から販売している「JFX500-2131」の後継機種。搭載ヘッド数を大幅に増やすことで、高効率なプリントが可能になり、「JFX500-2131」と比較して「JFX600」で約300%、「JFX550」で約150%の生産性向上が期待できる。また、搭載可能な色数も従来機種の4色から6色へ対応している。

JFX600-2513 / JFX550-2513

 製作可能サイズは最大2,500×1,300ミリ、厚み60ミリで、看板製作によく利用される4×8版(1,220×2,440ミリ)に対応。メディアへのダイレクトプリントが可能なため、大型のサインボード、樹脂、ガラス、金属など多様なメディアにプリントでき、大型の装飾、サインディスプレイや建装材などの幅広い分野で利用できる。さらに、UVインクを何層にも重ねてプリントすることで表面に凹凸感を出す2.5Dプリント(厚盛り印刷)も可能である。

 使用する同社開発のUVインクは、揮発性有機化合物(VOC)が極めて少なく、人と環境に配慮した環境調和型インク。米国の第三者安全科学機関UL社が規定する世界で最も厳しい基準を持つVOCの排出測定試験を満たすことから「GREENGUARD Gold」認証を取得しており、環境への安全性が認められている。

 また、ユーザーの生産システムや周辺機器からプリンタを制御できる同社独自の「MDLコマンド」に対応。これを使用することで、プリンタのインク残量やエラー情報等を取得できるほか、印刷媒体(ワーク)をセットするテーブルの位置や高さ、プリント開始などのプリンタ動作を制御可能なことから、ワーク搬送などのプリント工程を無人化・省人化・自動化することができる。

 なお、販売開始は2021年夏を予定している。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP