キーワードで検索

KOMORI、印刷速度6,500sphを実現するB1デジタル印刷機の市場投入開始

2021年4月22日ニュース

 (株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)は4月20日、40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia NS40(インプレミアNS40)」の販売を開始した。
インプレミアNS40
 インプレミアNS40は、これまで培ってきたKOMORIの技術をベースに、画像転写ブランケットを用いるという他にはないユニークな構成により、B1サイズ×6,500sphの印刷速度を実現する最新デジタル印刷機。⼀般的な水性インクジェット印刷機の場合、射出されたインクが直接原反に印字されるため、インクの水分が原反に浸透し、乾燥に多大なエネルギーを必要とするとなどの課題があった。一方、インプレミアNS40の印刷では、プリントヘッドより射出された水性ナノインクが、画像転写ブランケット上で薄い被膜を形成。その後、ブランケット上で乾燥され、内部の水分が飛ばされた状態のインクが転写されるため、原反に染み込まず、高速でも乾燥が可能。このユニークな構成により、6,500回転という最高クラスの印刷速度を実現している。

 対象市場は、日本、中国、北米、欧州とし、他市場については順次販売を計画。また、機械構成は、4色+コーター、7色+コーターの2モデルとなる。

 なお、KOMORIでは、販売開始に合わせて、4月23日までオンラインで開催されているvirtual.drupa内、KOMORIウェブセッション(https://events.drupa.de/en/speaker/peter-minis)にて、インプレミアNS40を披露している。

最新ニュース

dp_c7100_tn.jpg

コニカミノルタ、上位機種の機能を踏襲したコンパクトモデル「AccurioPress C7100」発売

2021年4月27日

 コニカミノルタ(株)(山名昌衛社長)は、デジタル印刷システム「AccurioPress (アキュリオ プレス) C7100」を5月11日に発売(予定)する。  AccurioPres...全文を読む

dp_is29s_tn.jpg

KOMORI、29インチ枚葉UVインクジェットの新機種「インプレミアIS29s」発表

2021年4月22日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は4月20日より、29インチ枚葉UVインクジェットデジタル印刷システム「Impremia IS29s(インプレミアIS29...全文を読む

dp_xeikon_cx_50_tn.jpg

Xeikon、壁面装飾用システムに最新モデル「Xeikon CX50」を追加

2021年4月21日

 Xeikonは、ウオールデコスイート(壁面装飾システム)の主要コンポーネントとして、Xeikon独自の環境に優しく、色域が拡張されたドライトナーとともに、新たに「Xeikon CX5...全文を読む

dp_if2021_accurio_tn.jpg

コニカミノルタ、AccurioPress C14000が「iFデザインアワード2021」受賞

2021年4月21日

 コニカミノルタ(株)のデジタル印刷システム「AccurioPress C14000/12000」が、このほど国際的に権威のある「iFデザインアワード2021」を受賞した。  ドイツの...全文を読む

mimaki_jfx600_jfx550_dp_tn.jpg

ミマキ、高速化したLED-UV大型フラットベッドIJプリンタ新機種発表

2021年4月21日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、大判フラットベッドUVインクジェットプリンタ「JFX600-2513」「JFX550-2513」を発表した。  両プリンタは、2012...全文を読む

新着トピックス

bigbook_tn.jpg

「オフセットと遜色なし」- 三島由紀夫 超大型写真集[Jet Press 750S採用事例]

2021年4月16日ケーススタディ

 日本近代文学、戦後政治思想において大きな足跡を残した三島由紀夫氏。その死から50年となった2020年11月25日、三島氏の超大型写真集「OTOKO NO SHI」がCCCアートラボ(...全文を読む

a300c29dc17841d4722f515a43fe02f916df8aa3.jpg

丸善印刷、勝田断裁機を初導入 - POD用紙も正確に断裁

2021年4月14日ケーススタディ

 「小ロットというよりも、バリアブル印刷が主流になってきた」。昨今の傾向についてこのように語るのは、全3台のPODを活用し、宛名印字までを含めたチラシやDM、名刺やショップカードなどを...全文を読む

taiyop_jetimira_tn.jpg

大洋印刷、JETI MIRA導入で印刷物の立体表現へ

2021年4月9日ケーススタディ

 商業印刷を手掛ける大洋印刷(株)(本社/東京都大田区昭和島1-6-31、林健司社長)は今年2月、顧客とともに創造するアイデアやデザインを「印刷物」に落とし込むデバイスとして、「厚盛り...全文を読む

KOMORI、印刷速度6,500sphを実現するB1デジタル印刷機の市場投入開始

2021年4月22日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)は4月20日、40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia NS40(インプレミアNS40)」の販売を開始した。
インプレミアNS40
 インプレミアNS40は、これまで培ってきたKOMORIの技術をベースに、画像転写ブランケットを用いるという他にはないユニークな構成により、B1サイズ×6,500sphの印刷速度を実現する最新デジタル印刷機。⼀般的な水性インクジェット印刷機の場合、射出されたインクが直接原反に印字されるため、インクの水分が原反に浸透し、乾燥に多大なエネルギーを必要とするとなどの課題があった。一方、インプレミアNS40の印刷では、プリントヘッドより射出された水性ナノインクが、画像転写ブランケット上で薄い被膜を形成。その後、ブランケット上で乾燥され、内部の水分が飛ばされた状態のインクが転写されるため、原反に染み込まず、高速でも乾燥が可能。このユニークな構成により、6,500回転という最高クラスの印刷速度を実現している。

 対象市場は、日本、中国、北米、欧州とし、他市場については順次販売を計画。また、機械構成は、4色+コーター、7色+コーターの2モデルとなる。

 なお、KOMORIでは、販売開始に合わせて、4月23日までオンラインで開催されているvirtual.drupa内、KOMORIウェブセッション(https://events.drupa.de/en/speaker/peter-minis)にて、インプレミアNS40を披露している。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP