キーワードで検索

virtual.drupa、4日間で155ヵ国・4万5,000人がアクセス

動画・講演は2021年末まで視聴可能

2021年4月30日ニュース

 drupa史上初となった完全仮想展示会「virtual.drupa」が23日に閉幕した。

 同イベントは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、リアル開催を中止することとなった印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2021」に代わるデジタルイベント。日本企業12社、世界から35ヵ国212社が参加し、4日間の訪問者数は155ヵ国・4万5,000以上(ユニークユーザー、ドイツ国外からの割合82%超)、ページビューは約60万PVとなった。

ページビューは約60万PV

 今回、主要テーマとなったのは「人工知能」「コネクテッドコンシューマー」「プラットフォームエコノミー」「循環型経済」の4分野。この視点に基づいて重要課題や世界的な巨大潮流、その業界に対する影響などに焦点を当てた5つの特別フォーラム(オンラインライブ配信)が130講演、出展者による製品・技術説明は計125本実施され、平均視聴者数は140名だった。

 メッセ・デュッセルドルフのE・ヴィーンカンプ常務取締役は、「virtual.drupaは、パンデミック下においても業界内でのコンタクト維持を可能にした。この成功は数字が立証している」と総括した上で、「出展者と興味を示す関係者はネットワークを強固にし、新たな潜在需要を発掘、そして企業目標にとって重要な動機付けができた」としている。

 また、印刷技術メッセを統括するS・ゲルダーマン氏は、「出展・来場双方の世界的な企業の圧倒的な参加数は、この時期において大変重要な業界内での情報交換をもたらした。訪問者、そして関心分野の幅広さは目を見張るものがあった。これは出展者、そして全バリューチェーンにそった出展者の製品・技術にも当てはまる」とコメントしている。

 「virtual.drupa」のサービスは、引き続き利用できる。Matchmakingのチャット機能は2021年10月末日まで有効で、さらに動画や基調講演はVideo Libraryで視聴でき、各出展者のOnline Showroomページ同様、2021年12月末日まで閲覧できる。

 なお、次回のdrupaは、2024年5月28日から6月7日まで開催される予定。

最新ニュース

dp_th6310f_tn.jpg

リコー、高ギャップ印刷対応とインク循環機能を備えた産業用インクジェットヘッド発売

2021年11月17日

 (株)リコー(山下良則社長)は、産業用インクジェットヘッドの新製品として、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した「RICOH TH6310F」を2021年11月23日よりグローバルで受...全文を読む

dp_2021_11_25_tn.jpg

日本HP、好評につき「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」を11月25日に再配信

2021年11月17日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは11月25日、「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参...全文を読む

dp_revoria_one_tn.jpg

富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン

2021年11月16日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は11月11日開催のWeb説明会において、印刷市場向けソフトウェアの新バージョン「Revoria One Production Cockpit...全文を読む

dp_fb_ffgs_tn.jpg

富士フイルムBI、12月2・3日「経営変革セミナー2021」をFFGSと共催

2021年11月15日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(富士フイルムBI)主催、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(FFGS)共催による「経営変革セミナー2021 Winter A...全文を読む

コニカミノルタ、新生産プロセスで辰野工場もトナー生産再開

2021年11月9日

 (株)コニカミノルタは、コニカミノルタサプライズ辰野工場においてトナー生産を再開したことを発表した。  コニカミノルタでは、辰野工場における安全対策について専門家および社内有識者によ...全文を読む

新着トピックス

pj_hsf2021_miyakosi_horizondp_tn.jpg

Horizon Smart Factory 2021 レポート

2021年11月18日製品・テクノロジー

 ホリゾングループ主催によるファクトリーオートメーションを体感できるイベント「Horizon Smart Factory 2021(HSF2021)」が、10月18日から22日までの5...全文を読む

dp_watanabe_tukamoto_tn.jpg

富士フイルムBI、ショウルーム「グラフィックコミュニケーション東京」をリニューアル

2021年11月17日企業・経営

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は2021年7月、グラフィックコミュニケーション事業本部の立ち上げにともない、東京・中野坂上のショウルームを「グラフィックコミュニケーション東...全文を読む

dp_kurz_ceo_tn.jpg

クルツジャパン創立50周年記念インタビュー、表面加飾技術で日本の印刷業界に貢献

2021年10月20日企業・経営

 高度な表面加飾技術で印刷物の高付加価値化を支援してきたクルツジャパン(株)は今年、創業50周年を迎える。印刷物に高級感を演出する同社の箔転写技術は、国内印刷業界でも高く評価され、これ...全文を読む

virtual.drupa、4日間で155ヵ国・4万5,000人がアクセス

動画・講演は2021年末まで視聴可能

2021年4月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 drupa史上初となった完全仮想展示会「virtual.drupa」が23日に閉幕した。

 同イベントは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、リアル開催を中止することとなった印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2021」に代わるデジタルイベント。日本企業12社、世界から35ヵ国212社が参加し、4日間の訪問者数は155ヵ国・4万5,000以上(ユニークユーザー、ドイツ国外からの割合82%超)、ページビューは約60万PVとなった。

ページビューは約60万PV

 今回、主要テーマとなったのは「人工知能」「コネクテッドコンシューマー」「プラットフォームエコノミー」「循環型経済」の4分野。この視点に基づいて重要課題や世界的な巨大潮流、その業界に対する影響などに焦点を当てた5つの特別フォーラム(オンラインライブ配信)が130講演、出展者による製品・技術説明は計125本実施され、平均視聴者数は140名だった。

 メッセ・デュッセルドルフのE・ヴィーンカンプ常務取締役は、「virtual.drupaは、パンデミック下においても業界内でのコンタクト維持を可能にした。この成功は数字が立証している」と総括した上で、「出展者と興味を示す関係者はネットワークを強固にし、新たな潜在需要を発掘、そして企業目標にとって重要な動機付けができた」としている。

 また、印刷技術メッセを統括するS・ゲルダーマン氏は、「出展・来場双方の世界的な企業の圧倒的な参加数は、この時期において大変重要な業界内での情報交換をもたらした。訪問者、そして関心分野の幅広さは目を見張るものがあった。これは出展者、そして全バリューチェーンにそった出展者の製品・技術にも当てはまる」とコメントしている。

 「virtual.drupa」のサービスは、引き続き利用できる。Matchmakingのチャット機能は2021年10月末日まで有効で、さらに動画や基調講演はVideo Libraryで視聴でき、各出展者のOnline Showroomページ同様、2021年12月末日まで閲覧できる。

 なお、次回のdrupaは、2024年5月28日から6月7日まで開催される予定。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP