キーワードで検索

virtual.drupa、4日間で155ヵ国・4万5,000人がアクセス

動画・講演は2021年末まで視聴可能

2021年4月30日ニュース

 drupa史上初となった完全仮想展示会「virtual.drupa」が23日に閉幕した。

 同イベントは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、リアル開催を中止することとなった印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2021」に代わるデジタルイベント。日本企業12社、世界から35ヵ国212社が参加し、4日間の訪問者数は155ヵ国・4万5,000以上(ユニークユーザー、ドイツ国外からの割合82%超)、ページビューは約60万PVとなった。

ページビューは約60万PV

 今回、主要テーマとなったのは「人工知能」「コネクテッドコンシューマー」「プラットフォームエコノミー」「循環型経済」の4分野。この視点に基づいて重要課題や世界的な巨大潮流、その業界に対する影響などに焦点を当てた5つの特別フォーラム(オンラインライブ配信)が130講演、出展者による製品・技術説明は計125本実施され、平均視聴者数は140名だった。

 メッセ・デュッセルドルフのE・ヴィーンカンプ常務取締役は、「virtual.drupaは、パンデミック下においても業界内でのコンタクト維持を可能にした。この成功は数字が立証している」と総括した上で、「出展者と興味を示す関係者はネットワークを強固にし、新たな潜在需要を発掘、そして企業目標にとって重要な動機付けができた」としている。

 また、印刷技術メッセを統括するS・ゲルダーマン氏は、「出展・来場双方の世界的な企業の圧倒的な参加数は、この時期において大変重要な業界内での情報交換をもたらした。訪問者、そして関心分野の幅広さは目を見張るものがあった。これは出展者、そして全バリューチェーンにそった出展者の製品・技術にも当てはまる」とコメントしている。

 「virtual.drupa」のサービスは、引き続き利用できる。Matchmakingのチャット機能は2021年10月末日まで有効で、さらに動画や基調講演はVideo Libraryで視聴でき、各出展者のOnline Showroomページ同様、2021年12月末日まで閲覧できる。

 なお、次回のdrupaは、2024年5月28日から6月7日まで開催される予定。

最新ニュース

dp_printcompass_8_30_tn.jpg

リコージャパン、8月度の「印刷業界Now!」で最新の印刷技術トレンドをLIVE配信

2021年8月23日

 リコージャパン(株)の情報発信サイト「Print Compass」が展開するオンラインLIVEイベント「印刷業界Now!」では8月30日、「virtual.drupaや各社動向に見る...全文を読む

dp_hpweb_8_27_tn.jpg

日本HP、9月10日「軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」をテーマにオンラインセミナー開催

2021年8月19日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは9月10日(8月27日から開催日が変更)、「海外成功事例に学...全文を読む

dp_surepress_100_tn.jpg

エプソン、デジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」が国内導入100台を達成

2021年8月10日

 エプソンのデジタルラベル印刷機「SurePress(シュアプレス)シリーズ」が、このほど国内導入100台を達成した。  同社は、2010年10月に独自のインクジェット技術でラベル印刷...全文を読む

dp_rhicoh_hope_tn.jpg

リコージャパン、HOPE会場から印刷業界のDXを考察するセミナーを9月4日にオンライン生中継

2021年8月10日

リコージャパン(株)は、9月3日から北海道札幌市の「アクセスサッポロ」において開催される印刷総合イベント「HOPE2021」に出展するとともに、会期2日目の9月4日13時45分より、「...全文を読む

dp_biopbs_tn.jpg

日本HP、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験にHP Indigoデジタル印刷ソリューションで協力

2021年8月6日

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は、三菱ケミカル(株)(本社/東京都千代田区、和賀昌之社長)が、Jリーグサッカークラブのギラヴァンツ北九州や協力企業、学校と連携して行...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

virtual.drupa、4日間で155ヵ国・4万5,000人がアクセス

動画・講演は2021年末まで視聴可能

2021年4月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 drupa史上初となった完全仮想展示会「virtual.drupa」が23日に閉幕した。

 同イベントは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、リアル開催を中止することとなった印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2021」に代わるデジタルイベント。日本企業12社、世界から35ヵ国212社が参加し、4日間の訪問者数は155ヵ国・4万5,000以上(ユニークユーザー、ドイツ国外からの割合82%超)、ページビューは約60万PVとなった。

ページビューは約60万PV

 今回、主要テーマとなったのは「人工知能」「コネクテッドコンシューマー」「プラットフォームエコノミー」「循環型経済」の4分野。この視点に基づいて重要課題や世界的な巨大潮流、その業界に対する影響などに焦点を当てた5つの特別フォーラム(オンラインライブ配信)が130講演、出展者による製品・技術説明は計125本実施され、平均視聴者数は140名だった。

 メッセ・デュッセルドルフのE・ヴィーンカンプ常務取締役は、「virtual.drupaは、パンデミック下においても業界内でのコンタクト維持を可能にした。この成功は数字が立証している」と総括した上で、「出展者と興味を示す関係者はネットワークを強固にし、新たな潜在需要を発掘、そして企業目標にとって重要な動機付けができた」としている。

 また、印刷技術メッセを統括するS・ゲルダーマン氏は、「出展・来場双方の世界的な企業の圧倒的な参加数は、この時期において大変重要な業界内での情報交換をもたらした。訪問者、そして関心分野の幅広さは目を見張るものがあった。これは出展者、そして全バリューチェーンにそった出展者の製品・技術にも当てはまる」とコメントしている。

 「virtual.drupa」のサービスは、引き続き利用できる。Matchmakingのチャット機能は2021年10月末日まで有効で、さらに動画や基調講演はVideo Libraryで視聴でき、各出展者のOnline Showroomページ同様、2021年12月末日まで閲覧できる。

 なお、次回のdrupaは、2024年5月28日から6月7日まで開催される予定。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP