キーワードで検索

virtual.drupa、4日間で155ヵ国・4万5,000人がアクセス

動画・講演は2021年末まで視聴可能

2021年4月30日ニュース

 drupa史上初となった完全仮想展示会「virtual.drupa」が23日に閉幕した。

 同イベントは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、リアル開催を中止することとなった印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2021」に代わるデジタルイベント。日本企業12社、世界から35ヵ国212社が参加し、4日間の訪問者数は155ヵ国・4万5,000以上(ユニークユーザー、ドイツ国外からの割合82%超)、ページビューは約60万PVとなった。

ページビューは約60万PV

 今回、主要テーマとなったのは「人工知能」「コネクテッドコンシューマー」「プラットフォームエコノミー」「循環型経済」の4分野。この視点に基づいて重要課題や世界的な巨大潮流、その業界に対する影響などに焦点を当てた5つの特別フォーラム(オンラインライブ配信)が130講演、出展者による製品・技術説明は計125本実施され、平均視聴者数は140名だった。

 メッセ・デュッセルドルフのE・ヴィーンカンプ常務取締役は、「virtual.drupaは、パンデミック下においても業界内でのコンタクト維持を可能にした。この成功は数字が立証している」と総括した上で、「出展者と興味を示す関係者はネットワークを強固にし、新たな潜在需要を発掘、そして企業目標にとって重要な動機付けができた」としている。

 また、印刷技術メッセを統括するS・ゲルダーマン氏は、「出展・来場双方の世界的な企業の圧倒的な参加数は、この時期において大変重要な業界内での情報交換をもたらした。訪問者、そして関心分野の幅広さは目を見張るものがあった。これは出展者、そして全バリューチェーンにそった出展者の製品・技術にも当てはまる」とコメントしている。

 「virtual.drupa」のサービスは、引き続き利用できる。Matchmakingのチャット機能は2021年10月末日まで有効で、さらに動画や基調講演はVideo Libraryで視聴でき、各出展者のOnline Showroomページ同様、2021年12月末日まで閲覧できる。

 なお、次回のdrupaは、2024年5月28日から6月7日まで開催される予定。

最新ニュース

dp_grandville_sx30000_tn.jpg

Xeikon、最新機種「Xeikon SX30000」の北米1号機をGrandville社に納入

2021年5月11日

 Xeikonアメリカは5月6日、Grandville社が北米の印刷プロバイダーとしては初めて、Xeikonのグラフィックアーツ向け最新鋭印刷機であるXeikon SX30000を導入...全文を読む

do_if_epson_tn.jpg

エプソン、大判プリンターなど6機種が「iF Design Award 2021」受賞

2021年4月30日

 セイコーエプソン(株)が国内外で販売している大判プリンターなど6機種が「iF Design Award 2021」(インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーバー主催)を受賞した。...全文を読む

dp_ricoh_ij_tn.jpg

リコージャパン、インクジェットによる新たな印刷ビジネスをオンラインLIVEデモで提案

2021年4月30日

 リコージャパン(株)は5月21日、「イッツ・ア・インクジェットワールド!〜インクジェットが織りなす新たな印刷ビジネスの世界〜」と題したオンラインイベントを開催する。  次世代の印刷方...全文を読む

dp_c7100_tn.jpg

コニカミノルタ、上位機種の機能を踏襲したコンパクトモデル「AccurioPress C7100」発売

2021年4月27日

 コニカミノルタ(株)(山名昌衛社長)は、デジタル印刷システム「AccurioPress (アキュリオ プレス) C7100」を5月11日に発売(予定)する。  AccurioPres...全文を読む

dp_ns_40_tn.jpg

KOMORI、印刷速度6,500sphを実現するB1デジタル印刷機の市場投入開始

2021年4月22日

 (株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)は4月20日、40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia NS40(インプレミアNS40)」の販売を...全文を読む

新着トピックス

bigbook_tn.jpg

「オフセットと遜色なし」- 三島由紀夫 超大型写真集[Jet Press 750S採用事例]

2021年4月16日ケーススタディ

 日本近代文学、戦後政治思想において大きな足跡を残した三島由紀夫氏。その死から50年となった2020年11月25日、三島氏の超大型写真集「OTOKO NO SHI」がCCCアートラボ(...全文を読む

a300c29dc17841d4722f515a43fe02f916df8aa3.jpg

丸善印刷、勝田断裁機を初導入 - POD用紙も正確に断裁

2021年4月14日ケーススタディ

 「小ロットというよりも、バリアブル印刷が主流になってきた」。昨今の傾向についてこのように語るのは、全3台のPODを活用し、宛名印字までを含めたチラシやDM、名刺やショップカードなどを...全文を読む

taiyop_jetimira_tn.jpg

大洋印刷、JETI MIRA導入で印刷物の立体表現へ

2021年4月9日ケーススタディ

 商業印刷を手掛ける大洋印刷(株)(本社/東京都大田区昭和島1-6-31、林健司社長)は今年2月、顧客とともに創造するアイデアやデザインを「印刷物」に落とし込むデバイスとして、「厚盛り...全文を読む

virtual.drupa、4日間で155ヵ国・4万5,000人がアクセス

動画・講演は2021年末まで視聴可能

2021年4月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 drupa史上初となった完全仮想展示会「virtual.drupa」が23日に閉幕した。

 同イベントは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、リアル開催を中止することとなった印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2021」に代わるデジタルイベント。日本企業12社、世界から35ヵ国212社が参加し、4日間の訪問者数は155ヵ国・4万5,000以上(ユニークユーザー、ドイツ国外からの割合82%超)、ページビューは約60万PVとなった。

ページビューは約60万PV

 今回、主要テーマとなったのは「人工知能」「コネクテッドコンシューマー」「プラットフォームエコノミー」「循環型経済」の4分野。この視点に基づいて重要課題や世界的な巨大潮流、その業界に対する影響などに焦点を当てた5つの特別フォーラム(オンラインライブ配信)が130講演、出展者による製品・技術説明は計125本実施され、平均視聴者数は140名だった。

 メッセ・デュッセルドルフのE・ヴィーンカンプ常務取締役は、「virtual.drupaは、パンデミック下においても業界内でのコンタクト維持を可能にした。この成功は数字が立証している」と総括した上で、「出展者と興味を示す関係者はネットワークを強固にし、新たな潜在需要を発掘、そして企業目標にとって重要な動機付けができた」としている。

 また、印刷技術メッセを統括するS・ゲルダーマン氏は、「出展・来場双方の世界的な企業の圧倒的な参加数は、この時期において大変重要な業界内での情報交換をもたらした。訪問者、そして関心分野の幅広さは目を見張るものがあった。これは出展者、そして全バリューチェーンにそった出展者の製品・技術にも当てはまる」とコメントしている。

 「virtual.drupa」のサービスは、引き続き利用できる。Matchmakingのチャット機能は2021年10月末日まで有効で、さらに動画や基調講演はVideo Libraryで視聴でき、各出展者のOnline Showroomページ同様、2021年12月末日まで閲覧できる。

 なお、次回のdrupaは、2024年5月28日から6月7日まで開催される予定。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP