キーワードで検索

Xeikon、最新機種「Xeikon SX30000」の北米1号機をGrandville社に納入

2021年5月11日ニュース

 Xeikonアメリカは5月6日、Grandville社が北米の印刷プロバイダーとしては初めて、Xeikonのグラフィックアーツ向け最新鋭印刷機であるXeikon SX30000を導入したことを発表した。Grandville社は、アメリカ中西部の大規模印刷会社。3拠点で事業を展開しており、合計8台のXeikon印刷システムを所有している。
Xeikon SX30000
 昨年末に発表されたXeikon SX30000は、グラフィックアーツ向けデジタル印刷機のフラッグシップモデル。XeikonのSIRIUS(シリウス)ドライトナー技術を採用した、この印刷機は、シングルパスの両面印刷機で、従来機より速度が50%向上しており、毎分30mの高速印刷が可能。SX30000は、高品質書籍、ダイレクトメール、店頭販促物、セキュリティ文書、一般商業印刷など幅広いアプリケーションに適しており、菊半(両面)サイズで毎時2,800枚以上の生産が可能となっている。

 Grandville社に設置されたXeikon SX30000は、小売店の棚用ストリップとタグ、新聞折り込みチラシ、その他の従来の商業印刷物などのアプリケーションに使用される予定。

 Grandville社の生産担当エンジニアであるブルース・ベアリー氏は、「当社のジョブの多くは、24時間以内の納品が要求されている。Xeikon SX30000の速度とその印刷品質には本当に感銘を受けている。当社では、2011年に初めてXeikon印刷機を導入しており、以来、Xeikonの信頼性は、印刷機自体とそれをサポートするスタッフの両面において、この10年間で確実に証明されている」とコメントしている。

 なお、Grandville社は、印刷速度が毎分30m、印刷幅520mmの最新鋭ラベル印刷機「Xeikon CX500」も導入している。

最新ニュース

dp_insatubito_tn.jpg

中本本店、新たな印刷サービス「インサツビト」開始

2021年5月26日

 (株)中本本店(広島県広島市、中本俊之社長)は、5月25日より新しいタイプの印刷サービス「インサツビト」を開始した。  「インサツビト」は、印刷の国家技能検定一級を持つ印刷技能士やデ...全文を読む

dp_ricoh pro z75_tn.jpg

リコー、国内商印市場向けに四六半裁サイズ対応の高速枚葉インクジェットプリンター発売

2021年5月24日

 (株)リコー(山下良則社長)は、国内商用印刷市場向けに枚葉タイプ(カットシート)の高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」を2022年秋に発売する。...全文を読む

dp_compas_tn.jpg

リコージャパン、情報発信サイト「Print Compass」でユポ×PODの活用事例を公開中

2021年5月21日

 リコージャパン(株)は、顧客である印刷業と共に創る未来に向けて、「Compass=方向を示す羅針盤」になる情報発信を行うサイト「Print Compass」で展開している「売上アップ...全文を読む

dp_dinos_lab_tn.jpg

DINOS CORPORATION、社内回収古紙を再生したR100自社再生紙で社内報を発行

2021年5月20日

 (株)DINOS CORPORATION(本社/東京都中野区、石川順一社長)は、インターナルコミュニケーションの一環で、社内業務で排出されるコピー用紙など古紙を回収し、セイコーエプソ...全文を読む

dp_cimpress_100k_tn.jpg

HP、シンプレスとHP Indigoデジタル印刷機の複数年契約を締結

2021年5月19日

 HPは、このほどマスカスタマイゼーションにおける世界的リーダーであるシンプレスと、オンライン印刷によるパーソナライズ商品市場を拡大するために次世代「HP Indigoデジタル印刷機」...全文を読む

新着トピックス

hp_indigo_7k_eiko_dp_tn.jpg

同人誌印刷の栄光、「HP Indigo 7K デジタル印刷機」導入

2021年6月3日ケーススタディ

 (株)日本HPは、同人誌印刷の国内大手企業である(株)栄光(本社/広島県福山市、岡田一社長)が、「HP Indigo 7K デジタル印刷機」を導入したと発表した。  栄光は、1975...全文を読む

bigbook_tn.jpg

「オフセットと遜色なし」- 三島由紀夫 超大型写真集[Jet Press 750S採用事例]

2021年4月16日ケーススタディ

 日本近代文学、戦後政治思想において大きな足跡を残した三島由紀夫氏。その死から50年となった2020年11月25日、三島氏の超大型写真集「OTOKO NO SHI」がCCCアートラボ(...全文を読む

a300c29dc17841d4722f515a43fe02f916df8aa3.jpg

丸善印刷、勝田断裁機を初導入 - POD用紙も正確に断裁

2021年4月14日ケーススタディ

 「小ロットというよりも、バリアブル印刷が主流になってきた」。昨今の傾向についてこのように語るのは、全3台のPODを活用し、宛名印字までを含めたチラシやDM、名刺やショップカードなどを...全文を読む

Xeikon、最新機種「Xeikon SX30000」の北米1号機をGrandville社に納入

2021年5月11日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 Xeikonアメリカは5月6日、Grandville社が北米の印刷プロバイダーとしては初めて、Xeikonのグラフィックアーツ向け最新鋭印刷機であるXeikon SX30000を導入したことを発表した。Grandville社は、アメリカ中西部の大規模印刷会社。3拠点で事業を展開しており、合計8台のXeikon印刷システムを所有している。
Xeikon SX30000
 昨年末に発表されたXeikon SX30000は、グラフィックアーツ向けデジタル印刷機のフラッグシップモデル。XeikonのSIRIUS(シリウス)ドライトナー技術を採用した、この印刷機は、シングルパスの両面印刷機で、従来機より速度が50%向上しており、毎分30mの高速印刷が可能。SX30000は、高品質書籍、ダイレクトメール、店頭販促物、セキュリティ文書、一般商業印刷など幅広いアプリケーションに適しており、菊半(両面)サイズで毎時2,800枚以上の生産が可能となっている。

 Grandville社に設置されたXeikon SX30000は、小売店の棚用ストリップとタグ、新聞折り込みチラシ、その他の従来の商業印刷物などのアプリケーションに使用される予定。

 Grandville社の生産担当エンジニアであるブルース・ベアリー氏は、「当社のジョブの多くは、24時間以内の納品が要求されている。Xeikon SX30000の速度とその印刷品質には本当に感銘を受けている。当社では、2011年に初めてXeikon印刷機を導入しており、以来、Xeikonの信頼性は、印刷機自体とそれをサポートするスタッフの両面において、この10年間で確実に証明されている」とコメントしている。

 なお、Grandville社は、印刷速度が毎分30m、印刷幅520mmの最新鋭ラベル印刷機「Xeikon CX500」も導入している。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP