キーワードで検索

DINOS CORPORATION、社内回収古紙を再生したR100自社再生紙で社内報を発行

セイコーエプソンの乾式オフィス製紙機「PaperLab」で製紙した用紙を社内報に使用

2021年5月20日ニュース

 (株)DINOS CORPORATION(本社/東京都中野区、石川順一社長)は、インターナルコミュニケーションの一環で、社内業務で排出されるコピー用紙など古紙を回収し、セイコーエプソン(株)(本社/長野県諏訪市)の製品である乾式オフィス製紙機「PaperLab」で再生した、R100自社再生紙による紙媒体の社内報を今年度より発行する。同社内報は、カタログ通販企業として従業員に対し、社内古紙を社内報へとアップサイクルすることを通じ、紙の価値と自然環境の2つの視点を同時に伝えていく役割も担っている。
DINOS CORPORATION社内報「Everything Has A Story」の表紙周り
 DINOS CORPORATIONでは、今年創業50周年を迎える通販ブランド「ディノス」が、テレビ・ECに加え、長年、顧客に対するコミュニケーションツールとしてカタログ等紙媒体を展開しているが、一方で、持続可能な社会の実現に貢献するため、本年策定した「サステナビリティビジョン2030」において、自然環境に対する取り組みの一つに「責任ある紙の使用」を掲げている。

 紙によって伝えていくことの価値を大切にする企業として、これまでの社内コミュニケーションでも、Webに加えて紙メディアも用いてきたが、今年3月からの社名変更・新体制スタートを機に、社内古紙を再生したR100自社再生紙を使用することで、紙媒体の価値に環境保全視点も加えた社内報として今年度リニューアルした。
セイコーエプソン本社の「 PaperLab」で製紙
 コロナ禍でのテレワーク推進等もあり、ここ数年でペーパレス化が進み業務での紙使用量は減少しているものの、社内複数ヵ所に専用ボックスを設置して細かく古紙回収を促し、さらに不要となった保存書類なども併せて、A4サイズの古紙を回収。これら約13,000枚から、独自技術ドライファイバーテクノロジーでオフィスでの紙循環を実現した「PaperLab」を用いて、150g/平米の厚みでA3サイズ3,000枚を製紙し、同社社内報用紙として使用する。

最新ニュース

dp_sc_t7750d_tn.jpg

エプソン、レッドインクやグレーインクを搭載したSureColorシリーズの6色モデル発売

2021年7月5日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズ新商品として、本体とスタンドが一体となったスタイリッシュなデザインで、鮮やかな赤を含むPOPポスター...全文を読む

dp_sc_f10050h_tn.jpg

エプソン、6色インク搭載で高画質と高速プリントを両立した昇華転写プリンター発売

2021年7月5日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズ新商品として、6色インクを搭載し、粒状感の少ない美しい高画質と高速プリントを両立した76インチ対応の...全文を読む

dp_cf168_tn.jpg

富士フイルムビジネスイノベーション、新ブランドの基幹業務用モノクロ高速連帳プリンター発売

2021年7月1日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(本社/東京都港区、真茅久則社長・CEO)は、プロダクション関連商品の新たなブランド「Revoria(レヴォリア)」より、コンピュータープリン...全文を読む

dp_ccl_35k_tn.jpg

HP、ラベル・パッケージソリューションを提供するCCLが100台目のHP Indigoを導入

2021年7月1日

 HP(米国)は、CCL Industries Inc.(以下、「CCL」)が100台目となるHP Indigoデジタル印刷機を導入したことを発表した。  CCLは、グローバル企業、政...全文を読む

dp_healthya_tn.jpg

リコー、可変情報印字を可能とするインライン高速印刷ソリューションを発売

2021年6月29日

 (株)リコーは、高速生産ラインの速度に追従しながら可変情報印字を可能とするインライン(生産工程)プリンティングソリューション「RICOH FC-LDA Printer 500」の発売...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

DINOS CORPORATION、社内回収古紙を再生したR100自社再生紙で社内報を発行

セイコーエプソンの乾式オフィス製紙機「PaperLab」で製紙した用紙を社内報に使用

2021年5月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)DINOS CORPORATION(本社/東京都中野区、石川順一社長)は、インターナルコミュニケーションの一環で、社内業務で排出されるコピー用紙など古紙を回収し、セイコーエプソン(株)(本社/長野県諏訪市)の製品である乾式オフィス製紙機「PaperLab」で再生した、R100自社再生紙による紙媒体の社内報を今年度より発行する。同社内報は、カタログ通販企業として従業員に対し、社内古紙を社内報へとアップサイクルすることを通じ、紙の価値と自然環境の2つの視点を同時に伝えていく役割も担っている。
DINOS CORPORATION社内報「Everything Has A Story」の表紙周り
 DINOS CORPORATIONでは、今年創業50周年を迎える通販ブランド「ディノス」が、テレビ・ECに加え、長年、顧客に対するコミュニケーションツールとしてカタログ等紙媒体を展開しているが、一方で、持続可能な社会の実現に貢献するため、本年策定した「サステナビリティビジョン2030」において、自然環境に対する取り組みの一つに「責任ある紙の使用」を掲げている。

 紙によって伝えていくことの価値を大切にする企業として、これまでの社内コミュニケーションでも、Webに加えて紙メディアも用いてきたが、今年3月からの社名変更・新体制スタートを機に、社内古紙を再生したR100自社再生紙を使用することで、紙媒体の価値に環境保全視点も加えた社内報として今年度リニューアルした。
セイコーエプソン本社の「 PaperLab」で製紙
 コロナ禍でのテレワーク推進等もあり、ここ数年でペーパレス化が進み業務での紙使用量は減少しているものの、社内複数ヵ所に専用ボックスを設置して細かく古紙回収を促し、さらに不要となった保存書類なども併せて、A4サイズの古紙を回収。これら約13,000枚から、独自技術ドライファイバーテクノロジーでオフィスでの紙循環を実現した「PaperLab」を用いて、150g/平米の厚みでA3サイズ3,000枚を製紙し、同社社内報用紙として使用する。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP