キーワードで検索

DINOS CORPORATION、社内回収古紙を再生したR100自社再生紙で社内報を発行

セイコーエプソンの乾式オフィス製紙機「PaperLab」で製紙した用紙を社内報に使用

2021年5月20日ニュース

 (株)DINOS CORPORATION(本社/東京都中野区、石川順一社長)は、インターナルコミュニケーションの一環で、社内業務で排出されるコピー用紙など古紙を回収し、セイコーエプソン(株)(本社/長野県諏訪市)の製品である乾式オフィス製紙機「PaperLab」で再生した、R100自社再生紙による紙媒体の社内報を今年度より発行する。同社内報は、カタログ通販企業として従業員に対し、社内古紙を社内報へとアップサイクルすることを通じ、紙の価値と自然環境の2つの視点を同時に伝えていく役割も担っている。
DINOS CORPORATION社内報「Everything Has A Story」の表紙周り
 DINOS CORPORATIONでは、今年創業50周年を迎える通販ブランド「ディノス」が、テレビ・ECに加え、長年、顧客に対するコミュニケーションツールとしてカタログ等紙媒体を展開しているが、一方で、持続可能な社会の実現に貢献するため、本年策定した「サステナビリティビジョン2030」において、自然環境に対する取り組みの一つに「責任ある紙の使用」を掲げている。

 紙によって伝えていくことの価値を大切にする企業として、これまでの社内コミュニケーションでも、Webに加えて紙メディアも用いてきたが、今年3月からの社名変更・新体制スタートを機に、社内古紙を再生したR100自社再生紙を使用することで、紙媒体の価値に環境保全視点も加えた社内報として今年度リニューアルした。
セイコーエプソン本社の「 PaperLab」で製紙
 コロナ禍でのテレワーク推進等もあり、ここ数年でペーパレス化が進み業務での紙使用量は減少しているものの、社内複数ヵ所に専用ボックスを設置して細かく古紙回収を促し、さらに不要となった保存書類なども併せて、A4サイズの古紙を回収。これら約13,000枚から、独自技術ドライファイバーテクノロジーでオフィスでの紙循環を実現した「PaperLab」を用いて、150g/平米の厚みでA3サイズ3,000枚を製紙し、同社社内報用紙として使用する。

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

dp_06_23_tn.jpg

日本HP、オンラインセミナー「HP Indigo新製品で実現するアナログ to デジタル」6月23日開催

2022年5月23日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルは6月23日、オンラインセミナー「値上げラッシュの今だか...全文を読む

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20...全文を読む

新着トピックス

dp_risapress_20_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESSが発売20周年〜今後も高精細印字で社会に貢献

2022年5月16日企業・経営

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が販売するオンデマンド印刷システム「RISAPRESS(リサプレス)」シリーズが、このほど発売20周年を迎えた。2002年4月、モノクロオンデマンド印刷...全文を読む

higuchip_2022_dp_tn.jpg

樋口印刷所(大阪)、発注者の「妥協」を払拭[Jet Press導入事例]

2022年4月11日企業・経営

 (有)樋口印刷所(大阪市東住吉区桑津、樋口裕規社長)は昨年12月、「SDGsへの貢献」を旗印に、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750...全文を読む

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

DINOS CORPORATION、社内回収古紙を再生したR100自社再生紙で社内報を発行

セイコーエプソンの乾式オフィス製紙機「PaperLab」で製紙した用紙を社内報に使用

2021年5月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)DINOS CORPORATION(本社/東京都中野区、石川順一社長)は、インターナルコミュニケーションの一環で、社内業務で排出されるコピー用紙など古紙を回収し、セイコーエプソン(株)(本社/長野県諏訪市)の製品である乾式オフィス製紙機「PaperLab」で再生した、R100自社再生紙による紙媒体の社内報を今年度より発行する。同社内報は、カタログ通販企業として従業員に対し、社内古紙を社内報へとアップサイクルすることを通じ、紙の価値と自然環境の2つの視点を同時に伝えていく役割も担っている。
DINOS CORPORATION社内報「Everything Has A Story」の表紙周り
 DINOS CORPORATIONでは、今年創業50周年を迎える通販ブランド「ディノス」が、テレビ・ECに加え、長年、顧客に対するコミュニケーションツールとしてカタログ等紙媒体を展開しているが、一方で、持続可能な社会の実現に貢献するため、本年策定した「サステナビリティビジョン2030」において、自然環境に対する取り組みの一つに「責任ある紙の使用」を掲げている。

 紙によって伝えていくことの価値を大切にする企業として、これまでの社内コミュニケーションでも、Webに加えて紙メディアも用いてきたが、今年3月からの社名変更・新体制スタートを機に、社内古紙を再生したR100自社再生紙を使用することで、紙媒体の価値に環境保全視点も加えた社内報として今年度リニューアルした。
セイコーエプソン本社の「 PaperLab」で製紙
 コロナ禍でのテレワーク推進等もあり、ここ数年でペーパレス化が進み業務での紙使用量は減少しているものの、社内複数ヵ所に専用ボックスを設置して細かく古紙回収を促し、さらに不要となった保存書類なども併せて、A4サイズの古紙を回収。これら約13,000枚から、独自技術ドライファイバーテクノロジーでオフィスでの紙循環を実現した「PaperLab」を用いて、150g/平米の厚みでA3サイズ3,000枚を製紙し、同社社内報用紙として使用する。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP