キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • リコー、国内商印市場向けに四六半裁サイズ対応の高速枚葉インクジェッ...

リコー、国内商印市場向けに四六半裁サイズ対応の高速枚葉インクジェットプリンター発売

2021年5月24日ニュース

 (株)リコー(山下良則社長)は、国内商用印刷市場向けに枚葉タイプ(カットシート)の高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」を2022年秋に発売する。
高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」
 近年、国内商用印刷市場では、印刷物の多品種小ロット化やダイレクトメールに代表されるパーソナライズされたアプリケーションの増加により、デジタル化のニーズが高まっている。一方で多くの印刷事業者では、オフセット印刷からのデジタル化が進んでいないことが課題となっている。現在、デジタル機を検討・導入しているユーザーから寄せられる多くの要望は、さらなる高生産性、薄紙対応、両面印刷対応、低ランニングコスト、四六半裁サイズ対応、そしてスキルレスによる容易な人材確保に関するものであり、今回、発表された「RICOH Pro Z75」は、これら要望に対応し、印刷事業者の課題解決を後押しする

 「RICOH Pro Z75」は、リコー初となる印刷事業者向けの枚葉インクジェットプリンター。新開発の水性顔料インクとリコー独自のプリントヘッドの組み合わせにより、オフセットに迫る画像品質が可能となっている。この水性顔料インクは、同時に環境負荷リスクの低減にも貢献する。

 同機は、片面最大4,500枚/時の高速出力と1,200dpi×1,200dpiの高解像度に加え、自動両面印刷機能も搭載しており、シンプルオペレーションによる高い生産性を実現。対応用紙サイズは、最大545×788mmの四六半裁サイズまでサポートし、オフセット印刷機と同等の多面付けが可能となる。これによりマニュアルやパンフレット、書籍など様々な小ロット印刷物のデジタル印刷への移行を加速させ、業務の効率化に貢献する。

 さらに、印刷事業者が対応できるアプリケーションの拡大を実現するために、薄紙で発生するコックリング(ひじわ)を強力に低減させる新開発の乾燥システムを搭載している。

 同社では、「RICOH Pro Z75」を国内市場に投入することで、印刷事業者のデジタル化への移行を加速させ、新たな事業領域の拡大、環境負荷の低減を支援していく。

最新ニュース

swissQprint、FESPA2021で第4世代フラットベッドプリンタの新モデル

2021年10月11日

 swissQprintの第4世代となるフラットベッドプリンタの新モデルが2021年10月に登場する。10月12日〜15日にオランダ・アムステルダムで開催される「FESPA2021」で...全文を読む

hsf2021_semina_tn.jpg

HSF2021、多彩なテーマを設定したセミナー11セッションを用意

2021年10月7日

 「つながるFactory Automation」をテーマに、パートナー企業各社と連携するポストプレス視点のワークフローを提案していく「Horizon Smart Factory 20...全文を読む

mimaki_3dp3logo_tn.jpg

ミマキ、3Dプリンタで使用する3Dデータのエラー修正と形状を自動で最適化

2021年10月6日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、3Dプリンタの造形時に用いる3Dデータを自動でエラー修正し、形状を最適化するクラウドソフトウェアサービス「Mimaki 3D Prin...全文を読む

dp_hp_secure_tn.jpg

日本HP、セキュリティ印刷とブランド保護の新技術「HP Indigo Secure 」をオンラインで初披露

2021年10月6日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルでは10月28日、「初披露 HP Indigo Secu...全文を読む

dp_tsf_tv_vol_tn.jpg

TSF TV、「RMGT970で印刷した用紙をFoldLinerにAGVで運んでみた!!」配信開始

2021年10月1日

 Think Smart Factory(TSF)実行委員会が開局したYouTubeチャンネル「TSF TV」では、このほど6つ目のコンテンツ「RMGT970で印刷した用紙をFoldL...全文を読む

新着トピックス

agfa_kingp_jeti_tauro_dp_tn.jpg

キングプリンティング、高速大判IJプリンタ「JETI TAURO」国内1号機導入

2021年10月11日ケーススタディ

 大型オフセット印刷と大判インクジェット印刷を両輪に、屋外広告や店頭タペストリー、サイン&ディスプレイなどのビジュアルコミュニケーション事業を展開するキングプリンティング(株)(本社/...全文を読む

prinergy_on_demand_dp_tn.jpg

コダック、Virtual Press ConferenceでデジタルプレスやSaaSソリューション発表

2021年10月8日製品・テクノロジー

 コダック社は10月6日、Virtual Press Conferenceを開催し、デジタルおよびオフセットソリューションにおける包括的ラインアップの拡充を発表した。 小売り/POPお...全文を読む

dp_ij_km_1e_dp_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、KM-1eで印刷業界のDXを提案

2021年10月6日製品・テクノロジー

 2020年6月、コニカミノルタは、進化を遂げた29インチ枚葉インクジェット印刷機の新モデル「AccurioJet(アキュリオ ジェット)KM-1e(以下、KM-1e)」を全世界に向け...全文を読む

リコー、国内商印市場向けに四六半裁サイズ対応の高速枚葉インクジェットプリンター発売

2021年5月24日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)リコー(山下良則社長)は、国内商用印刷市場向けに枚葉タイプ(カットシート)の高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」を2022年秋に発売する。
高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」
 近年、国内商用印刷市場では、印刷物の多品種小ロット化やダイレクトメールに代表されるパーソナライズされたアプリケーションの増加により、デジタル化のニーズが高まっている。一方で多くの印刷事業者では、オフセット印刷からのデジタル化が進んでいないことが課題となっている。現在、デジタル機を検討・導入しているユーザーから寄せられる多くの要望は、さらなる高生産性、薄紙対応、両面印刷対応、低ランニングコスト、四六半裁サイズ対応、そしてスキルレスによる容易な人材確保に関するものであり、今回、発表された「RICOH Pro Z75」は、これら要望に対応し、印刷事業者の課題解決を後押しする

 「RICOH Pro Z75」は、リコー初となる印刷事業者向けの枚葉インクジェットプリンター。新開発の水性顔料インクとリコー独自のプリントヘッドの組み合わせにより、オフセットに迫る画像品質が可能となっている。この水性顔料インクは、同時に環境負荷リスクの低減にも貢献する。

 同機は、片面最大4,500枚/時の高速出力と1,200dpi×1,200dpiの高解像度に加え、自動両面印刷機能も搭載しており、シンプルオペレーションによる高い生産性を実現。対応用紙サイズは、最大545×788mmの四六半裁サイズまでサポートし、オフセット印刷機と同等の多面付けが可能となる。これによりマニュアルやパンフレット、書籍など様々な小ロット印刷物のデジタル印刷への移行を加速させ、業務の効率化に貢献する。

 さらに、印刷事業者が対応できるアプリケーションの拡大を実現するために、薄紙で発生するコックリング(ひじわ)を強力に低減させる新開発の乾燥システムを搭載している。

 同社では、「RICOH Pro Z75」を国内市場に投入することで、印刷事業者のデジタル化への移行を加速させ、新たな事業領域の拡大、環境負荷の低減を支援していく。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP