キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • リコー、国内商印市場向けに四六半裁サイズ対応の高速枚葉インクジェッ...

リコー、国内商印市場向けに四六半裁サイズ対応の高速枚葉インクジェットプリンター発売

2021年5月24日ニュース

 (株)リコー(山下良則社長)は、国内商用印刷市場向けに枚葉タイプ(カットシート)の高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」を2022年秋に発売する。
高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」
 近年、国内商用印刷市場では、印刷物の多品種小ロット化やダイレクトメールに代表されるパーソナライズされたアプリケーションの増加により、デジタル化のニーズが高まっている。一方で多くの印刷事業者では、オフセット印刷からのデジタル化が進んでいないことが課題となっている。現在、デジタル機を検討・導入しているユーザーから寄せられる多くの要望は、さらなる高生産性、薄紙対応、両面印刷対応、低ランニングコスト、四六半裁サイズ対応、そしてスキルレスによる容易な人材確保に関するものであり、今回、発表された「RICOH Pro Z75」は、これら要望に対応し、印刷事業者の課題解決を後押しする

 「RICOH Pro Z75」は、リコー初となる印刷事業者向けの枚葉インクジェットプリンター。新開発の水性顔料インクとリコー独自のプリントヘッドの組み合わせにより、オフセットに迫る画像品質が可能となっている。この水性顔料インクは、同時に環境負荷リスクの低減にも貢献する。

 同機は、片面最大4,500枚/時の高速出力と1,200dpi×1,200dpiの高解像度に加え、自動両面印刷機能も搭載しており、シンプルオペレーションによる高い生産性を実現。対応用紙サイズは、最大545×788mmの四六半裁サイズまでサポートし、オフセット印刷機と同等の多面付けが可能となる。これによりマニュアルやパンフレット、書籍など様々な小ロット印刷物のデジタル印刷への移行を加速させ、業務の効率化に貢献する。

 さらに、印刷事業者が対応できるアプリケーションの拡大を実現するために、薄紙で発生するコックリング(ひじわ)を強力に低減させる新開発の乾燥システムを搭載している。

 同社では、「RICOH Pro Z75」を国内市場に投入することで、印刷事業者のデジタル化への移行を加速させ、新たな事業領域の拡大、環境負荷の低減を支援していく。

最新ニュース

dp_sc_t7750d_tn.jpg

エプソン、レッドインクやグレーインクを搭載したSureColorシリーズの6色モデル発売

2021年7月5日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズ新商品として、本体とスタンドが一体となったスタイリッシュなデザインで、鮮やかな赤を含むPOPポスター...全文を読む

dp_sc_f10050h_tn.jpg

エプソン、6色インク搭載で高画質と高速プリントを両立した昇華転写プリンター発売

2021年7月5日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズ新商品として、6色インクを搭載し、粒状感の少ない美しい高画質と高速プリントを両立した76インチ対応の...全文を読む

dp_cf168_tn.jpg

富士フイルムビジネスイノベーション、新ブランドの基幹業務用モノクロ高速連帳プリンター発売

2021年7月1日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(本社/東京都港区、真茅久則社長・CEO)は、プロダクション関連商品の新たなブランド「Revoria(レヴォリア)」より、コンピュータープリン...全文を読む

dp_ccl_35k_tn.jpg

HP、ラベル・パッケージソリューションを提供するCCLが100台目のHP Indigoを導入

2021年7月1日

 HP(米国)は、CCL Industries Inc.(以下、「CCL」)が100台目となるHP Indigoデジタル印刷機を導入したことを発表した。  CCLは、グローバル企業、政...全文を読む

dp_healthya_tn.jpg

リコー、可変情報印字を可能とするインライン高速印刷ソリューションを発売

2021年6月29日

 (株)リコーは、高速生産ラインの速度に追従しながら可変情報印字を可能とするインライン(生産工程)プリンティングソリューション「RICOH FC-LDA Printer 500」の発売...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

リコー、国内商印市場向けに四六半裁サイズ対応の高速枚葉インクジェットプリンター発売

2021年5月24日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)リコー(山下良則社長)は、国内商用印刷市場向けに枚葉タイプ(カットシート)の高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」を2022年秋に発売する。
高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」
 近年、国内商用印刷市場では、印刷物の多品種小ロット化やダイレクトメールに代表されるパーソナライズされたアプリケーションの増加により、デジタル化のニーズが高まっている。一方で多くの印刷事業者では、オフセット印刷からのデジタル化が進んでいないことが課題となっている。現在、デジタル機を検討・導入しているユーザーから寄せられる多くの要望は、さらなる高生産性、薄紙対応、両面印刷対応、低ランニングコスト、四六半裁サイズ対応、そしてスキルレスによる容易な人材確保に関するものであり、今回、発表された「RICOH Pro Z75」は、これら要望に対応し、印刷事業者の課題解決を後押しする

 「RICOH Pro Z75」は、リコー初となる印刷事業者向けの枚葉インクジェットプリンター。新開発の水性顔料インクとリコー独自のプリントヘッドの組み合わせにより、オフセットに迫る画像品質が可能となっている。この水性顔料インクは、同時に環境負荷リスクの低減にも貢献する。

 同機は、片面最大4,500枚/時の高速出力と1,200dpi×1,200dpiの高解像度に加え、自動両面印刷機能も搭載しており、シンプルオペレーションによる高い生産性を実現。対応用紙サイズは、最大545×788mmの四六半裁サイズまでサポートし、オフセット印刷機と同等の多面付けが可能となる。これによりマニュアルやパンフレット、書籍など様々な小ロット印刷物のデジタル印刷への移行を加速させ、業務の効率化に貢献する。

 さらに、印刷事業者が対応できるアプリケーションの拡大を実現するために、薄紙で発生するコックリング(ひじわ)を強力に低減させる新開発の乾燥システムを搭載している。

 同社では、「RICOH Pro Z75」を国内市場に投入することで、印刷事業者のデジタル化への移行を加速させ、新たな事業領域の拡大、環境負荷の低減を支援していく。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP