キーワードで検索

KOMORI、ArtronグループとB1デジタル印刷機「インプレミアNS40」の中国初導入で基本合意

2021年6月29日ニュース

 (株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)は6月24日、中国のArtron Art Group Co. Ltd.(以下、Artronグループ)と40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia NS40(インプレミアNS40)」に関する基本合意を締結した。
両社は「インプレミアNS40」の中国初導入で基本合意
 ArtronグループとKOMORIは、6月27日まで開催された「China Print 2021」の会期中に合わせ、中国では初となるインプレミアNS40の導入に関する基本合意を締結。この合意は、Artronグループの新たな戦略事業展開において、高速B1サイズのデジタル印刷機の活用が肝要との判断に基づき行われたもの。

 Artronグループは1993年に創業し、美術書籍やオークションカタログをはじめとした芸術印刷分野を手掛ける中国トップの印刷会社。同社の制作する芸術関係の印刷物は、世界の著名なデザイナーにも高く評価されている。同社とKOMORIは1996年以来25年にわたり、印刷における戦略的な協力関係を築いている。

 インプレミアNS40は、これまで培ってきたKOMORIの技術をベースに、画像転写ブランケットを用いるという他にはないユニークな構成により、B1サイズ×6,500sphの印刷速度を実現する最新デジタル印刷機。⼀般的な水性インクジェット印刷機の場合、射出されたインクが直接原反に印字されるため、インクの水分が原反に浸透し、乾燥に多大なエネルギーを必要とするとなどの課題があった。一方、インプレミアNS40の印刷では、プリントヘッドより射出された水性ナノインクが、画像転写ブランケット上で薄い被膜を形成。その後、ブランケット上で乾燥され、内部の水分が飛ばされた状態のインクが転写されるため、原反に染み込まず、高速でも乾燥が可能。このユニークな構成により、6,500回転という最高クラスの印刷速度を実現している。
インプレミアNS40
 同機は、今年4月より日本、中国、北米、欧州で販売を開始。他市場については順次販売を計画している。また、機械構成は、4色+コーター、7色+コーターの2モデルとなる。

最新ニュース

hp_indigo25k_epac_tn.jpg

HPとePac、アジア太平洋地域における軟包装の需要拡大にIndigoで対応

2021年12月15日

 HP Inc.(以下「HP」)は、ePac Flexible Packaging(以下「ePac」)との連携を拡大し、アジア太平洋地域における中小規模のブランドに、高品質で持続可能な...全文を読む

hp_17_webinar_dp_tn.jpg

日本HP、12月17日「FSDU」テーマにオンラインセミナー開催

2021年12月9日

 日本HPは、12月17日(金)15時から「自立式ディスプレイユニット(FSDU)で機会を拡大する方法」をテーマに大判プリンターオンラインセミナーを開催する。  セミナーでは、市場規模...全文を読む

日本HP、12月15日「大判プリンターオンラインセミナー」開催

2021年12月8日

 日本HPは、12月15日(水)15時から「大判プリンターオンラインセミナー」を開催する。  「HP Latexユーザー様に聞く『変化とチャレンジ』」と題し、福井県の本拠を置く(株)ホ...全文を読む

oosaka_7800_tn.jpg

日本HP、大阪印刷がHP認定中古機販売プログラム対応モデル「HP Indigo 7CPOデジタル印刷機」導入

2021年12月6日

 (株)日本HP(本社/東京都港区、岡戸伸樹社長)は12月6日、漫画やアニメの同人誌および関連グッズ印刷において業界をリードする大阪印刷(株)(本社/大阪府大阪市、根田貴裕代表、以下「...全文を読む

dp_hp_70_tn.jpg

日本HP、IndigoとPageWide Web Pressの2本立てで構成するオンラインセミナーを12月16日に開催

2021年12月2日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルでは12月16日、HP Indigoデジタル印刷機とHP...全文を読む

新着トピックス

eikoh_2021t_indigo_tn.jpg

栄光、HP Indigo 7K導入で同人誌の広色域ニーズに対応

2021年12月8日ケーススタディ

 同人誌印刷の国内最大手である(株)栄光(本社/広島県福山市、岡田一社長、https://www.eikou.com)が「HP Indigo 7K デジタル印刷機」を導入した。同機は、...全文を読む

dp_uchida_lab_tn.jpg

ウチダテクノ、設備連携で効率化を支援〜「スモールパッケージ」提案

2021年11月22日製品・テクノロジー

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区)は、「新しい捉え方を創造する」というコンセプトのもと、省力化提案を通じて、顧客に最適な作業環境を実現する多彩な製品を提供している。  自動化に...全文を読む

ダックエンジニアリング、検査機を活用したDX提案〜ビジネスモデルや組織の変革が可能

2021年11月18日ケーススタディ

  スマートファクトリーというと、現場の改革と捉えるのが一般的な考え方だ。しかし、ダックエンジニアリング(株)(本社/京都市南区)の氷上好孝社長は、「検査装置の活用を通じて、現場の改革...全文を読む

KOMORI、ArtronグループとB1デジタル印刷機「インプレミアNS40」の中国初導入で基本合意

2021年6月29日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)は6月24日、中国のArtron Art Group Co. Ltd.(以下、Artronグループ)と40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia NS40(インプレミアNS40)」に関する基本合意を締結した。
両社は「インプレミアNS40」の中国初導入で基本合意
 ArtronグループとKOMORIは、6月27日まで開催された「China Print 2021」の会期中に合わせ、中国では初となるインプレミアNS40の導入に関する基本合意を締結。この合意は、Artronグループの新たな戦略事業展開において、高速B1サイズのデジタル印刷機の活用が肝要との判断に基づき行われたもの。

 Artronグループは1993年に創業し、美術書籍やオークションカタログをはじめとした芸術印刷分野を手掛ける中国トップの印刷会社。同社の制作する芸術関係の印刷物は、世界の著名なデザイナーにも高く評価されている。同社とKOMORIは1996年以来25年にわたり、印刷における戦略的な協力関係を築いている。

 インプレミアNS40は、これまで培ってきたKOMORIの技術をベースに、画像転写ブランケットを用いるという他にはないユニークな構成により、B1サイズ×6,500sphの印刷速度を実現する最新デジタル印刷機。⼀般的な水性インクジェット印刷機の場合、射出されたインクが直接原反に印字されるため、インクの水分が原反に浸透し、乾燥に多大なエネルギーを必要とするとなどの課題があった。一方、インプレミアNS40の印刷では、プリントヘッドより射出された水性ナノインクが、画像転写ブランケット上で薄い被膜を形成。その後、ブランケット上で乾燥され、内部の水分が飛ばされた状態のインクが転写されるため、原反に染み込まず、高速でも乾燥が可能。このユニークな構成により、6,500回転という最高クラスの印刷速度を実現している。
インプレミアNS40
 同機は、今年4月より日本、中国、北米、欧州で販売を開始。他市場については順次販売を計画している。また、機械構成は、4色+コーター、7色+コーターの2モデルとなる。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP