キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミヤコシ、ワンタワーでフルカラー両面印刷を実現するコンパクトIJ機...

ミヤコシ、ワンタワーでフルカラー両面印刷を実現するコンパクトIJ機「MJP20EXG」披露

2021年8月3日ニュース

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は7月28日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、報道関係者を対象に今年8月6日より販売を開始するインクジェットプリンターの最新機種「MJP20EXG」の内覧会を開催し、実演などを通じて、その機能を披露した。
ワンタワー両面フルカラーインクジェットプリンター「MJP20EXG」
 開催に先立ち挨拶した同社・企画開発本部の亀井雅彦本部長は、「MJP20EXG」の特長として「コンパクト設計」「圧倒的な価格競争力」「後加工機との連携」の3点を挙げた上で「ワンタワーでありながら両面印刷ができ、さらには160m/分の高速印刷を実現する。また、バリアブル加工にも柔軟に対応できるので、多彩なアプリケーション用途で使用できる」と、同機の優位性について説明した。

 「MJP20EXG」は、データプリント市場向けに開発されたインクジェットプリンターの最新機種。近年、印刷業界では、デジタル印刷化が加速しており、データプリント市場においては、にじみが少なくグラデーションも滑らかで、文字も読みやすい高い印刷濃度、さらには生産効率を高めるために、高速で印刷できる生産機が求められている。「MJP20EXG」は、新開発の水性顔料インクの採用により、これらの要求に対応する。さらにワンタワーで両面フルカラー印刷を実現する同社独自の超コンパクト設計を実現したことで日本市場に最適なモデルとなっている。

 同機は、インクジェットヘッドと乾燥ドラムをワンタワーに納めたコンパクト設計により、ロールtoロール構成(50インチ径原反)時で8,110mmという機械長を実現している。また、通常のツータワー構成のインクジェットプリンターで使用するターンバーが不要。さらに奥行きについても省スペース化が施されている。
表裏面用のインクジェットヘッドと乾燥ドラムをワンタワーに内蔵
 データプリント市場では、納付書や通知書など個人のパーソナルデータを印刷するバリアブル印刷が必須となるが、「MJP20EXG」では、新設計のミヤコシDFEシステムを搭載。RIPエンジンは、グローバルグラフィクス社との提携により、最新PDFダイレクトRIPであるハーレクインダイレクトをコアとし、最適化を実現。これにより、RIP処理サーバーを複数台で構成、並列処理を行うことでオンザフライによる最適化された高速バリアブル印刷が可能となる。さらにICCプロファイルもサポートしているので、用紙ごとに最適なプロファイルを指定して高品質な印刷を行うことができる。

 印刷解像度は、1,200×1,200dpi。印刷スピードは、1,200×1,200dpiの高解像度モードで毎分80m、1,200×600dpiの高生産性モードでは、毎分160mの高生産性を実現する。

 加えて多彩なミヤコシ製加工機とインライン、またはオフラインで連動しての高精度加工が可能。印刷から後加工までをトータルでサポートすることにより、白紙からの印刷+加工の一貫生産を実現する。加工バリエーションとしては、バリアブルミシン、バリアブルシーター、ブックブロック機などを、インラインまたはオフラインで順次市場投入を予定している。

 また、内覧会では、次世代加工機「VPRバリアブル加工機」と軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の実演も披露された。

最新ニュース

dp_printcompass_8_30_tn.jpg

リコージャパン、8月度の「印刷業界Now!」で最新の印刷技術トレンドをLIVE配信

2021年8月23日

 リコージャパン(株)の情報発信サイト「Print Compass」が展開するオンラインLIVEイベント「印刷業界Now!」では8月30日、「virtual.drupaや各社動向に見る...全文を読む

dp_hpweb_8_27_tn.jpg

日本HP、9月10日「軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」をテーマにオンラインセミナー開催

2021年8月19日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは9月10日(8月27日から開催日が変更)、「海外成功事例に学...全文を読む

dp_surepress_100_tn.jpg

エプソン、デジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」が国内導入100台を達成

2021年8月10日

 エプソンのデジタルラベル印刷機「SurePress(シュアプレス)シリーズ」が、このほど国内導入100台を達成した。  同社は、2010年10月に独自のインクジェット技術でラベル印刷...全文を読む

dp_rhicoh_hope_tn.jpg

リコージャパン、HOPE会場から印刷業界のDXを考察するセミナーを9月4日にオンライン生中継

2021年8月10日

リコージャパン(株)は、9月3日から北海道札幌市の「アクセスサッポロ」において開催される印刷総合イベント「HOPE2021」に出展するとともに、会期2日目の9月4日13時45分より、「...全文を読む

dp_biopbs_tn.jpg

日本HP、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験にHP Indigoデジタル印刷ソリューションで協力

2021年8月6日

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は、三菱ケミカル(株)(本社/東京都千代田区、和賀昌之社長)が、Jリーグサッカークラブのギラヴァンツ北九州や協力企業、学校と連携して行...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

ミヤコシ、ワンタワーでフルカラー両面印刷を実現するコンパクトIJ機「MJP20EXG」披露

2021年8月3日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は7月28日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、報道関係者を対象に今年8月6日より販売を開始するインクジェットプリンターの最新機種「MJP20EXG」の内覧会を開催し、実演などを通じて、その機能を披露した。
ワンタワー両面フルカラーインクジェットプリンター「MJP20EXG」
 開催に先立ち挨拶した同社・企画開発本部の亀井雅彦本部長は、「MJP20EXG」の特長として「コンパクト設計」「圧倒的な価格競争力」「後加工機との連携」の3点を挙げた上で「ワンタワーでありながら両面印刷ができ、さらには160m/分の高速印刷を実現する。また、バリアブル加工にも柔軟に対応できるので、多彩なアプリケーション用途で使用できる」と、同機の優位性について説明した。

 「MJP20EXG」は、データプリント市場向けに開発されたインクジェットプリンターの最新機種。近年、印刷業界では、デジタル印刷化が加速しており、データプリント市場においては、にじみが少なくグラデーションも滑らかで、文字も読みやすい高い印刷濃度、さらには生産効率を高めるために、高速で印刷できる生産機が求められている。「MJP20EXG」は、新開発の水性顔料インクの採用により、これらの要求に対応する。さらにワンタワーで両面フルカラー印刷を実現する同社独自の超コンパクト設計を実現したことで日本市場に最適なモデルとなっている。

 同機は、インクジェットヘッドと乾燥ドラムをワンタワーに納めたコンパクト設計により、ロールtoロール構成(50インチ径原反)時で8,110mmという機械長を実現している。また、通常のツータワー構成のインクジェットプリンターで使用するターンバーが不要。さらに奥行きについても省スペース化が施されている。
表裏面用のインクジェットヘッドと乾燥ドラムをワンタワーに内蔵
 データプリント市場では、納付書や通知書など個人のパーソナルデータを印刷するバリアブル印刷が必須となるが、「MJP20EXG」では、新設計のミヤコシDFEシステムを搭載。RIPエンジンは、グローバルグラフィクス社との提携により、最新PDFダイレクトRIPであるハーレクインダイレクトをコアとし、最適化を実現。これにより、RIP処理サーバーを複数台で構成、並列処理を行うことでオンザフライによる最適化された高速バリアブル印刷が可能となる。さらにICCプロファイルもサポートしているので、用紙ごとに最適なプロファイルを指定して高品質な印刷を行うことができる。

 印刷解像度は、1,200×1,200dpi。印刷スピードは、1,200×1,200dpiの高解像度モードで毎分80m、1,200×600dpiの高生産性モードでは、毎分160mの高生産性を実現する。

 加えて多彩なミヤコシ製加工機とインライン、またはオフラインで連動しての高精度加工が可能。印刷から後加工までをトータルでサポートすることにより、白紙からの印刷+加工の一貫生産を実現する。加工バリエーションとしては、バリアブルミシン、バリアブルシーター、ブックブロック機などを、インラインまたはオフラインで順次市場投入を予定している。

 また、内覧会では、次世代加工機「VPRバリアブル加工機」と軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の実演も披露された。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP