キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、樹脂・金属表面へ機能付与「DCF-605PU スプレーコー...

ミマキ、樹脂・金属表面へ機能付与「DCF-605PU スプレーコートセット」

オンデマンド型スプレー方式デジタルコーティングマシン発表

2021年9月9日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)と半導体実装装置の開発・製造・販売を手掛けるアルファーデザイン(株)(本社/長野県東御市、森澤修二郎社長)は、アクリルキーホルダーやスマートフォンケースなどの樹脂製品や金属製品の表面コーティングを行うデジタル・コーティングマシン「DCF-605PU スプレーコートセット」モデルを発表し、10月から販売を開始する。

「DCF-605PU スプレーコートセット」モデル

 同モデルは、グループ会社であるアルファーデザインが培った塗布制御技術と、同社が保有する独自のXYZ軸制御技術を応用した精密な位置決め機能のコラボレーションにより高精度なコーティングを可能にした製品。独自開発のアプリケーションソフトを標準添付し、生産には同社の量産技術を投入することで、使いやすさと低価格を両立した。

 無版で液体塗布ができるため必要な時に即生産が可能で、版洗浄が不要になることから汚染排出のない環境対応型の設備である。また、コーティングには必要最低限の液体量のみを使用するためコスト効率に優れ、手作業による刷毛塗りやスプレー塗布に比べて均一な膜厚での塗布が可能だ。

 さらにスプレー方式による非接触でのコーティングであることから、高さの変化や凹凸のある被対象物にも塗布できる。

 樹脂や金属素材を用いた製品は、割れや傷、退色やインク剥がれの予防が必要な場合、製品表面にコーティングを施すトップコート加工が求められる。しかしながら、これまでインクジェット方式では、トップコート剤など高粘度な液体の安定吐出は難しいとされてきた。

 新モデルは、こうした環境温度とともに粘度が変化する液体を常時一定のコーティング量にコントロールする自動塗布量調整機能を備えたバルブ・ノズルを搭載することで、被対象物に非接触での安定した液体塗付を実現した。

 また、独自開発した無色透明のトップコート剤「TCU-100」を使用。無溶剤型のため溶剤の揮発時間を待つことなく、塗布後すぐにUV硬化処理が可能となる。また、鉛筆硬度4Hの耐擦過性に加え、耐溶剤性に優れたコーティングを膜厚約10μmの超極薄で実現できるため、液剤の消費量を大幅に抑え、低ランニングコストを実現する。

 前後に同社のUVプリンタ(前工程)やUV硬化装置(後工程)を導入することで、印刷からコーティングまで生産工程の全自動化にも対応する。価格は385万円(税込)。

最新ニュース

swissQprint、ベネルクスに5社目となる現地法⼈設⽴

2021年9月15日

 swissQprintとSpandex Benelux社は、ベネルクスにおけるパートナーシップの解消に合意した。swissQprintはベネルクスに現地法⼈を設⽴し、10⽉1⽇より同...全文を読む

dp_hp_10_5_indigo_tn.jpg

日本HP、好評だったオンラインセミナー2セッションを10月5日に再配信

2021年9月14日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは、10月5日10時より「HP Indigoデジタル印刷35分...全文を読む

dp_mjp20exg_online_tn.jpg

ミヤコシ、9月15日のオンライン発表会で最新機種「MJP20EXG」の実機デモを披露

2021年9月10日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、今年8月より販売を開始したシングルタワー両面インクジェットプリンター「MJP20EXG」のオンライン発表会を9月15日に開催する...全文を読む

mimaki_ujf7151plus2_dp_tn.jpg

ミマキ、「カラーグロス」で新表現 - 「UJF-7151 plusII」発表

2021年9月9日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、フラットベッドUVインクジェットプリンタのハイパフォーマンスモデル新製品「UJF-7151 plusII」を発表した。  同プリンタは...全文を読む

mimaki_ujf-3042mk2e_ujf-6042mk2e_dp_tn.jpg

ミマキ、オンデマンドビジネス機会を創出するフラットベッドUV-LED IJ

2021年9月9日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、インクを硬化させるUV照射にLED光源を用いた小型フラットベッドUVインクジェットプリンタの新機種「UJF-3042MkII e」と「...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

ミマキ、樹脂・金属表面へ機能付与「DCF-605PU スプレーコートセット」

オンデマンド型スプレー方式デジタルコーティングマシン発表

2021年9月9日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)と半導体実装装置の開発・製造・販売を手掛けるアルファーデザイン(株)(本社/長野県東御市、森澤修二郎社長)は、アクリルキーホルダーやスマートフォンケースなどの樹脂製品や金属製品の表面コーティングを行うデジタル・コーティングマシン「DCF-605PU スプレーコートセット」モデルを発表し、10月から販売を開始する。

「DCF-605PU スプレーコートセット」モデル

 同モデルは、グループ会社であるアルファーデザインが培った塗布制御技術と、同社が保有する独自のXYZ軸制御技術を応用した精密な位置決め機能のコラボレーションにより高精度なコーティングを可能にした製品。独自開発のアプリケーションソフトを標準添付し、生産には同社の量産技術を投入することで、使いやすさと低価格を両立した。

 無版で液体塗布ができるため必要な時に即生産が可能で、版洗浄が不要になることから汚染排出のない環境対応型の設備である。また、コーティングには必要最低限の液体量のみを使用するためコスト効率に優れ、手作業による刷毛塗りやスプレー塗布に比べて均一な膜厚での塗布が可能だ。

 さらにスプレー方式による非接触でのコーティングであることから、高さの変化や凹凸のある被対象物にも塗布できる。

 樹脂や金属素材を用いた製品は、割れや傷、退色やインク剥がれの予防が必要な場合、製品表面にコーティングを施すトップコート加工が求められる。しかしながら、これまでインクジェット方式では、トップコート剤など高粘度な液体の安定吐出は難しいとされてきた。

 新モデルは、こうした環境温度とともに粘度が変化する液体を常時一定のコーティング量にコントロールする自動塗布量調整機能を備えたバルブ・ノズルを搭載することで、被対象物に非接触での安定した液体塗付を実現した。

 また、独自開発した無色透明のトップコート剤「TCU-100」を使用。無溶剤型のため溶剤の揮発時間を待つことなく、塗布後すぐにUV硬化処理が可能となる。また、鉛筆硬度4Hの耐擦過性に加え、耐溶剤性に優れたコーティングを膜厚約10μmの超極薄で実現できるため、液剤の消費量を大幅に抑え、低ランニングコストを実現する。

 前後に同社のUVプリンタ(前工程)やUV硬化装置(後工程)を導入することで、印刷からコーティングまで生産工程の全自動化にも対応する。価格は385万円(税込)。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP