キーワードで検索

ミマキ、「カラーグロス」で新表現 - 「UJF-7151 plusII」発表

2021年9月9日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、フラットベッドUVインクジェットプリンタのハイパフォーマンスモデル新製品「UJF-7151 plusII」を発表した。

 同プリンタは、ヘッド構成を従来機の6ヘッドから8ヘッドに拡張し、インクセットに合わせてヘッド構成を変更可能。4色カラー構成には従来機と比べて最大190%の印刷スピードを実現した4色ダブルのインクセットが用意されており、LcとLmが含まれた6色カラー構成ではより繊細な色表現が可能となる。

 また、カラーインクがグロス調に硬化するカラーグロス機能を新たに追加し、従来のクリアプリントとは違った風合いとディテールを実現。加えて画質向上を図るため、ドットの配置位置をコントロールする「MFD2(Mimaki Fine Diffusion 2)」処理に対応するとともに、1,800dpiの印刷モードを新たに搭載したことで、より粒状感や色ムラの少ない、高精細なクオリティーを実感できる。

UJF-7151 plusII

 さらに従来機同様、ユーザーの生産システムや周辺機器からプリンタを制御できる独自の「MDLコマンド」に対応。これを使用することで、プリンタのインク残量やエラー情報等を取得できるほか、印刷媒体をセットするテーブルの位置や高さ、プリント開始などのプリンタの動作を制御可能となる。また、テーブル耐荷重を従来機の10kgから30kgへ変更したことで、重量のある金属製治具なども搭載できる。

 メディアに合わせて選べる豊富なインクバリエーションが取り揃えられており、アクリルなどの樹脂、ガラス、金属、皮革などの多様なメディアへダイレクトプリントが可能で、家電、工業用製品の銘版や高精細が必要な各種パーツ類、案内板や屋内成型看板、ベルトやカバンなどの皮革、その他各種オーダーグッズへの加飾に利用できる。

 また、同プリンタで使用する同社開発のUV硬化インク4は、米国の第三者安全科学機関UL社が規定する化学物質放散の基準を満たし、環境への安全性が示されている「GREENGUARD Gold認証」を取得している。

 発売は2021年冬を予定。本体価格は698万円(税別)。

最新ニュース

dp_mjp20exg_online_tn.jpg

ミヤコシ、9月15日のオンライン発表会で最新機種「MJP20EXG」の実機デモを披露

2021年9月10日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、今年8月より販売を開始したシングルタワー両面インクジェットプリンター「MJP20EXG」のオンライン発表会を9月15日に開催する...全文を読む

mimaki_ujf-3042mk2e_ujf-6042mk2e_dp_tn.jpg

ミマキ、オンデマンドビジネス機会を創出するフラットベッドUV-LED IJ

2021年9月9日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、インクを硬化させるUV照射にLED光源を用いた小型フラットベッドUVインクジェットプリンタの新機種「UJF-3042MkII e」と「...全文を読む

mimaki_dcf-605pu_dp_tn.jpg

ミマキ、樹脂・金属表面へ機能付与「DCF-605PU スプレーコートセット」

2021年9月9日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)と半導体実装装置の開発・製造・販売を手掛けるアルファーデザイン(株)(本社/長野県東御市、森澤修二郎社長)は、アクリルキーホルダーやスマー...全文を読む

dp_hsf_2021_posta_tn.jpg

ホリゾングループ、「Horizon Smart Factory 2021」の参加申込受付開始

2021年9月1日

 ホリゾングループは、10月18日から22日までの5日間、(株)ホリゾン本社・びわこ工場内のHorizon Innovation Park(HIP)において開催する「Horizon S...全文を読む

dp_ricoh_ij_2_tn.jpg

リコージャパン、インクジェットに特化したオンラインLIVEイベント第2弾を開催

2021年9月1日

 リコージャパン(株)は9月10日、「イッツ・ア・インクジェットワールドⅡ〜インクジェットが織りなす新たな印刷ビジネスの世界〜」と題したオンラインLIVEイベントを開催する。  同オン...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

ミマキ、「カラーグロス」で新表現 - 「UJF-7151 plusII」発表

2021年9月9日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、フラットベッドUVインクジェットプリンタのハイパフォーマンスモデル新製品「UJF-7151 plusII」を発表した。

 同プリンタは、ヘッド構成を従来機の6ヘッドから8ヘッドに拡張し、インクセットに合わせてヘッド構成を変更可能。4色カラー構成には従来機と比べて最大190%の印刷スピードを実現した4色ダブルのインクセットが用意されており、LcとLmが含まれた6色カラー構成ではより繊細な色表現が可能となる。

 また、カラーインクがグロス調に硬化するカラーグロス機能を新たに追加し、従来のクリアプリントとは違った風合いとディテールを実現。加えて画質向上を図るため、ドットの配置位置をコントロールする「MFD2(Mimaki Fine Diffusion 2)」処理に対応するとともに、1,800dpiの印刷モードを新たに搭載したことで、より粒状感や色ムラの少ない、高精細なクオリティーを実感できる。

UJF-7151 plusII

 さらに従来機同様、ユーザーの生産システムや周辺機器からプリンタを制御できる独自の「MDLコマンド」に対応。これを使用することで、プリンタのインク残量やエラー情報等を取得できるほか、印刷媒体をセットするテーブルの位置や高さ、プリント開始などのプリンタの動作を制御可能となる。また、テーブル耐荷重を従来機の10kgから30kgへ変更したことで、重量のある金属製治具なども搭載できる。

 メディアに合わせて選べる豊富なインクバリエーションが取り揃えられており、アクリルなどの樹脂、ガラス、金属、皮革などの多様なメディアへダイレクトプリントが可能で、家電、工業用製品の銘版や高精細が必要な各種パーツ類、案内板や屋内成型看板、ベルトやカバンなどの皮革、その他各種オーダーグッズへの加飾に利用できる。

 また、同プリンタで使用する同社開発のUV硬化インク4は、米国の第三者安全科学機関UL社が規定する化学物質放散の基準を満たし、環境への安全性が示されている「GREENGUARD Gold認証」を取得している。

 発売は2021年冬を予定。本体価格は698万円(税別)。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP