キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミヤコシ、ワンタワー構成の両面インクジェット「MJP20EXG」を...

ミヤコシ、ワンタワー構成の両面インクジェット「MJP20EXG」をオンラインで紹介

2021年9月21日ニュース

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は9月15日、オンライン発表会を開催し、今年8月より販売を開始したワンタワー両面インクジェットプリンター「MJP20EXG」の機能概要を明らかにした。
オンライン発表会で挨拶する宮腰社長
 冒頭、挨拶した宮腰社長は「本日、紹介するMJP20EXGは、これまで経験してきた様々なデジタル印刷機のノウハウを盛り込み、新たに開発した高速のRIPシステムと使いやすいワークフローを搭載したデータプリント市場向けの新機種となる。最大の特徴は、日本市場に最適な非常にコンパクトな機械であること。そして1,200dpiの解像度を有し、さらにはミヤコシDFEと名付けた新しいオンザフライRIPが搭載されていること」と、新機種の特長について説明。また、宮腰社長は、今年10月に出版市場に向けて、デジタル印刷機用のブックブロック加工機のリリースを予定していることも明らかにした。

 「MJP20EXG」は、データプリント市場向けに開発されたインクジェットプリンターの最新機種。ワンタワーで4色フルカラー両面印刷を実現する同社独自の超コンパクト設計を実現したことで日本市場に最適なモデルとなっている。

 さらに同機は、新設計のミヤコシDFEシステムを搭載。RIPエンジンは、グローバルグラフィクス社との提携により、最新PDFダイレクトRIPであるハーレクインダイレクトをコアとし、最適化を実現。これにより、RIP処理サーバーを複数台で構成、並列処理を行うことでオンザフライによる最適化された高速バリアブル印刷が可能となる。
MJP20EXG
 印刷解像度は、1,200×1,200dpi。印刷スピードは、1,200×1,200dpiの高解像度モードで毎分80m、1,200×600dpiの高生産性モードでは、毎分160mの高生産性を実現する。加えて多彩なミヤコシ製加工機とインライン、またはオフラインで連動しての高精度加工が可能。印刷から後加工までをトータルでサポートすることにより、白紙からの印刷+加工の一貫生産を実現する。

 このあと秋田の宮腰デジタルシステムズから中継で「MJP20EXG」とバリアブル加工機「VPR」の実演が披露された。

最新ニュース

swissQprint、FESPA2021で第4世代フラットベッドプリンタの新モデル

2021年10月11日

 swissQprintの第4世代となるフラットベッドプリンタの新モデルが2021年10月に登場する。10月12日〜15日にオランダ・アムステルダムで開催される「FESPA2021」で...全文を読む

hsf2021_semina_tn.jpg

HSF2021、多彩なテーマを設定したセミナー11セッションを用意

2021年10月7日

 「つながるFactory Automation」をテーマに、パートナー企業各社と連携するポストプレス視点のワークフローを提案していく「Horizon Smart Factory 20...全文を読む

mimaki_3dp3logo_tn.jpg

ミマキ、3Dプリンタで使用する3Dデータのエラー修正と形状を自動で最適化

2021年10月6日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、3Dプリンタの造形時に用いる3Dデータを自動でエラー修正し、形状を最適化するクラウドソフトウェアサービス「Mimaki 3D Prin...全文を読む

dp_hp_secure_tn.jpg

日本HP、セキュリティ印刷とブランド保護の新技術「HP Indigo Secure 」をオンラインで初披露

2021年10月6日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルでは10月28日、「初披露 HP Indigo Secu...全文を読む

dp_tsf_tv_vol_tn.jpg

TSF TV、「RMGT970で印刷した用紙をFoldLinerにAGVで運んでみた!!」配信開始

2021年10月1日

 Think Smart Factory(TSF)実行委員会が開局したYouTubeチャンネル「TSF TV」では、このほど6つ目のコンテンツ「RMGT970で印刷した用紙をFoldL...全文を読む

新着トピックス

agfa_kingp_jeti_tauro_dp_tn.jpg

キングプリンティング、高速大判IJプリンタ「JETI TAURO」国内1号機導入

2021年10月11日ケーススタディ

 大型オフセット印刷と大判インクジェット印刷を両輪に、屋外広告や店頭タペストリー、サイン&ディスプレイなどのビジュアルコミュニケーション事業を展開するキングプリンティング(株)(本社/...全文を読む

prinergy_on_demand_dp_tn.jpg

コダック、Virtual Press ConferenceでデジタルプレスやSaaSソリューション発表

2021年10月8日製品・テクノロジー

 コダック社は10月6日、Virtual Press Conferenceを開催し、デジタルおよびオフセットソリューションにおける包括的ラインアップの拡充を発表した。 小売り/POPお...全文を読む

dp_ij_km_1e_dp_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、KM-1eで印刷業界のDXを提案

2021年10月6日製品・テクノロジー

 2020年6月、コニカミノルタは、進化を遂げた29インチ枚葉インクジェット印刷機の新モデル「AccurioJet(アキュリオ ジェット)KM-1e(以下、KM-1e)」を全世界に向け...全文を読む

ミヤコシ、ワンタワー構成の両面インクジェット「MJP20EXG」をオンラインで紹介

2021年9月21日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は9月15日、オンライン発表会を開催し、今年8月より販売を開始したワンタワー両面インクジェットプリンター「MJP20EXG」の機能概要を明らかにした。
オンライン発表会で挨拶する宮腰社長
 冒頭、挨拶した宮腰社長は「本日、紹介するMJP20EXGは、これまで経験してきた様々なデジタル印刷機のノウハウを盛り込み、新たに開発した高速のRIPシステムと使いやすいワークフローを搭載したデータプリント市場向けの新機種となる。最大の特徴は、日本市場に最適な非常にコンパクトな機械であること。そして1,200dpiの解像度を有し、さらにはミヤコシDFEと名付けた新しいオンザフライRIPが搭載されていること」と、新機種の特長について説明。また、宮腰社長は、今年10月に出版市場に向けて、デジタル印刷機用のブックブロック加工機のリリースを予定していることも明らかにした。

 「MJP20EXG」は、データプリント市場向けに開発されたインクジェットプリンターの最新機種。ワンタワーで4色フルカラー両面印刷を実現する同社独自の超コンパクト設計を実現したことで日本市場に最適なモデルとなっている。

 さらに同機は、新設計のミヤコシDFEシステムを搭載。RIPエンジンは、グローバルグラフィクス社との提携により、最新PDFダイレクトRIPであるハーレクインダイレクトをコアとし、最適化を実現。これにより、RIP処理サーバーを複数台で構成、並列処理を行うことでオンザフライによる最適化された高速バリアブル印刷が可能となる。
MJP20EXG
 印刷解像度は、1,200×1,200dpi。印刷スピードは、1,200×1,200dpiの高解像度モードで毎分80m、1,200×600dpiの高生産性モードでは、毎分160mの高生産性を実現する。加えて多彩なミヤコシ製加工機とインライン、またはオフラインで連動しての高精度加工が可能。印刷から後加工までをトータルでサポートすることにより、白紙からの印刷+加工の一貫生産を実現する。

 このあと秋田の宮腰デジタルシステムズから中継で「MJP20EXG」とバリアブル加工機「VPR」の実演が披露された。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP