キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、3Dプリンタで使用する3Dデータのエラー修正と形状を自動で...

ミマキ、3Dプリンタで使用する3Dデータのエラー修正と形状を自動で最適化

クラウドソフトウェアサービス「Mimaki 3D Print prep Pro」

2021年10月6日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、3Dプリンタの造形時に用いる3Dデータを自動でエラー修正し、形状を最適化するクラウドソフトウェアサービス「Mimaki 3D Print prep Pro」を発表。同社初のサブスクリプション型サービス(月額50ドル)として10月5日から提供を開始した。

 新型コロナウイルス感染症の流行は、3Dプリンタが改めて評価される契機となった。サプライチェーンの分断で物資調達が滞り、また、医療現場で防護具不足が問題となった際に、3Dプリンタでフェイスシールドを作成したのは記憶に新しいところだ。スーパーコンピュータ「富岳」による飛沫感染シミュレーションの結果を踏まえてデザインされた飲食用フェイスシールドの設計情報が、オープンデータとしてWebサイトで公開され、3Dプリンタと必要な素材があれば、誰でもフェイスシールドを作ることができるようになった。さらにWithコロナにおいて、産業分野から個人利用まで3Dプリンタの活用の場が広まって行くと考えられている。

 3Dプリンタが身近になる一方で、3Dプリントを行う際は、3Dデータにエラーがないか事前に確認する必要があり、エラーを修正するためのさまざまな機能が搭載されたソフトウェアは高価で、操作の習得には3Dデータを扱う知識と時間を要する。こうした3Dデータの修正は、3Dプリンタのさらなる普及において課題のひとつとなっている。

 今回の新サービスは、3Dデータから3Dプリントを行う際に必要となるエラー修正を簡単操作で自動実行でき、さらに3Dモデルに適した形状に最適化できる。これにより、3Dデータの扱いに不慣れな作業者も簡単にエラー修正が行え、修正時間の軽減が期待できる。8種の主要な機能「厚み修正」「隙間埋め修正」「中空形状修正」「クリアパーツのカット修正」「テクスチャデータの最適化」「マテリアルカラー有効化設定」「穴埋め修正」「VRMデータ修正」を備え、細かな修正を行う際は任意に数値を指定してから自動修正することも可能。プリント前にエラー情報の有無を確認し、修正することで、時間や材料を無駄にすることなく確実な造形が可能になる。

 同製品は、1,000万色以上のフルカラー3Dプリントを実現する同社のUV硬化インクジェット方式のフルカラー3Dプリンタ・3DUJシリーズに対応する。

最新ニュース

swissQprint、FESPA2021で第4世代フラットベッドプリンタの新モデル

2021年10月11日

 swissQprintの第4世代となるフラットベッドプリンタの新モデルが2021年10月に登場する。10月12日〜15日にオランダ・アムステルダムで開催される「FESPA2021」で...全文を読む

hsf2021_semina_tn.jpg

HSF2021、多彩なテーマを設定したセミナー11セッションを用意

2021年10月7日

 「つながるFactory Automation」をテーマに、パートナー企業各社と連携するポストプレス視点のワークフローを提案していく「Horizon Smart Factory 20...全文を読む

dp_hp_secure_tn.jpg

日本HP、セキュリティ印刷とブランド保護の新技術「HP Indigo Secure 」をオンラインで初披露

2021年10月6日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルでは10月28日、「初披露 HP Indigo Secu...全文を読む

dp_tsf_tv_vol_tn.jpg

TSF TV、「RMGT970で印刷した用紙をFoldLinerにAGVで運んでみた!!」配信開始

2021年10月1日

 Think Smart Factory(TSF)実行委員会が開局したYouTubeチャンネル「TSF TV」では、このほど6つ目のコンテンツ「RMGT970で印刷した用紙をFoldL...全文を読む

dp_2021ipa_tn.jpg

富士フイルムBI、2021年度「イノベーション・プリント・アワード(IPA)」の作品募集開始

2021年10月1日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は、2021年度「イノベーション・プリント・アワード(Innovation Print Awards、略称『IPA』)」の作品募集を開始した。...全文を読む

新着トピックス

agfa_kingp_jeti_tauro_dp_tn.jpg

キングプリンティング、高速大判IJプリンタ「JETI TAURO」国内1号機導入

2021年10月11日ケーススタディ

 大型オフセット印刷と大判インクジェット印刷を両輪に、屋外広告や店頭タペストリー、サイン&ディスプレイなどのビジュアルコミュニケーション事業を展開するキングプリンティング(株)(本社/...全文を読む

prinergy_on_demand_dp_tn.jpg

コダック、Virtual Press ConferenceでデジタルプレスやSaaSソリューション発表

2021年10月8日製品・テクノロジー

 コダック社は10月6日、Virtual Press Conferenceを開催し、デジタルおよびオフセットソリューションにおける包括的ラインアップの拡充を発表した。 小売り/POPお...全文を読む

dp_ij_km_1e_dp_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、KM-1eで印刷業界のDXを提案

2021年10月6日製品・テクノロジー

 2020年6月、コニカミノルタは、進化を遂げた29インチ枚葉インクジェット印刷機の新モデル「AccurioJet(アキュリオ ジェット)KM-1e(以下、KM-1e)」を全世界に向け...全文を読む

ミマキ、3Dプリンタで使用する3Dデータのエラー修正と形状を自動で最適化

クラウドソフトウェアサービス「Mimaki 3D Print prep Pro」

2021年10月6日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、3Dプリンタの造形時に用いる3Dデータを自動でエラー修正し、形状を最適化するクラウドソフトウェアサービス「Mimaki 3D Print prep Pro」を発表。同社初のサブスクリプション型サービス(月額50ドル)として10月5日から提供を開始した。

 新型コロナウイルス感染症の流行は、3Dプリンタが改めて評価される契機となった。サプライチェーンの分断で物資調達が滞り、また、医療現場で防護具不足が問題となった際に、3Dプリンタでフェイスシールドを作成したのは記憶に新しいところだ。スーパーコンピュータ「富岳」による飛沫感染シミュレーションの結果を踏まえてデザインされた飲食用フェイスシールドの設計情報が、オープンデータとしてWebサイトで公開され、3Dプリンタと必要な素材があれば、誰でもフェイスシールドを作ることができるようになった。さらにWithコロナにおいて、産業分野から個人利用まで3Dプリンタの活用の場が広まって行くと考えられている。

 3Dプリンタが身近になる一方で、3Dプリントを行う際は、3Dデータにエラーがないか事前に確認する必要があり、エラーを修正するためのさまざまな機能が搭載されたソフトウェアは高価で、操作の習得には3Dデータを扱う知識と時間を要する。こうした3Dデータの修正は、3Dプリンタのさらなる普及において課題のひとつとなっている。

 今回の新サービスは、3Dデータから3Dプリントを行う際に必要となるエラー修正を簡単操作で自動実行でき、さらに3Dモデルに適した形状に最適化できる。これにより、3Dデータの扱いに不慣れな作業者も簡単にエラー修正が行え、修正時間の軽減が期待できる。8種の主要な機能「厚み修正」「隙間埋め修正」「中空形状修正」「クリアパーツのカット修正」「テクスチャデータの最適化」「マテリアルカラー有効化設定」「穴埋め修正」「VRMデータ修正」を備え、細かな修正を行う際は任意に数値を指定してから自動修正することも可能。プリント前にエラー情報の有無を確認し、修正することで、時間や材料を無駄にすることなく確実な造形が可能になる。

 同製品は、1,000万色以上のフルカラー3Dプリントを実現する同社のUV硬化インクジェット方式のフルカラー3Dプリンタ・3DUJシリーズに対応する。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP