キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、高精度3Dスキャン・プリント技術で「江戸の名工の技」復元

ミマキ、高精度3Dスキャン・プリント技術で「江戸の名工の技」復元

2021年10月29日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、(有)原製作所(長野県上田市)、(株)晃和ディスプレイ(東京都目黒区)と共同で、高精度3Dスキャンと高精度フルカラー3Dプリントを用いて作成した秩父神社所蔵の「つなぎの龍」複製品を奉納した。

複製品は実物の1/5サイズ

 現在、秩父神社では創建2100年奉祝事業である本殿の改修事業が2018年より約5年間かけて大規模に行われている。江戸時代初期に活躍した彫刻職人で「日光東照宮 眠り猫」の作者として知られる「左甚五郎」作「つなぎの龍」の修復が完了し、400年の歴史を誇る江戸の名工の技術を3D技術で記録する取り組みとして今回の「つなぎの龍」複製品制作が行われた。同プロジェクトは、原製作所が3Dスキャンと3Dデータを作成、ミマキノフルカラー3Dプリンタ「3DUJ-553」で3Dプリントを実施。晃和ディスプレイがショーケースを制作した。

秩父神社所蔵 左甚五郎作「つなぎの龍」

 通常、文化財の修復には必ず手作業が発生していたが、今回の複製品は実物の1/5サイズで、高精度3Dスキャン技術によってフルカラー3Dデータを作成し、そのデータをもとに「3DUJ-553」によるフルカラー3Dプリントを行うことで、彫りや塗り直しなどの手作業を行うことなく、400年前の江戸の名工の技術を忠実に再現した。

 秩父神社で権宮司を務める薗田氏は、「400年の歴史を誇る左甚五郎の技術を現代の3Dプリンタの技術で記録をしておこうというひとつの取り組み。江戸時代初期の洗練された技術をどれだけ3Dプリンタで再現できるかということの挑戦という意味もあった。通常は社殿の下からしか見ることができないつなぎの龍を360度どこからでも見ることができ、間近で見ることで彩色の絶妙な表現の仕方も改めて分かった」と話している。

 なお、奉納された「つなぎの龍」複製品は、秩父神社境内の秩父神社会館で特別展示される。

最新ニュース

dp_th6310f_tn.jpg

リコー、高ギャップ印刷対応とインク循環機能を備えた産業用インクジェットヘッド発売

2021年11月17日

 (株)リコー(山下良則社長)は、産業用インクジェットヘッドの新製品として、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した「RICOH TH6310F」を2021年11月23日よりグローバルで受...全文を読む

dp_2021_11_25_tn.jpg

日本HP、好評につき「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」を11月25日に再配信

2021年11月17日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは11月25日、「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参...全文を読む

dp_revoria_one_tn.jpg

富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン

2021年11月16日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は11月11日開催のWeb説明会において、印刷市場向けソフトウェアの新バージョン「Revoria One Production Cockpit...全文を読む

dp_fb_ffgs_tn.jpg

富士フイルムBI、12月2・3日「経営変革セミナー2021」をFFGSと共催

2021年11月15日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(富士フイルムBI)主催、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(FFGS)共催による「経営変革セミナー2021 Winter A...全文を読む

コニカミノルタ、新生産プロセスで辰野工場もトナー生産再開

2021年11月9日

 (株)コニカミノルタは、コニカミノルタサプライズ辰野工場においてトナー生産を再開したことを発表した。  コニカミノルタでは、辰野工場における安全対策について専門家および社内有識者によ...全文を読む

新着トピックス

pj_hsf2021_miyakosi_horizondp_tn.jpg

Horizon Smart Factory 2021 レポート

2021年11月18日製品・テクノロジー

 ホリゾングループ主催によるファクトリーオートメーションを体感できるイベント「Horizon Smart Factory 2021(HSF2021)」が、10月18日から22日までの5...全文を読む

dp_watanabe_tukamoto_tn.jpg

富士フイルムBI、ショウルーム「グラフィックコミュニケーション東京」をリニューアル

2021年11月17日企業・経営

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は2021年7月、グラフィックコミュニケーション事業本部の立ち上げにともない、東京・中野坂上のショウルームを「グラフィックコミュニケーション東...全文を読む

dp_kurz_ceo_tn.jpg

クルツジャパン創立50周年記念インタビュー、表面加飾技術で日本の印刷業界に貢献

2021年10月20日企業・経営

 高度な表面加飾技術で印刷物の高付加価値化を支援してきたクルツジャパン(株)は今年、創業50周年を迎える。印刷物に高級感を演出する同社の箔転写技術は、国内印刷業界でも高く評価され、これ...全文を読む

ミマキ、高精度3Dスキャン・プリント技術で「江戸の名工の技」復元

2021年10月29日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、(有)原製作所(長野県上田市)、(株)晃和ディスプレイ(東京都目黒区)と共同で、高精度3Dスキャンと高精度フルカラー3Dプリントを用いて作成した秩父神社所蔵の「つなぎの龍」複製品を奉納した。

複製品は実物の1/5サイズ

 現在、秩父神社では創建2100年奉祝事業である本殿の改修事業が2018年より約5年間かけて大規模に行われている。江戸時代初期に活躍した彫刻職人で「日光東照宮 眠り猫」の作者として知られる「左甚五郎」作「つなぎの龍」の修復が完了し、400年の歴史を誇る江戸の名工の技術を3D技術で記録する取り組みとして今回の「つなぎの龍」複製品制作が行われた。同プロジェクトは、原製作所が3Dスキャンと3Dデータを作成、ミマキノフルカラー3Dプリンタ「3DUJ-553」で3Dプリントを実施。晃和ディスプレイがショーケースを制作した。

秩父神社所蔵 左甚五郎作「つなぎの龍」

 通常、文化財の修復には必ず手作業が発生していたが、今回の複製品は実物の1/5サイズで、高精度3Dスキャン技術によってフルカラー3Dデータを作成し、そのデータをもとに「3DUJ-553」によるフルカラー3Dプリントを行うことで、彫りや塗り直しなどの手作業を行うことなく、400年前の江戸の名工の技術を忠実に再現した。

 秩父神社で権宮司を務める薗田氏は、「400年の歴史を誇る左甚五郎の技術を現代の3Dプリンタの技術で記録をしておこうというひとつの取り組み。江戸時代初期の洗練された技術をどれだけ3Dプリンタで再現できるかということの挑戦という意味もあった。通常は社殿の下からしか見ることができないつなぎの龍を360度どこからでも見ることができ、間近で見ることで彩色の絶妙な表現の仕方も改めて分かった」と話している。

 なお、奉納された「つなぎの龍」複製品は、秩父神社境内の秩父神社会館で特別展示される。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP