キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ムサシ、プリントヘッドの自動調整で多様な厚みのメディアに対応するI...

ムサシ、プリントヘッドの自動調整で多様な厚みのメディアに対応するIJプリンター発売

2021年11月1日ニュース

 (株)ムサシ(本社/東京都中央区)は、特殊プリンターを製造・販売するアストロノヴァ社(米国)のインクジェットプリンターTrojanLabel「T3-OPX」を11月18日に発売する。
インクジェットプリンター「T3-OPX」
 「T3-OPX」は、様々な厚みの多種多様な材料への印刷を可能にした画期的なモデル。プリンターヘッドの高さが自動で調整される機能が備わっており、製函済み段ボールのような厚みのある材料から極薄の材料まで幅広い厚さに対応する。材料を搬送するコンベヤー状のテーブルは、幅広で(600mm、1,000mm の2種類)、大きな材料も搬送することができる設計になっている。
 
 この「プリンターヘッドの自動高さ調整」と「搬送テーブル」により多種多様な材料への印刷が可能。また、自然由来の基材に対応した水性インクを採用することで、環境負荷の低減を実現している。プリンターヘッドの高さが変動する搬送型インクジェットプリンターで水性インクを採用したものは「T3-OPX」が国内初となる。水性インクのため、臭気が少なく、健康や環境に配慮が必要な店舗・施設でも安心して導入することができる。
出力サンプル(そうめん箱)
 併せて同社では、シール・ラベル印刷に特化したインクジェットプリンター「T2-C」も同日発売する。

 「T2-C」は、ロール状のシール材に高速印刷するだけでなく、ダイカット済みラベルを一定の幅に連続して切断するスリッター機能を標準搭載しているため、印刷後に別の機械に掛ける手間なく、効率的な出力加工を一度に行うことができる。また、「T2-C」も「T3-OPX」と同様に水性インクを採用している。
ラベルプリンター「T2-C」
 同社は、ショールーム「Flexible Arrow 平和島」(東京都大田区)にインクジェットプリンター「T3-OPX」「T2-C」を設置し、課題やニーズに合わせたデモンストレーションを実施することでブランドオーナーや製造業、サービス業など幅広い業界に向け、拡販していく。

最新ニュース

dp_th6310f_tn.jpg

リコー、高ギャップ印刷対応とインク循環機能を備えた産業用インクジェットヘッド発売

2021年11月17日

 (株)リコー(山下良則社長)は、産業用インクジェットヘッドの新製品として、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した「RICOH TH6310F」を2021年11月23日よりグローバルで受...全文を読む

dp_2021_11_25_tn.jpg

日本HP、好評につき「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」を11月25日に再配信

2021年11月17日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは11月25日、「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参...全文を読む

dp_revoria_one_tn.jpg

富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン

2021年11月16日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は11月11日開催のWeb説明会において、印刷市場向けソフトウェアの新バージョン「Revoria One Production Cockpit...全文を読む

dp_fb_ffgs_tn.jpg

富士フイルムBI、12月2・3日「経営変革セミナー2021」をFFGSと共催

2021年11月15日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(富士フイルムBI)主催、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(FFGS)共催による「経営変革セミナー2021 Winter A...全文を読む

コニカミノルタ、新生産プロセスで辰野工場もトナー生産再開

2021年11月9日

 (株)コニカミノルタは、コニカミノルタサプライズ辰野工場においてトナー生産を再開したことを発表した。  コニカミノルタでは、辰野工場における安全対策について専門家および社内有識者によ...全文を読む

新着トピックス

pj_hsf2021_miyakosi_horizondp_tn.jpg

Horizon Smart Factory 2021 レポート

2021年11月18日製品・テクノロジー

 ホリゾングループ主催によるファクトリーオートメーションを体感できるイベント「Horizon Smart Factory 2021(HSF2021)」が、10月18日から22日までの5...全文を読む

dp_watanabe_tukamoto_tn.jpg

富士フイルムBI、ショウルーム「グラフィックコミュニケーション東京」をリニューアル

2021年11月17日企業・経営

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は2021年7月、グラフィックコミュニケーション事業本部の立ち上げにともない、東京・中野坂上のショウルームを「グラフィックコミュニケーション東...全文を読む

dp_kurz_ceo_tn.jpg

クルツジャパン創立50周年記念インタビュー、表面加飾技術で日本の印刷業界に貢献

2021年10月20日企業・経営

 高度な表面加飾技術で印刷物の高付加価値化を支援してきたクルツジャパン(株)は今年、創業50周年を迎える。印刷物に高級感を演出する同社の箔転写技術は、国内印刷業界でも高く評価され、これ...全文を読む

ムサシ、プリントヘッドの自動調整で多様な厚みのメディアに対応するIJプリンター発売

2021年11月1日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ムサシ(本社/東京都中央区)は、特殊プリンターを製造・販売するアストロノヴァ社(米国)のインクジェットプリンターTrojanLabel「T3-OPX」を11月18日に発売する。
インクジェットプリンター「T3-OPX」
 「T3-OPX」は、様々な厚みの多種多様な材料への印刷を可能にした画期的なモデル。プリンターヘッドの高さが自動で調整される機能が備わっており、製函済み段ボールのような厚みのある材料から極薄の材料まで幅広い厚さに対応する。材料を搬送するコンベヤー状のテーブルは、幅広で(600mm、1,000mm の2種類)、大きな材料も搬送することができる設計になっている。
 
 この「プリンターヘッドの自動高さ調整」と「搬送テーブル」により多種多様な材料への印刷が可能。また、自然由来の基材に対応した水性インクを採用することで、環境負荷の低減を実現している。プリンターヘッドの高さが変動する搬送型インクジェットプリンターで水性インクを採用したものは「T3-OPX」が国内初となる。水性インクのため、臭気が少なく、健康や環境に配慮が必要な店舗・施設でも安心して導入することができる。
出力サンプル(そうめん箱)
 併せて同社では、シール・ラベル印刷に特化したインクジェットプリンター「T2-C」も同日発売する。

 「T2-C」は、ロール状のシール材に高速印刷するだけでなく、ダイカット済みラベルを一定の幅に連続して切断するスリッター機能を標準搭載しているため、印刷後に別の機械に掛ける手間なく、効率的な出力加工を一度に行うことができる。また、「T2-C」も「T3-OPX」と同様に水性インクを採用している。
ラベルプリンター「T2-C」
 同社は、ショールーム「Flexible Arrow 平和島」(東京都大田区)にインクジェットプリンター「T3-OPX」「T2-C」を設置し、課題やニーズに合わせたデモンストレーションを実施することでブランドオーナーや製造業、サービス業など幅広い業界に向け、拡販していく。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP