キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフロ...

富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン

「Revoria One Production Cockpit V4.0」発表

2021年11月16日ニュース

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は11月11日開催のWeb説明会において、印刷市場向けソフトウェアの新バージョン「Revoria One Production Cockpit V4.0」の機能概要を発表した。

 Revoria One Production Cockpitは、印刷の全工程を1ヵ所で管理可能な統合型ワークフローシステムを実現するソフトウェア。印刷会社では、各印刷工程を実現する様々なメーカーのシステムや設備が導入されているが、Revoria One Production Cockpitは、これらをつなぎ印刷工程全体の進捗を1つのユーザーインターフェイスで行うジョブ管理を可能とする。操作画面には、Webブラウザーからアクセス可能で、スマホやタブレッドPCを用いて、オフライン機などの前で作業しながら、作業実績の入力やジョブ仕様の確認なども行え、オフライン機を含むワークフローの運用も容易にできる。これにより「オープン化」「全工程の自動化」「見える化」による生産性向上と業務改善を支援する。

 今回、発表された新バージョンは、同社のプロダクションプリンティングソリューションの新ブランド「Revoria(レヴォリア)」を冠し「Revoria One Production Cockpit」として正式リリースされた。
運用フローイメージ
 新バージョンでは、ユーザーからの意見や要望を反映し、とくに商業印刷向けの機能を強化している。新バージョンでは、次世代ワークフローシステム「FUJIFILM WORKFLOW XMF」との連携強化により、オフセット印刷用プリプレスの指示やCTP出力のステータス管理が可能。さらにRevoria One Production Cockpitでスケジュールした印刷ジョブ情報をオフセット印刷機のコントローラと連携し、オフセット印刷機の作業指示・印刷進捗の管理を行うことができる。

 また、新バージョンでは、複数の印刷機で構成する機材グループや加工機で構成する機材グループとしてまとめて管理することができる。仕様は決定しているものの、どの機材で処理するかは決まっていないジョブを、作成したグループに割り当てることで、スケジューリングの柔軟性を高めている。

 さらに新たな機能として下版予定日以降に下版スケジュールを自動スケジュールすることができる。これにより下版予定日を起点とした、それぞれのシフト割り当てが実施される。

最新ニュース

dp_th6310f_tn.jpg

リコー、高ギャップ印刷対応とインク循環機能を備えた産業用インクジェットヘッド発売

2021年11月17日

 (株)リコー(山下良則社長)は、産業用インクジェットヘッドの新製品として、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した「RICOH TH6310F」を2021年11月23日よりグローバルで受...全文を読む

dp_2021_11_25_tn.jpg

日本HP、好評につき「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」を11月25日に再配信

2021年11月17日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは11月25日、「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参...全文を読む

dp_fb_ffgs_tn.jpg

富士フイルムBI、12月2・3日「経営変革セミナー2021」をFFGSと共催

2021年11月15日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(富士フイルムBI)主催、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(FFGS)共催による「経営変革セミナー2021 Winter A...全文を読む

コニカミノルタ、新生産プロセスで辰野工場もトナー生産再開

2021年11月9日

 (株)コニカミノルタは、コニカミノルタサプライズ辰野工場においてトナー生産を再開したことを発表した。  コニカミノルタでは、辰野工場における安全対策について専門家および社内有識者によ...全文を読む

dp_now_11m_tn.jpg

リコージャパン、Adobe MAX 2021のポイントをオンラインセミナーで解説

2021年11月5日

 リコージャパン(株)の情報発信サイト「Print Compass」が展開するオンラインLIVEイベント「印刷業界Now!」では11月24日、「1時間で振り返るAdobe MAX 20...全文を読む

新着トピックス

pj_hsf2021_miyakosi_horizondp_tn.jpg

Horizon Smart Factory 2021 レポート

2021年11月18日製品・テクノロジー

 ホリゾングループ主催によるファクトリーオートメーションを体感できるイベント「Horizon Smart Factory 2021(HSF2021)」が、10月18日から22日までの5...全文を読む

dp_watanabe_tukamoto_tn.jpg

富士フイルムBI、ショウルーム「グラフィックコミュニケーション東京」をリニューアル

2021年11月17日企業・経営

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は2021年7月、グラフィックコミュニケーション事業本部の立ち上げにともない、東京・中野坂上のショウルームを「グラフィックコミュニケーション東...全文を読む

dp_kurz_ceo_tn.jpg

クルツジャパン創立50周年記念インタビュー、表面加飾技術で日本の印刷業界に貢献

2021年10月20日企業・経営

 高度な表面加飾技術で印刷物の高付加価値化を支援してきたクルツジャパン(株)は今年、創業50周年を迎える。印刷物に高級感を演出する同社の箔転写技術は、国内印刷業界でも高く評価され、これ...全文を読む

富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン

「Revoria One Production Cockpit V4.0」発表

2021年11月16日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は11月11日開催のWeb説明会において、印刷市場向けソフトウェアの新バージョン「Revoria One Production Cockpit V4.0」の機能概要を発表した。

 Revoria One Production Cockpitは、印刷の全工程を1ヵ所で管理可能な統合型ワークフローシステムを実現するソフトウェア。印刷会社では、各印刷工程を実現する様々なメーカーのシステムや設備が導入されているが、Revoria One Production Cockpitは、これらをつなぎ印刷工程全体の進捗を1つのユーザーインターフェイスで行うジョブ管理を可能とする。操作画面には、Webブラウザーからアクセス可能で、スマホやタブレッドPCを用いて、オフライン機などの前で作業しながら、作業実績の入力やジョブ仕様の確認なども行え、オフライン機を含むワークフローの運用も容易にできる。これにより「オープン化」「全工程の自動化」「見える化」による生産性向上と業務改善を支援する。

 今回、発表された新バージョンは、同社のプロダクションプリンティングソリューションの新ブランド「Revoria(レヴォリア)」を冠し「Revoria One Production Cockpit」として正式リリースされた。
運用フローイメージ
 新バージョンでは、ユーザーからの意見や要望を反映し、とくに商業印刷向けの機能を強化している。新バージョンでは、次世代ワークフローシステム「FUJIFILM WORKFLOW XMF」との連携強化により、オフセット印刷用プリプレスの指示やCTP出力のステータス管理が可能。さらにRevoria One Production Cockpitでスケジュールした印刷ジョブ情報をオフセット印刷機のコントローラと連携し、オフセット印刷機の作業指示・印刷進捗の管理を行うことができる。

 また、新バージョンでは、複数の印刷機で構成する機材グループや加工機で構成する機材グループとしてまとめて管理することができる。仕様は決定しているものの、どの機材で処理するかは決まっていないジョブを、作成したグループに割り当てることで、スケジューリングの柔軟性を高めている。

 さらに新たな機能として下版予定日以降に下版スケジュールを自動スケジュールすることができる。これにより下版予定日を起点とした、それぞれのシフト割り当てが実施される。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP