キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • リコー、ペットボトルへの直接レーザーマーキング技術が「アサヒ 十六...

リコー、ペットボトルへの直接レーザーマーキング技術が「アサヒ 十六茶」に採用

完全ラベルレスの文字・デザイン表示でプラごみ削減や資源リサイクル推進に貢献

2021年11月25日ニュース

 (株)リコー(山下良則社長)は、プラスチック容器に直接文字やデザインをレーザーマーキングする技術を開発し、第一弾として、アサヒ飲料(株)(米女太一社長)が12月21日からAmazon.co.jpで1,200箱限定のテスト販売を行う「『アサヒ 十六茶』PET630ml ダイレクトマーキングボトル」に採用されたことを発表した。
「アサヒ 十六茶」PET630ml ダイレクトマーキングボトルに商品名や食品表示法などで規定された情報を高精細に書き込み
 同技術により、シュリンクラベルやタックシールなどを使わずに、商品名や原材料名などをペットボトルにレーザーで直接書き込むことで、食品表示法などで規定された情報表示を完全ラベルレスで実現する。

 リコーは、重要社会課題(マテリアリティ)の一つに「循環型社会の実現」を掲げており、同技術の活用により、ペットボトル飲料などのラベルやシールといったプラスチックごみ(プラごみ)を削減すると同時に、分別時の手間を省くことで、プラスチック容器の効率的な資源リサイクルへの貢献を目指していく。

最新ニュース

dp_germanaward_tn.jpg

コニカミノルタ、デジタル印刷機など3製品が「German Design Award 2022」で「Winner」受賞

2021年11月25日

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、山名昌衛社長)の複合機とデジタル印刷システムが、このほど国際的なデザイン賞である「German Design Award 2022」の「I...全文を読む

dp_secure_sai_tn.jpg

日本HP、セキュリティ印刷とブランド保護印刷をテーマとしたオンラインセミナーの再配信決定

2021年11月24日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルは11月30日、「初披露 HP Indigo Secur...全文を読む

dp_th6310f_tn.jpg

リコー、高ギャップ印刷対応とインク循環機能を備えた産業用インクジェットヘッド発売

2021年11月17日

 (株)リコー(山下良則社長)は、産業用インクジェットヘッドの新製品として、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した「RICOH TH6310F」を2021年11月23日よりグローバルで受...全文を読む

dp_2021_11_25_tn.jpg

日本HP、好評につき「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」を11月25日に再配信

2021年11月17日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは11月25日、「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参...全文を読む

dp_revoria_one_tn.jpg

富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン

2021年11月16日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は11月11日開催のWeb説明会において、印刷市場向けソフトウェアの新バージョン「Revoria One Production Cockpit...全文を読む

新着トピックス

dp_uchida_lab_tn.jpg

ウチダテクノ、設備連携で効率化を支援〜「スモールパッケージ」提案

2021年11月22日製品・テクノロジー

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区)は、「新しい捉え方を創造する」というコンセプトのもと、省力化提案を通じて、顧客に最適な作業環境を実現する多彩な製品を提供している。  自動化に...全文を読む

ダックエンジニアリング、検査機を活用したDX提案〜ビジネスモデルや組織の変革が可能

2021年11月18日ケーススタディ

  スマートファクトリーというと、現場の改革と捉えるのが一般的な考え方だ。しかし、ダックエンジニアリング(株)(本社/京都市南区)の氷上好孝社長は、「検査装置の活用を通じて、現場の改革...全文を読む

pj_hsf2021_miyakosi_horizondp_tn.jpg

Horizon Smart Factory 2021 レポート

2021年11月18日製品・テクノロジー

 ホリゾングループ主催によるファクトリーオートメーションを体感できるイベント「Horizon Smart Factory 2021(HSF2021)」が、10月18日から22日までの5...全文を読む

リコー、ペットボトルへの直接レーザーマーキング技術が「アサヒ 十六茶」に採用

完全ラベルレスの文字・デザイン表示でプラごみ削減や資源リサイクル推進に貢献

2021年11月25日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)リコー(山下良則社長)は、プラスチック容器に直接文字やデザインをレーザーマーキングする技術を開発し、第一弾として、アサヒ飲料(株)(米女太一社長)が12月21日からAmazon.co.jpで1,200箱限定のテスト販売を行う「『アサヒ 十六茶』PET630ml ダイレクトマーキングボトル」に採用されたことを発表した。
「アサヒ 十六茶」PET630ml ダイレクトマーキングボトルに商品名や食品表示法などで規定された情報を高精細に書き込み
 同技術により、シュリンクラベルやタックシールなどを使わずに、商品名や原材料名などをペットボトルにレーザーで直接書き込むことで、食品表示法などで規定された情報表示を完全ラベルレスで実現する。

 リコーは、重要社会課題(マテリアリティ)の一つに「循環型社会の実現」を掲げており、同技術の活用により、ペットボトル飲料などのラベルやシールといったプラスチックごみ(プラごみ)を削減すると同時に、分別時の手間を省くことで、プラスチック容器の効率的な資源リサイクルへの貢献を目指していく。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP