キーワードで検索

富士フイルムBI、マーケティングDX支援サービス「Marketing Cockpit」の提供開始

顧客接点(店舗・Webサイト・デジタル広告など)から得られるデータを統合・可視化・分析

2022年1月13日ニュース

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(本社/東京都港区、真茅久則社長・CEO)は、店舗・Webサイト・デジタル広告などの顧客接点から得られる購買履歴や行動履歴、顧客属性などのデータを統合・可視化・分析し、企業のマーケティング領域のDXを支援する「Marketing Cockpit(マーケティング コックピット)」を1月12日よりサービス化して提供開始した。

 この「Marketing Cockpit」は、同社がクラウド上に開発した独自のシステム基盤を用いて、オンラインとオフラインそれぞれの顧客接点から得られる購買履歴や行動履歴、顧客属性などのデータを統合し、顧客行動や販促効果を可視化・分析する。さまざまな顧客接点のデータを俯瞰し、より適切な対象顧客や施策を明らかにして、同サービスを利用する企業(顧客)に提案していく。データの統合・可視化・分析を同社がサービスとして支援することで、企業の販促のPDCAサイクルを加速させ、最適な顧客体験の提供を実現する。
Marketing Cockpitのサービスイメージ
 具体的には、Marketing Cockpitのシステム基盤を用いて、ECサイトや店舗(POS)の購買データ、Webサイトやアプリの行動データ、CRMシステムの顧客属性データなどを統合し、顧客行動や販促施策の効果を可視化・分析。その結果をレポートとして提供することで、顧客は販促目標に対する課題を把握して対策を検討することができる。

 システム基盤上では、同社開発のAIが複雑な顧客属性や行動履歴を解析し、顧客をセグメント化する。例えば、デジタル広告の配信やDMの発送に有効なセグメントと顧客リストを抽出して提供することもできる。これにより顧客は、より適切な対象顧客が分かり、販促効果の向上に繋げられる。

 さらに同サービスでは、Webサイトへの訪問者の閲覧行動に合わせ、パーソナライズされたコンテンツを適切なタイミングで自動表示させるといったWebサイト改善も可能。また、顧客ごとにユニークなQRコードをDMに付加し、Webサイト流入後の行動を計測するようなオンライン・オフラインの連携施策も支援する。

 同サービスにより、販促のPDCAサイクルのうち、効果の測定(Check)と次施策の最適化(Action)を同社が支援することで、顧客は戦略の立案(Plan)と実行(Do)に専念でき、また、効果の高い施策へ注力して販促予算を再配分するなどの改善活動により、マーケティングROIの向上が図ることができる。

最新ニュース

dp_tsf_tv_canon_tn.jpg

TSF TV、「imagePRESS C10010VPのサンプルをロータリーダイカッターで型抜きしてみた」配信開始

2022年1月18日

 Think Smart Factory(TSF)実行委員会が開局したYouTubeチャンネル「TSF TV」では、このほど7つ目のコンテンツ「imagePRESS C10010VPの...全文を読む

コニカミノルタ、キンコーズの新サービス「MPM-ECO配送」をサスティナブルソリューションに認定

2022年1月13日

 コニカミノルタ(株)(⼭名昌衛社長)は、グループ会社のひとつであるキンコーズ・ジャパン(株)(渡辺浩基社長)の新サービス「オンデマンドMPM(エムピーエム)ECO配送サービス」(以下...全文を読む

komori_usa_pack_tn.jpg

コモリ・アメリカとSpectrum Printing社、Digital Packaging Summit 2021の紙器部門で部門賞

2021年12月17日

 コモリ・アメリカ・コーポレーションと米国の印刷会社Spectrum Printing社は、11月8日から10日にフロリダ州ポンテベドラビーチで開催されたDigital Packagi...全文を読む

hp_indigo25k_epac_tn.jpg

HPとePac、アジア太平洋地域における軟包装の需要拡大にIndigoで対応

2021年12月15日

 HP Inc.(以下「HP」)は、ePac Flexible Packaging(以下「ePac」)との連携を拡大し、アジア太平洋地域における中小規模のブランドに、高品質で持続可能な...全文を読む

hp_17_webinar_dp_tn.jpg

日本HP、12月17日「FSDU」テーマにオンラインセミナー開催

2021年12月9日

 日本HPは、12月17日(金)15時から「自立式ディスプレイユニット(FSDU)で機会を拡大する方法」をテーマに大判プリンターオンラインセミナーを開催する。  セミナーでは、市場規模...全文を読む

新着トピックス

ffgs_20220101_dp_tn.jpg

FFGS、オフセットとデジタルの最適生産基盤構築へ[アフターコロナ経営の新メソッド]

2022年1月13日企業・経営スペシャリスト

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、「FFGS」)は昨年8月、アフターコロナにおける印刷経営の新たなメソッドとして「最適生産分析ソリューション」を発表した...全文を読む

osakainsatsu_hp202201_dp_tn.jpg

大阪印刷、Indigo第3世代機におけるHP認定中古機国内1号機導入

2022年1月11日ケーススタディ

 同人誌印刷で知られる大阪印刷(株)(大阪市此花区常吉1-1-60 テクノパーク常吉8号地、根田貴裕社長)は昨年11月、Indigo第3世代機におけるHP認定中古機販売プログラム国内第...全文を読む

佐川印刷、「Sakawa Digital Printing Factory」オープン

2022年1月5日企業・経営

 宇和島から世界へ--。愛媛県松山市に本社を置く佐川印刷(株)(佐川正純社長)は、リコー(株)とオープンイノベーション契約を締結予定で、愛媛県宇和島市の吉田工場で生産した製品を日本全国...全文を読む

富士フイルムBI、マーケティングDX支援サービス「Marketing Cockpit」の提供開始

顧客接点(店舗・Webサイト・デジタル広告など)から得られるデータを統合・可視化・分析

2022年1月13日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(本社/東京都港区、真茅久則社長・CEO)は、店舗・Webサイト・デジタル広告などの顧客接点から得られる購買履歴や行動履歴、顧客属性などのデータを統合・可視化・分析し、企業のマーケティング領域のDXを支援する「Marketing Cockpit(マーケティング コックピット)」を1月12日よりサービス化して提供開始した。

 この「Marketing Cockpit」は、同社がクラウド上に開発した独自のシステム基盤を用いて、オンラインとオフラインそれぞれの顧客接点から得られる購買履歴や行動履歴、顧客属性などのデータを統合し、顧客行動や販促効果を可視化・分析する。さまざまな顧客接点のデータを俯瞰し、より適切な対象顧客や施策を明らかにして、同サービスを利用する企業(顧客)に提案していく。データの統合・可視化・分析を同社がサービスとして支援することで、企業の販促のPDCAサイクルを加速させ、最適な顧客体験の提供を実現する。
Marketing Cockpitのサービスイメージ
 具体的には、Marketing Cockpitのシステム基盤を用いて、ECサイトや店舗(POS)の購買データ、Webサイトやアプリの行動データ、CRMシステムの顧客属性データなどを統合し、顧客行動や販促施策の効果を可視化・分析。その結果をレポートとして提供することで、顧客は販促目標に対する課題を把握して対策を検討することができる。

 システム基盤上では、同社開発のAIが複雑な顧客属性や行動履歴を解析し、顧客をセグメント化する。例えば、デジタル広告の配信やDMの発送に有効なセグメントと顧客リストを抽出して提供することもできる。これにより顧客は、より適切な対象顧客が分かり、販促効果の向上に繋げられる。

 さらに同サービスでは、Webサイトへの訪問者の閲覧行動に合わせ、パーソナライズされたコンテンツを適切なタイミングで自動表示させるといったWebサイト改善も可能。また、顧客ごとにユニークなQRコードをDMに付加し、Webサイト流入後の行動を計測するようなオンライン・オフラインの連携施策も支援する。

 同サービスにより、販促のPDCAサイクルのうち、効果の測定(Check)と次施策の最適化(Action)を同社が支援することで、顧客は戦略の立案(Plan)と実行(Do)に専念でき、また、効果の高い施策へ注力して販促予算を再配分するなどの改善活動により、マーケティングROIの向上が図ることができる。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP