キーワードで検索

モリサワ、モノクロPODシステム「RISAPRESSシリーズ」発売

2022年4月22日ニュース

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESSシリーズ」の新製品として、モノクロ機「RISAPRESS2100」を発売した。

 同機は、「RISAPRESS100」の後継機種で、プロダクション機で培われた印刷技術を継承した高い基本性能を有し、企業内印刷室などでの大量コピー/プリント業務を合理的な操作性で高速・高品質化できる。「プロダクション機では導入・運用面でハードルが高い」「オフィス機では生産性や品質において不安が残る」というニーズに対し、導入しやすいシステム構成とプロ仕様の信頼性で応えている。

RISAPRESS 2100

 用紙に対する最適な印刷設定を自動推奨する「インテリジェントメディアセンサー(IM-101)」を搭載し、用紙設定の自動化による省力化とスキルレス化を提供。センサーに用紙を挿入することで自動的に用紙の重さと種類を読み取り、AIにより用紙の厚みと種類の自動判定を行うことで用紙設定の候補を表示する。

 出力スピードは毎分100ページ(A4・ヨコ)で、多彩なフィニッシングと併せて高い生産性を発揮。さらに、紙の厚みや表面がザラついた用紙、再生紙といった「紙質に左右されないメディア対応力」も大きな特長だ。

 対応用紙坪量は40〜300g/平方メートルで、ペーパーフィーダーユニットPF-709の中段トレイを利用すれば350g/平方メートルの厚紙まで印刷可能。また、転写画質や用紙の搬送性を高めるベルト転写方式の採用により、トナーをムラなく均一に付着させ、紙端で起こる画像欠けやローラーの抵抗で発生する転写ズレを最小限に抑える。

 一方、「印刷はモノクロのみでもドキュメントデータはカラーで保管したい」というニーズに応え、従来機種で好評を得た両面1パスカラースキャナーがさらに高速化された。従来機では毎分90ページ(A4ヨコ)であった片面原稿のスキャンスピードは毎分120ページへ、両面原稿は両面を同時スキャンすることで毎分240ページ(A4ヨコ)という高速スキャンを実現している。

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

dp_06_23_tn.jpg

日本HP、オンラインセミナー「HP Indigo新製品で実現するアナログ to デジタル」6月23日開催

2022年5月23日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルは6月23日、オンラインセミナー「値上げラッシュの今だか...全文を読む

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20...全文を読む

新着トピックス

dp_risapress_20_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESSが発売20周年〜今後も高精細印字で社会に貢献

2022年5月16日企業・経営

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が販売するオンデマンド印刷システム「RISAPRESS(リサプレス)」シリーズが、このほど発売20周年を迎えた。2002年4月、モノクロオンデマンド印刷...全文を読む

higuchip_2022_dp_tn.jpg

樋口印刷所(大阪)、発注者の「妥協」を払拭[Jet Press導入事例]

2022年4月11日企業・経営

 (有)樋口印刷所(大阪市東住吉区桑津、樋口裕規社長)は昨年12月、「SDGsへの貢献」を旗印に、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750...全文を読む

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

モリサワ、モノクロPODシステム「RISAPRESSシリーズ」発売

2022年4月22日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESSシリーズ」の新製品として、モノクロ機「RISAPRESS2100」を発売した。

 同機は、「RISAPRESS100」の後継機種で、プロダクション機で培われた印刷技術を継承した高い基本性能を有し、企業内印刷室などでの大量コピー/プリント業務を合理的な操作性で高速・高品質化できる。「プロダクション機では導入・運用面でハードルが高い」「オフィス機では生産性や品質において不安が残る」というニーズに対し、導入しやすいシステム構成とプロ仕様の信頼性で応えている。

RISAPRESS 2100

 用紙に対する最適な印刷設定を自動推奨する「インテリジェントメディアセンサー(IM-101)」を搭載し、用紙設定の自動化による省力化とスキルレス化を提供。センサーに用紙を挿入することで自動的に用紙の重さと種類を読み取り、AIにより用紙の厚みと種類の自動判定を行うことで用紙設定の候補を表示する。

 出力スピードは毎分100ページ(A4・ヨコ)で、多彩なフィニッシングと併せて高い生産性を発揮。さらに、紙の厚みや表面がザラついた用紙、再生紙といった「紙質に左右されないメディア対応力」も大きな特長だ。

 対応用紙坪量は40〜300g/平方メートルで、ペーパーフィーダーユニットPF-709の中段トレイを利用すれば350g/平方メートルの厚紙まで印刷可能。また、転写画質や用紙の搬送性を高めるベルト転写方式の採用により、トナーをムラなく均一に付着させ、紙端で起こる画像欠けやローラーの抵抗で発生する転写ズレを最小限に抑える。

 一方、「印刷はモノクロのみでもドキュメントデータはカラーで保管したい」というニーズに応え、従来機種で好評を得た両面1パスカラースキャナーがさらに高速化された。従来機では毎分90ページ(A4ヨコ)であった片面原稿のスキャンスピードは毎分120ページへ、両面原稿は両面を同時スキャンすることで毎分240ページ(A4ヨコ)という高速スキャンを実現している。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP