キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士フイルムBI、「高速・高画質と省スペース化を実現する帯電部材」...

富士フイルムBI、「高速・高画質と省スペース化を実現する帯電部材」が全国発明表彰「朝日新聞社賞」

2022年6月1日ニュース

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は、(公社)発明協会が主催する令和四年度全国発明表彰において、「高速・高画質と省スペース化を実現する帯電部材」の発明(特許第6136862号)で、「朝日新聞社賞」を初めて受賞した。同発明は、複合機やプリンター等に搭載されるドラムカートリッジに使われている帯電装置の主要部品である帯電ロール(Bias Charge Roll、以下BCR)に関するもの。

 全国発明表彰は、我が国の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に1919(大正8)年から始まり、優れた発明・意匠を完成した者などを表彰するもので、「朝日新聞社賞」は、全国発明表彰における10点ある特別賞の一つ。今回の受賞は、科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、顕著な実施効果を挙げており、我が国の科学技術の振興、産業経済の発展に大きく貢献した点が評価された。

 高速デジタル印刷機(プロダクションプリンター)は、高画質(粒状性が良好なザラツキ感の無い画質)が求められることから、これまで高速デジタル印刷機の帯電装置には、中・低速デジタル複合機・プリンターで一般的に使用されているBCRではなく、高画質を実現するスコロトロンが使われていた。しかしスコロトロンは高画質を実現できる一方、BCRに比べて、コストや消費電力、部品の設置スペースなどで課題があった。そこで同社は、BCRの表面層を独自に設計することで、高速デジタル印刷機で求められる高画質を可能にするBCRを発明し、スコロトロンをBCRに置き換えることによるドラムカートリッジの「低コスト化(70%減)」・「低消費電力化(60%減)」・「省スペース化(50%減)」を実現した。

 なお、表彰式は6月30日、The Okura Tokyo(旧:ホテルオークラ東京)において行われる予定。

最新ニュース

dp_bli_tn.jpg

富士フイルムBI、ハイエンドモデル「Revoria Press PC1120」がBLI 2022 PRO Award受賞

2022年6月24日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(浜直樹社長・CEO)は、プロダクションカラープリンター「Revoria Press PC1120」が、ビジネスユーザー向け印刷機器の独立評...全文を読む

dp_ml_32000_tn.jpg

エプソン、高生産性と高い印捺品質・安定稼働を実現したインクジェットデジタル捺染機発売

2022年6月23日

 エプソンは、インクジェットデジタル捺染機Monna Lisa(モナリザ)シリーズの新商品として、高生産性と高い印捺品質、安定稼働を実現した「ML-32000」の発売を6月22日より開...全文を読む

toppanf20220623_dp_tn.jpg

トッパン・フォームズ、小ロット対応のセキュリティプリントサービス開発

2022年6月23日

 トッパン・フォームズ(株)は、偽造防止効果が得られるセキュリティプリントサービス「ヒドンワードII」の販売を開始した。  複合機などでコピーをすると「COPY」などの隠し文字が現れる...全文を読む

kodak_prosper_7000_dp_tn.jpg

コダック社、毎分最大410mのIJウェブプレス「PROSPER7000 Turbo Press」発表

2022年6月17日

 コダック社は、オハイオ州デイトンのインクジェットR&D/デモセンターにおいて「KODAK PROSPER7000 Turbo Press」を発表した。  Streamインクジェットテ...全文を読む

dp_gia_tn.jpg

コニカミノルタ、バーチャルショールームプラットフォームがドイツイノベーションアワード2022受賞

2022年6月17日

 コニカミノルタ(株)は、このほど欧州地域の統括販売会社であるコニカミノルタヨーロッパとリーニエンフルークデザイン社が、プロフェッショナルプリント事業におけるバーチャルショールームプラ...全文を読む

新着トピックス

shiseisya_nishikawap_tn.jpg

新星社西川印刷、立体表現で新事業領域へ - 創造力に寄り添う大判インクジェット事業

2022年6月24日ケーススタディ

 「古き良きアナログの精神と技術を受け継ぎ、進化し続けるデジタルとの融合を目指す」─商業印刷の新星社西川印刷(株)(本社/東京都台東区松が谷4-26-4、西川晴重社長)は今年2月、アグ...全文を読む

medic_dp_tn.jpg

メディック、商業施設の「賑わい空間づくり」に貢献

2022年6月22日ケーススタディ

 チラシやポスター、POP、ウインドウシートなど、「販売促進」という幅広い事業領域において、大判インクジェットプリンタによるアウトプット・制作業務を手掛ける(株)メディック(本社/東京...全文を読む

dp_sirahashi_ipa2021_tn.jpg

白橋、若手の想像力をカタチに〜企画力が評価されIPA2021で入賞

2022年5月30日企業・経営

 (株)白橋(東京都中央区、白橋明夫社長)は、2021年度の「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下『IPA』)」において、「『non...全文を読む

富士フイルムBI、「高速・高画質と省スペース化を実現する帯電部材」が全国発明表彰「朝日新聞社賞」

2022年6月1日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は、(公社)発明協会が主催する令和四年度全国発明表彰において、「高速・高画質と省スペース化を実現する帯電部材」の発明(特許第6136862号)で、「朝日新聞社賞」を初めて受賞した。同発明は、複合機やプリンター等に搭載されるドラムカートリッジに使われている帯電装置の主要部品である帯電ロール(Bias Charge Roll、以下BCR)に関するもの。

 全国発明表彰は、我が国の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に1919(大正8)年から始まり、優れた発明・意匠を完成した者などを表彰するもので、「朝日新聞社賞」は、全国発明表彰における10点ある特別賞の一つ。今回の受賞は、科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、顕著な実施効果を挙げており、我が国の科学技術の振興、産業経済の発展に大きく貢献した点が評価された。

 高速デジタル印刷機(プロダクションプリンター)は、高画質(粒状性が良好なザラツキ感の無い画質)が求められることから、これまで高速デジタル印刷機の帯電装置には、中・低速デジタル複合機・プリンターで一般的に使用されているBCRではなく、高画質を実現するスコロトロンが使われていた。しかしスコロトロンは高画質を実現できる一方、BCRに比べて、コストや消費電力、部品の設置スペースなどで課題があった。そこで同社は、BCRの表面層を独自に設計することで、高速デジタル印刷機で求められる高画質を可能にするBCRを発明し、スコロトロンをBCRに置き換えることによるドラムカートリッジの「低コスト化(70%減)」・「低消費電力化(60%減)」・「省スペース化(50%減)」を実現した。

 なお、表彰式は6月30日、The Okura Tokyo(旧:ホテルオークラ東京)において行われる予定。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP