キーワードで検索

ミヤコシ、「軟包装 新時代」をテーマにJAPAN PACK 2023に出展

2023年9月8日ニュース

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、10月3日から6日までの4日間、東京ビッグサイトにおいて開催される「JAPAN PACK 2023(日本包装産業展)」に出展し、生産効率の向上と環境対応の両立に向けた印刷ソリューションを提案する(小間番号2-223)。
MJP30AXF
 同社では「軟包装 新時代」をテーマに環境負荷を軽減しながらボリュームゾーンに合わせた生産体制の確立を実現する「水性インクジェット」、「水性フレキソ」、「EBオフセット」の3つの印刷方式を紹介していく。さらに、現場のムリ・ムダを抑制する自動化やスキルレスなど、時代に合わせた提案も行っていく。なお、実機の展示はなし。

【出展内容】

▽水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」
 消費者志向の多様化と極小ロットへの適応は今後も留まることのない市場で、デジタルの機能性 と安心安全な水性インクを活かしたMJP30AXFは、国内外で設置実績を増やしている唯一の軟 包装用水性インクジェットプリンター。オペレーター不足の解消や損紙の削減を特長とし、とくにグラビア印刷機では、まったく非効率な小ロット領域での生産を強力に後押しする。

▽CI型フレキソ印刷機「MCI1000-W」
 海外では多く使われているCIフレキソ機は、その多くが油性インキをベースに設計されている。ミヤコシは、日本特有の水性フレキソインキに特化したCI型水性フレキソ印刷機を開発。水性インキが樹脂版の上で乾燥してしまう版カラミの課題を解決し、満足のいく操作性を目指した大〜中ロットの領域でポテンシャルを発揮する国産最新機種MCI1000-Wを紹介する。

▽ライン型EBオフセット印刷機
 2012年からミヤコシは、ナローウェブ・オフセット技術の軟包装活用をMHLシリーズで推進してきた。オフセット印刷は、高い環境性能を有しながら、版が廉価で小中ロットに適している。今回のJAPAN PACKでは、Electron Beam(電子線)を使ったインキ硬化装置とEBオフセットインキを使用した、参考用途例を解説していく。

最新ニュース

rolanddg_mo-240_dp_tn.jpg

ローランドDG、UVフラットベッドプリンター「VersaOBJECT MO-240」発売

2024年1月15日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、立体物にダイレクト印刷が行える「VersaOBJECT(バーサオブジェクト)」シリーズの新製品として、UV-LEDフラットベッドインクジェットプリ...全文を読む

dp_akita_epson_tn.jpg

秋田エプソン、インクジェットプリンター用ヘッド製造の新棟竣工

2023年12月25日

 セイコーエプソン(株)(以下、エプソン)のグループ会社である秋田エプソン(株)(以下、秋田エプソン)は、インクジェットプリンター用ヘッド(以下、プリントヘッド)の生産能力増強のため、...全文を読む

morisawafair24_dp_tn.jpg

モリサワ、「MORISAWA FAIR 2024」ハイブリッドで開催

2023年12月20日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は1月23日、本社(大阪市浪速区敷津東2-6-25)において恒例の新春イベント「MORISAWA FAIR 2024」を会場(オフライン)、オンラインの...全文を読む

mimaki_m2coa_dp_tn.jpg

ミマキ、アームロボ導入でオペレーターの作業時間を90%削減

2023年12月15日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、UVプリンタ製品と連動して自動的に印刷媒体を配置・回収し、オーダーグッズや工業製品のプリント工程を自動化するパッケージシステム「M2C...全文を読む

dp_z75_20231214_tn.jpg

リコー、B2サイズ対応の枚葉インクジェット「RICOH Pro Z75」発売開始

2023年12月15日

 (株)リコー(大山晃社長)は、国内商用印刷市場向けに枚葉式の高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」の発売を2023年12月19日に開始する。  新...全文を読む

新着トピックス

dp_fe_pc_tn.jpg

富士フイルムBI、DX実証の場へと進化した「Future Edge」

2024年1月11日企業・経営

 最新の大型インクジェットプリンターなどの生産設備と、IoT技術を活用した最先端の生産工場「FUJIFILM Smart Factory」を体感できる「Future Edge(フューチ...全文を読む

osakainsatsu_swiss_q_op2_23_tn.jpg

大阪印刷、swissQprint UV IJプリンタ「Oryx4」「Impala4」導入

2023年12月27日ケーススタディ

 同人誌印刷やアクリル商品で急成長する大阪印刷(株)(大阪市西淀川区御幣島5-5-23、根田貴裕社長)。コロナ禍の2021年売上は5億2,000万円ほどであったが、2023年は18億円...全文を読む

zip_dm23_sample_dp_tn.jpg

ジップ、年間3億通を封入発送〜独自のダイレクトマーケティング事業展開

2023年12月27日企業・経営

 「感動で繋がる」──年間3億通にのぼる郵便物の発送代行業務を手掛ける(株)ジップ(本社/岡山県瀬戸内市長船町長船301-11、三鍋英治社長)。通販事業をトータルにサポートする「ダイレ...全文を読む

ミヤコシ、「軟包装 新時代」をテーマにJAPAN PACK 2023に出展

2023年9月8日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、10月3日から6日までの4日間、東京ビッグサイトにおいて開催される「JAPAN PACK 2023(日本包装産業展)」に出展し、生産効率の向上と環境対応の両立に向けた印刷ソリューションを提案する(小間番号2-223)。
MJP30AXF
 同社では「軟包装 新時代」をテーマに環境負荷を軽減しながらボリュームゾーンに合わせた生産体制の確立を実現する「水性インクジェット」、「水性フレキソ」、「EBオフセット」の3つの印刷方式を紹介していく。さらに、現場のムリ・ムダを抑制する自動化やスキルレスなど、時代に合わせた提案も行っていく。なお、実機の展示はなし。

【出展内容】

▽水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」
 消費者志向の多様化と極小ロットへの適応は今後も留まることのない市場で、デジタルの機能性 と安心安全な水性インクを活かしたMJP30AXFは、国内外で設置実績を増やしている唯一の軟 包装用水性インクジェットプリンター。オペレーター不足の解消や損紙の削減を特長とし、とくにグラビア印刷機では、まったく非効率な小ロット領域での生産を強力に後押しする。

▽CI型フレキソ印刷機「MCI1000-W」
 海外では多く使われているCIフレキソ機は、その多くが油性インキをベースに設計されている。ミヤコシは、日本特有の水性フレキソインキに特化したCI型水性フレキソ印刷機を開発。水性インキが樹脂版の上で乾燥してしまう版カラミの課題を解決し、満足のいく操作性を目指した大〜中ロットの領域でポテンシャルを発揮する国産最新機種MCI1000-Wを紹介する。

▽ライン型EBオフセット印刷機
 2012年からミヤコシは、ナローウェブ・オフセット技術の軟包装活用をMHLシリーズで推進してきた。オフセット印刷は、高い環境性能を有しながら、版が廉価で小中ロットに適している。今回のJAPAN PACKでは、Electron Beam(電子線)を使ったインキ硬化装置とEBオフセットインキを使用した、参考用途例を解説していく。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP