キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 日本HP、大阪印刷でIndigo実機見学会〜デジタル印刷の可能性体...

日本HP、大阪印刷でIndigo実機見学会〜デジタル印刷の可能性体感

2024年1月19日ニュース

 (株)日本HPデジタルプレス事業本部は1月11日、大阪印刷(株)(大阪市西淀川区御幣島5-5-23)において「HP Indigoデジタル印刷機実機見学会」を開催。Indigoユーザーや導入検討企業など、およそ40名が参加した。

Indigoユーザーや導入検討企業など、およそ40名が参加

 大阪印刷は、同人誌印刷ビジネスで急成長を遂げる、創業12年の新鋭企業。現在、従業員110名を擁し、売上規模は約18億円。昨年11月には延床面積で旧社屋の3倍(約1,200坪)におよぶ新社屋に移転している。

 見学会の冒頭、挨拶に立った日本HPデジタルプレス事業本部インダストリアルセールス本部事業企画部長の田口兼多氏は「世界的に見てもIndigoユーザーでここまで急成長を遂げている企業はない。その急成長をもたらした技術や経営について、ぜひ多くのヒントを持ち帰ってほしい」と呼びかけた。

 また、実機デモに先立ち、日本HPからIndigoデジタル印刷ソリューションの一端が紹介され、特色やRGB印刷、可変デザインツールなどによる「差別化」をはじめ、「自動化」「事業開発支援」「サステナビリティ」といった4つの観点から、その先進性や優位性が示された。

大阪印刷・緒方氏(左)と日本HP・田口氏

 現在、大阪印刷で稼働するIndigoデジタル印刷機は6台。これが一列に並んで設置されている。見学会では、大阪印刷が自社開発する前処理済みの蒸着紙や色紙に、複数パスで高い遮蔽性を実現する白を使った印刷実演が行われたほか、偏光紙やPPなど、様々な原反への印刷サンプルも披露された。

 また、コーター機や後加工機など多種多様な周辺設備も公開。大阪印刷の共同経営者で製造部門を統括する緒方人志氏が「創作意欲を掻き立てるデジタルプレス」と表現する「Indigo」の幅広いビジネスの可能性が提示された。

 なお、見学会終了後には懇親会も開かれ、参加者同士の意見交換の場がもたれた。

最新ニュース

motoya_mihon_hk35_dp_tn.jpg

ローランドDG、全世界でDIMENSE製品の販売・サポート開始

2024年1月22日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、リトアニアに設立した新たな合弁会社「DG DIMENSE(ディージーダイメンス)」で開発、製造された、立体的なエンボス表現ができるデジタルプリント...全文を読む

rolanddg_mo-240_dp_tn.jpg

ローランドDG、UVフラットベッドプリンター「VersaOBJECT MO-240」発売

2024年1月15日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、立体物にダイレクト印刷が行える「VersaOBJECT(バーサオブジェクト)」シリーズの新製品として、UV-LEDフラットベッドインクジェットプリ...全文を読む

dp_akita_epson_tn.jpg

秋田エプソン、インクジェットプリンター用ヘッド製造の新棟竣工

2023年12月25日

 セイコーエプソン(株)(以下、エプソン)のグループ会社である秋田エプソン(株)(以下、秋田エプソン)は、インクジェットプリンター用ヘッド(以下、プリントヘッド)の生産能力増強のため、...全文を読む

morisawafair24_dp_tn.jpg

モリサワ、「MORISAWA FAIR 2024」ハイブリッドで開催

2023年12月20日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は1月23日、本社(大阪市浪速区敷津東2-6-25)において恒例の新春イベント「MORISAWA FAIR 2024」を会場(オフライン)、オンラインの...全文を読む

mimaki_m2coa_dp_tn.jpg

ミマキ、アームロボ導入でオペレーターの作業時間を90%削減

2023年12月15日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、UVプリンタ製品と連動して自動的に印刷媒体を配置・回収し、オーダーグッズや工業製品のプリント工程を自動化するパッケージシステム「M2C...全文を読む

新着トピックス

kodak_24ny_top_dp_tn.jpg

コダックジャパン、オフとデジタル両輪で印刷業界にコミット

2024年1月16日スペシャリスト

 ワールドワイドでコダックの事業全体の7〜8割を占める印刷関連事業。プレート、CTP機器、ワークフローを三位一体とするオフセット印刷事業と、「唯一無二」の尖った製品ポートフォリオを持つ...全文を読む

ffgs_24ny_yasuda_dp_tn.jpg

FFGS、「最適生産」をよりリアルなソリューションに[安田庄司技術本部長に聞く]

2024年1月15日スペシャリスト

 「一緒に答えを導き出す会社へ」──富士フイルムグラフィックソリューションズ(株)(山田周一郎社長、以下「FFGS」)は昨年4月、サービス部門の統合および社名変更を行い、保守・修理等の...全文を読む

dp_fe_pc_tn.jpg

富士フイルムBI、DX実証の場へと進化した「Future Edge」

2024年1月11日企業・経営

 最新の大型インクジェットプリンターなどの生産設備と、IoT技術を活用した最先端の生産工場「FUJIFILM Smart Factory」を体感できる「Future Edge(フューチ...全文を読む

日本HP、大阪印刷でIndigo実機見学会〜デジタル印刷の可能性体感

2024年1月19日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)日本HPデジタルプレス事業本部は1月11日、大阪印刷(株)(大阪市西淀川区御幣島5-5-23)において「HP Indigoデジタル印刷機実機見学会」を開催。Indigoユーザーや導入検討企業など、およそ40名が参加した。

Indigoユーザーや導入検討企業など、およそ40名が参加

 大阪印刷は、同人誌印刷ビジネスで急成長を遂げる、創業12年の新鋭企業。現在、従業員110名を擁し、売上規模は約18億円。昨年11月には延床面積で旧社屋の3倍(約1,200坪)におよぶ新社屋に移転している。

 見学会の冒頭、挨拶に立った日本HPデジタルプレス事業本部インダストリアルセールス本部事業企画部長の田口兼多氏は「世界的に見てもIndigoユーザーでここまで急成長を遂げている企業はない。その急成長をもたらした技術や経営について、ぜひ多くのヒントを持ち帰ってほしい」と呼びかけた。

 また、実機デモに先立ち、日本HPからIndigoデジタル印刷ソリューションの一端が紹介され、特色やRGB印刷、可変デザインツールなどによる「差別化」をはじめ、「自動化」「事業開発支援」「サステナビリティ」といった4つの観点から、その先進性や優位性が示された。

大阪印刷・緒方氏(左)と日本HP・田口氏

 現在、大阪印刷で稼働するIndigoデジタル印刷機は6台。これが一列に並んで設置されている。見学会では、大阪印刷が自社開発する前処理済みの蒸着紙や色紙に、複数パスで高い遮蔽性を実現する白を使った印刷実演が行われたほか、偏光紙やPPなど、様々な原反への印刷サンプルも披露された。

 また、コーター機や後加工機など多種多様な周辺設備も公開。大阪印刷の共同経営者で製造部門を統括する緒方人志氏が「創作意欲を掻き立てるデジタルプレス」と表現する「Indigo」の幅広いビジネスの可能性が提示された。

 なお、見学会終了後には懇親会も開かれ、参加者同士の意見交換の場がもたれた。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP