キーワードで検索

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

ミシンやパンチなどの多彩な加工を可変処理

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日間で約100名が来場した。
バリアブル加工機「VPR20A」
 今回、公開されたバリアブル加工機「VPR20A」は、オフセット輪転機製造で培った高速用紙搬送技術や加工技術を活用した高性能加工機。デジタル印刷機などで印刷されたデータマトリックス(二次元バーコード)に埋め込まれた様々な加工パターンをリーダーで読み取り、その加工パターン情報に応じて各加工ユニットがバリアブル制御によって1部ごとにセット替えを実行して連続処理をする。これによりページごとに異なるパンチ加工や縦横のミシン加工、折り加工などを連続で自動処理することができる。
データマトリックスを瞬時に読み取り加工を指示
 また、ジョブチェンジのためにシリンダーが入った大きなカセットをサイズごとに用意しているので、カセットなどの重量物交換を行うことなく作業を行うことが可能。さらにはミシン位置の設定も自動なのでその手間と時間も大幅に省くことができる。

 同社では、輪転方式のインクジェットプリンターの後加工フィニッシャーとして、大判のダイレクトメールや納付書、クーポンや商品券などのデジタル印刷アプリケーションへの応用を想定している。

 今回の展示モデルは、給紙部、ランダムファイルパンチ加工部、ランダム縦ミシン部、ランダム横ミシン部、折部、巻取部の各ユニットで構成されている。

 最大用紙幅は、520.7mm、最大加工幅は、508mm。機械最高速度は毎分50mだが、同社では現在、加工速度を毎分100mに高めたモデルの開発を行っている。
折り出し加工サンプル
 また、同内覧会では、フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP20AXW」とラベル用インクジェットプリンター「MJP13LXV」のインクジェットプリンター2機種と、枚葉角底製袋機「SB35」も公開された。

 フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP20AXW」は、業界最高クラスとなる1,200×1,200dpiの画質で毎分200mの超高速印刷を実現。印刷品質と用紙適応性を引き上げるインラインコーターを搭載し、幅広いメディアに対応する。

 高濃度かつ低コストの水性顔料インクの採用により高品質の書籍、雑誌、商業印刷、ダイレクトマーケティング製品のための最適なデジタル印刷ソリューションを提案する。バリアブル加工機「VPR20A」の加工実演では、「MJP20AXW」でプレプリントされた用紙を使用している。

 ラベル用インクジェットプリンター「MJP13LXV」は、全長4mの省スペース設計でありながら、少量多品種ラベル印刷に最大の生産性と効果を発揮する。CMYKの4色のほか、特色として白の2度刷り(オプション)ができるので、ラベルメディアだけでなく、透明フィルムへの印刷も可能となっている。さらに低臭のLED-UVインクと窒素パージによる臭気制御で食品系のアプリケーションにも対応できる。印刷速度は、50m/min(1,200dpi×1,200dpi)。

 枚葉角底製袋機「SB35」は、事前にプリントされた枚葉紙を洋品袋やショッピングバッグなどの形状にチューブ成形して製袋まで一貫加工できる。高精度のシート搬送システムにより、薄紙や高速域でも損紙の少ない安定走行・生産を実現する。

関連記事

新着トピックス

hyoda_app_1_dp_tn.jpg

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用...全文を読む

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

最新ニュース

dp_est480_tn.jpg

桂川電機とマークス、昇華転写プリントの効率化を加速する「KIP EST480」発売

2020年1月9日

 桂川電機(株)(本社/東京都大田区、渡邉正禮社長)と各種ウェアおよび各種用品のマーキング加工を手がける(株)マークス(本社/熊本県熊本市、田中博社長)は、デジタルテキスタイル印刷にお...全文を読む

agfa-greenguard-gold-vector-logo_dp_tn.jpg

アグフア、UVインクジェットインクが「GREENGUARDゴールド認定」取得

2019年12月18日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、サイン&ディスプレイ向けUVインクジェットインクである「Anuvia(アヌビア)1250/1551」と「Anapurna(アナプルナ)...全文を読む

dp_scs80650l_tn.jpg

エプソン、インクの交換頻度と保管スペースを削減するエコソルベントインク搭載大判IJ機発売

2019年12月18日

 エプソンは、サイン&ディスプレイ業界向けエコソルベントインク搭載大判インクジェットプリンターの新商品として、インクパックを採用した10色インク搭載「SC-S80650L」、および4色...全文を読む

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

ミシンやパンチなどの多彩な加工を可変処理

2020年1月7日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日間で約100名が来場した。
バリアブル加工機「VPR20A」
 今回、公開されたバリアブル加工機「VPR20A」は、オフセット輪転機製造で培った高速用紙搬送技術や加工技術を活用した高性能加工機。デジタル印刷機などで印刷されたデータマトリックス(二次元バーコード)に埋め込まれた様々な加工パターンをリーダーで読み取り、その加工パターン情報に応じて各加工ユニットがバリアブル制御によって1部ごとにセット替えを実行して連続処理をする。これによりページごとに異なるパンチ加工や縦横のミシン加工、折り加工などを連続で自動処理することができる。
データマトリックスを瞬時に読み取り加工を指示
 また、ジョブチェンジのためにシリンダーが入った大きなカセットをサイズごとに用意しているので、カセットなどの重量物交換を行うことなく作業を行うことが可能。さらにはミシン位置の設定も自動なのでその手間と時間も大幅に省くことができる。

 同社では、輪転方式のインクジェットプリンターの後加工フィニッシャーとして、大判のダイレクトメールや納付書、クーポンや商品券などのデジタル印刷アプリケーションへの応用を想定している。

 今回の展示モデルは、給紙部、ランダムファイルパンチ加工部、ランダム縦ミシン部、ランダム横ミシン部、折部、巻取部の各ユニットで構成されている。

 最大用紙幅は、520.7mm、最大加工幅は、508mm。機械最高速度は毎分50mだが、同社では現在、加工速度を毎分100mに高めたモデルの開発を行っている。
折り出し加工サンプル
 また、同内覧会では、フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP20AXW」とラベル用インクジェットプリンター「MJP13LXV」のインクジェットプリンター2機種と、枚葉角底製袋機「SB35」も公開された。

 フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP20AXW」は、業界最高クラスとなる1,200×1,200dpiの画質で毎分200mの超高速印刷を実現。印刷品質と用紙適応性を引き上げるインラインコーターを搭載し、幅広いメディアに対応する。

 高濃度かつ低コストの水性顔料インクの採用により高品質の書籍、雑誌、商業印刷、ダイレクトマーケティング製品のための最適なデジタル印刷ソリューションを提案する。バリアブル加工機「VPR20A」の加工実演では、「MJP20AXW」でプレプリントされた用紙を使用している。

 ラベル用インクジェットプリンター「MJP13LXV」は、全長4mの省スペース設計でありながら、少量多品種ラベル印刷に最大の生産性と効果を発揮する。CMYKの4色のほか、特色として白の2度刷り(オプション)ができるので、ラベルメディアだけでなく、透明フィルムへの印刷も可能となっている。さらに低臭のLED-UVインクと窒素パージによる臭気制御で食品系のアプリケーションにも対応できる。印刷速度は、50m/min(1,200dpi×1,200dpi)。

 枚葉角底製袋機「SB35」は、事前にプリントされた枚葉紙を洋品袋やショッピングバッグなどの形状にチューブ成形して製袋まで一貫加工できる。高精度のシート搬送システムにより、薄紙や高速域でも損紙の少ない安定走行・生産を実現する。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP