キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • キヤノンMJグループ、高速デジタル印刷機と後加工機の一貫生産ライン...

キヤノンMJグループ、高速デジタル印刷機と後加工機の一貫生産ラインを市場投入

製品マニュアルや書籍などの印刷生産システムとして2018年11月上旬より発売開始

2018年10月23日ニュース

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、業務用高速デジタル印刷機と後加工機の一貫印刷ラインの市場投入を開始し、商業印刷事業を強化する。その取り組みとして製品マニュアルや書籍などの印刷生産システムを製造業や印刷業のユーザー向けに2018年11月上旬より発売する。

 具体的には、オセのフルカラー連帳インクジェットプリンターの新製品「ColorStream 6700 Chroma」とキヤノンのフルカラープロダクションプリンター「imagePRESS C10000VP」の印刷システムに、(株)グーフの生産管理ソフトウエア「PC OneFlow」とホリゾンの製本システム「Smart Binding System」を連携させた印刷生産システムとして提供していく。これにより印刷前後の各工程を自動化し、製品マニュアルや書籍、カタログ、パンフレットなどの印刷物を効率的に生産することが可能なる。

 「ColorStream 6700 Chroma」は、世界で約800台の導入実績がある「ColorStream 3000 Z」シリーズの基本性能を継承しながら、ノズルの目詰まりを抑止するプリントヘッド機構と水性顔料インク「クロメラインク」を新たに搭載したフルカラー連帳インクジェットプリンター。安定した稼働と色域の拡大、製品マニュアルに使用されることの多い薄紙用紙への印刷品質の向上を実現している。

 最大毎分100メートルの印字速度(オプションでモノクロ印刷時150メートルに対応)、1色〜6色に対応する拡張性、機器設置時のレイアウトの柔軟性の高さが特長となっている。
ColorStream 6700 Chroma
 同生産システムは、キヤノンメディカルシステムズ(株)に先行導入され、2019年初頭より医療機器製品マニュアルの自動化生産システムとして稼働を開始する。数万点におよぶマニュアルデータを自動で工務設計し、制作、印刷から製本まで一貫して生産効率を向上できるほか、必要時に必要な部数のみを作成することで在庫の適正化を図ることが可能。

 医療機器製品マニュアルは、法改正など、製品マニュアルの内容を即時に修正する必要があるほか、印刷のカスレや落丁など品質にともなうトラブルはリコール対象になる場合があり、品質とトレーサビリティーを担保した生産システムの構築が求められる。このような医療機器製品マニュアルの課題に対し、同生産システムは、プリフライトや面付けなどの印刷前処理から下版データの管理、印刷、印刷検査ログの取得、製本、断裁を含む全工程の自動化を図り、リードタイムの削減と不良品の排除を実現している。また、製品マニュアルを個別に管理できるため、リコールなどの問題が生じた際に製品マニュアルの印刷時期や出荷状況を追跡し、どこで不良が生じたかを確認できるなどトレーサビリティーにも優れている。

 キヤノンMJグループは、カラー連帳インクジェットプリンターを活用した同様のデジタル印刷生産システムを製造業や印刷業向けに販売し、年間で10件の導入を目指している。

関連記事

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

モリサワ、6月25・26日に東京本社で「MORISAWA FAIR 2019」開催

2019年6月11日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は6月25・26日の2日間、東京本社(東京都新宿区下宮比町2-27)において「MORISAWA FAIR 2019」を開催する(参加費は無料)。  同フ...全文を読む

tsf2019visualimage_dp_tn.jpg

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

2019年6月10日

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmar...全文を読む

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

キヤノンMJグループ、高速デジタル印刷機と後加工機の一貫生産ラインを市場投入

製品マニュアルや書籍などの印刷生産システムとして2018年11月上旬より発売開始

2018年10月23日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、業務用高速デジタル印刷機と後加工機の一貫印刷ラインの市場投入を開始し、商業印刷事業を強化する。その取り組みとして製品マニュアルや書籍などの印刷生産システムを製造業や印刷業のユーザー向けに2018年11月上旬より発売する。

 具体的には、オセのフルカラー連帳インクジェットプリンターの新製品「ColorStream 6700 Chroma」とキヤノンのフルカラープロダクションプリンター「imagePRESS C10000VP」の印刷システムに、(株)グーフの生産管理ソフトウエア「PC OneFlow」とホリゾンの製本システム「Smart Binding System」を連携させた印刷生産システムとして提供していく。これにより印刷前後の各工程を自動化し、製品マニュアルや書籍、カタログ、パンフレットなどの印刷物を効率的に生産することが可能なる。

 「ColorStream 6700 Chroma」は、世界で約800台の導入実績がある「ColorStream 3000 Z」シリーズの基本性能を継承しながら、ノズルの目詰まりを抑止するプリントヘッド機構と水性顔料インク「クロメラインク」を新たに搭載したフルカラー連帳インクジェットプリンター。安定した稼働と色域の拡大、製品マニュアルに使用されることの多い薄紙用紙への印刷品質の向上を実現している。

 最大毎分100メートルの印字速度(オプションでモノクロ印刷時150メートルに対応)、1色〜6色に対応する拡張性、機器設置時のレイアウトの柔軟性の高さが特長となっている。
ColorStream 6700 Chroma
 同生産システムは、キヤノンメディカルシステムズ(株)に先行導入され、2019年初頭より医療機器製品マニュアルの自動化生産システムとして稼働を開始する。数万点におよぶマニュアルデータを自動で工務設計し、制作、印刷から製本まで一貫して生産効率を向上できるほか、必要時に必要な部数のみを作成することで在庫の適正化を図ることが可能。

 医療機器製品マニュアルは、法改正など、製品マニュアルの内容を即時に修正する必要があるほか、印刷のカスレや落丁など品質にともなうトラブルはリコール対象になる場合があり、品質とトレーサビリティーを担保した生産システムの構築が求められる。このような医療機器製品マニュアルの課題に対し、同生産システムは、プリフライトや面付けなどの印刷前処理から下版データの管理、印刷、印刷検査ログの取得、製本、断裁を含む全工程の自動化を図り、リードタイムの削減と不良品の排除を実現している。また、製品マニュアルを個別に管理できるため、リコールなどの問題が生じた際に製品マニュアルの印刷時期や出荷状況を追跡し、どこで不良が生じたかを確認できるなどトレーサビリティーにも優れている。

 キヤノンMJグループは、カラー連帳インクジェットプリンターを活用した同様のデジタル印刷生産システムを製造業や印刷業向けに販売し、年間で10件の導入を目指している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP