キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • キヤノンMJグループ、高速デジタル印刷機と後加工機の一貫生産ライン...

キヤノンMJグループ、高速デジタル印刷機と後加工機の一貫生産ラインを市場投入

製品マニュアルや書籍などの印刷生産システムとして2018年11月上旬より発売開始

2018年10月23日ニュース

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、業務用高速デジタル印刷機と後加工機の一貫印刷ラインの市場投入を開始し、商業印刷事業を強化する。その取り組みとして製品マニュアルや書籍などの印刷生産システムを製造業や印刷業のユーザー向けに2018年11月上旬より発売する。

 具体的には、オセのフルカラー連帳インクジェットプリンターの新製品「ColorStream 6700 Chroma」とキヤノンのフルカラープロダクションプリンター「imagePRESS C10000VP」の印刷システムに、(株)グーフの生産管理ソフトウエア「PC OneFlow」とホリゾンの製本システム「Smart Binding System」を連携させた印刷生産システムとして提供していく。これにより印刷前後の各工程を自動化し、製品マニュアルや書籍、カタログ、パンフレットなどの印刷物を効率的に生産することが可能なる。

 「ColorStream 6700 Chroma」は、世界で約800台の導入実績がある「ColorStream 3000 Z」シリーズの基本性能を継承しながら、ノズルの目詰まりを抑止するプリントヘッド機構と水性顔料インク「クロメラインク」を新たに搭載したフルカラー連帳インクジェットプリンター。安定した稼働と色域の拡大、製品マニュアルに使用されることの多い薄紙用紙への印刷品質の向上を実現している。

 最大毎分100メートルの印字速度(オプションでモノクロ印刷時150メートルに対応)、1色〜6色に対応する拡張性、機器設置時のレイアウトの柔軟性の高さが特長となっている。
ColorStream 6700 Chroma
 同生産システムは、キヤノンメディカルシステムズ(株)に先行導入され、2019年初頭より医療機器製品マニュアルの自動化生産システムとして稼働を開始する。数万点におよぶマニュアルデータを自動で工務設計し、制作、印刷から製本まで一貫して生産効率を向上できるほか、必要時に必要な部数のみを作成することで在庫の適正化を図ることが可能。

 医療機器製品マニュアルは、法改正など、製品マニュアルの内容を即時に修正する必要があるほか、印刷のカスレや落丁など品質にともなうトラブルはリコール対象になる場合があり、品質とトレーサビリティーを担保した生産システムの構築が求められる。このような医療機器製品マニュアルの課題に対し、同生産システムは、プリフライトや面付けなどの印刷前処理から下版データの管理、印刷、印刷検査ログの取得、製本、断裁を含む全工程の自動化を図り、リードタイムの削減と不良品の排除を実現している。また、製品マニュアルを個別に管理できるため、リコールなどの問題が生じた際に製品マニュアルの印刷時期や出荷状況を追跡し、どこで不良が生じたかを確認できるなどトレーサビリティーにも優れている。

 キヤノンMJグループは、カラー連帳インクジェットプリンターを活用した同様のデジタル印刷生産システムを製造業や印刷業向けに販売し、年間で10件の導入を目指している。

関連記事

最新ニュース

dmm_3d_hitachi_dp_tn.jpg

DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

2018年12月13日

 DMM.com(本社/東京都港区)は(株)日立物流、佐川急便(株)と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島5-3-2)内に3D造形物の生産拠点を設置し、12月4日から運...全文を読む

dp_canon_sinagawa_tn.jpg

キヤノンMJ、「キヤノンラグビーパーク in 品川」開設

2018年12月12日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)は、キヤノンプラザS(品川)内に「ラグビーワールドカップ2019大会」をイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパーク in 品...全文を読む

大塚商会、「POD Special 2DAYS! in 関西」に延べ111社・130名

2018年12月7日

 (株)大塚商会は12月4・5日の2日間、プリンティングイノベーションセンター関西(大阪市中央区)において、印刷業界向けイベント「POD Special 2DAYS! in 関西」を開...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 500名以上が来場

2018年12月3日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、11月23日から25日に大阪・日本橋ボークスビルにおいて開催されたフルカラー3Dプリントの美術展「ウルトラモデラ...全文を読む

106_usa_tn.jpg

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

2018年11月26日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォ...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、「デジタル印刷で柱を立てる」2020年に通販サービスで売上20億円へ

2018年12月7日ケーススタディ

 2020年に通販サービスで売上20億円を目指す----。(株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)は、この目標達成に向けて設備投資や新たな通販サービスを開設...全文を読む

キーポイントインテリジェンス、中国デジタル印刷機市場規模と予測を発表

2018年12月4日マーケティング

 (株)キーポイントインテリジェンス(東京都渋谷区)は、「2018年中国デジタル印刷機(POD&CDLP)市場動向と予測」を発表した。同スタディでは、同社が定義する市場セグメントに基づ...全文を読む

kyouritsu_prosper_2_tn.jpg

共立印刷、PROSPER S5 導入事例 - DM700万部を2週間で処理

2018年12月3日ケーススタディ

 共立印刷(株)(本社/東京都板橋区清水町36-1、佐藤尚哉社長)は、KODAK PROSPER S5を合計9台搭載した5ラインのシート搬送印字機で、700万部のDMをわずか2週間で処...全文を読む

キヤノンMJグループ、高速デジタル印刷機と後加工機の一貫生産ラインを市場投入

製品マニュアルや書籍などの印刷生産システムとして2018年11月上旬より発売開始

2018年10月23日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、業務用高速デジタル印刷機と後加工機の一貫印刷ラインの市場投入を開始し、商業印刷事業を強化する。その取り組みとして製品マニュアルや書籍などの印刷生産システムを製造業や印刷業のユーザー向けに2018年11月上旬より発売する。

 具体的には、オセのフルカラー連帳インクジェットプリンターの新製品「ColorStream 6700 Chroma」とキヤノンのフルカラープロダクションプリンター「imagePRESS C10000VP」の印刷システムに、(株)グーフの生産管理ソフトウエア「PC OneFlow」とホリゾンの製本システム「Smart Binding System」を連携させた印刷生産システムとして提供していく。これにより印刷前後の各工程を自動化し、製品マニュアルや書籍、カタログ、パンフレットなどの印刷物を効率的に生産することが可能なる。

 「ColorStream 6700 Chroma」は、世界で約800台の導入実績がある「ColorStream 3000 Z」シリーズの基本性能を継承しながら、ノズルの目詰まりを抑止するプリントヘッド機構と水性顔料インク「クロメラインク」を新たに搭載したフルカラー連帳インクジェットプリンター。安定した稼働と色域の拡大、製品マニュアルに使用されることの多い薄紙用紙への印刷品質の向上を実現している。

 最大毎分100メートルの印字速度(オプションでモノクロ印刷時150メートルに対応)、1色〜6色に対応する拡張性、機器設置時のレイアウトの柔軟性の高さが特長となっている。
ColorStream 6700 Chroma
 同生産システムは、キヤノンメディカルシステムズ(株)に先行導入され、2019年初頭より医療機器製品マニュアルの自動化生産システムとして稼働を開始する。数万点におよぶマニュアルデータを自動で工務設計し、制作、印刷から製本まで一貫して生産効率を向上できるほか、必要時に必要な部数のみを作成することで在庫の適正化を図ることが可能。

 医療機器製品マニュアルは、法改正など、製品マニュアルの内容を即時に修正する必要があるほか、印刷のカスレや落丁など品質にともなうトラブルはリコール対象になる場合があり、品質とトレーサビリティーを担保した生産システムの構築が求められる。このような医療機器製品マニュアルの課題に対し、同生産システムは、プリフライトや面付けなどの印刷前処理から下版データの管理、印刷、印刷検査ログの取得、製本、断裁を含む全工程の自動化を図り、リードタイムの削減と不良品の排除を実現している。また、製品マニュアルを個別に管理できるため、リコールなどの問題が生じた際に製品マニュアルの印刷時期や出荷状況を追跡し、どこで不良が生じたかを確認できるなどトレーサビリティーにも優れている。

 キヤノンMJグループは、カラー連帳インクジェットプリンターを活用した同様のデジタル印刷生産システムを製造業や印刷業向けに販売し、年間で10件の導入を目指している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP