キーワードで検索

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 7

伸びるデジタル印刷と包装分野への参入

2018年8月22日スペシャリスト

一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

市場ウォッチングの大事さ:デジタル印刷によるロッテ、キシリトールガム 発売

 株式会社ロッテは、キシリトールガム発売20周年を記念して、世界に1つだけのパッケージデザイン品を発売しました。その種類は、総計200万種類以上とのことである。https://xylitol20th.jp/を参照ください。

 2017年5月19日の凸版印刷のニュースリリースによると以下のように記載されています。

 軟包装分野で小ロット多種多様なパッケージを実現するトータルソリューション「トッパンFP(Flexible Packaging)デジタルソリューション」を2016年より提供しています。
 このたび本ソリューションが、株式会社ロッテ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佃孝之、以下 ロッテ)が2017年5月23日(火)に全国で発売する「キシリトールガム<Xミント>」の20周年記念デザインパッケージで採用されました。
 今回の採用商品では、株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡隆史)が提供するHP Indigoデジタル印刷機と、複数のデザインデータを入力すると自動的に拡大・回転などを繰り返し、ユニークなデザインを大量に自動生成できる「HP Mosaic ソリューション」を活用。凸版印刷が従来培ってきた情報加工技術を応用することで、新しい印刷手法となるフィルムへのデジタル印刷において最適条件を確立し、店頭効果の高い印刷再現を実現しました。また、フィルム同士を貼り合わせるコンバーティング技術においても、デジタル印刷特有の性質に適合する技術を確立しました。

 キシリトールガム<Xミント>、2017年5月23日(火)全国発売、早速、スーパーに行き、買い求め写真を撮りました。

 デザインは、いま最も影響力のある20組の20代の若者の未来に込めたそれぞれの想いを、世界にひとつのパッケージとして表現との記事があります。

 店の棚の中箱には、デジタル印刷されたキシリトールガムがいっぱいあり、どのデザインにするか一瞬選択に戸惑いましたが、適当に色違いのデザインを買い求めました。

各種デザイン

各面の印刷

 さらに記事によると、「トッパンFPデジタルソリューション」の特長が次のように記載されています。

・製版不要のため、複数デザインのパッケージ製造が可能
 従来の軟包装印刷は製版が必要な大量生産向けの印刷が一般的でしたが、デジタル印刷は製版が不要のため、複数デザインのパッケージを展開できます。

・情報加工技術を応用し、グラビア印刷と同等の品質を実現
 デジタル印刷でありながら、従来培ってきた情報加工技術を応用することで、店頭効果の高い印刷再現を可能にし、グラビア印刷と同等の品質を実現しました。

・少量から大量まで、適切なデータ処理が可能な運用体制を構築
 大小さまざまなデータを適切に取り扱う運用スキームを構築。カタログやDMなど多様な印刷物を取り扱う従来培ってきたノウハウを活用し、デザインのデータ量に応じた適切な運用体制を独自構築しています。

 いよいよ軟包装のデジタル印刷が本格化し始めました。デジタル印刷が、IoT, industry 4.0, Packaging 4.0, Printing 4.0 の確立に一番近いところにいると思います。


住本技術士事務所 所長 住本充弘氏(すみもと みつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 7

伸びるデジタル印刷と包装分野への参入

2018年8月22日スペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

市場ウォッチングの大事さ:デジタル印刷によるロッテ、キシリトールガム 発売

 株式会社ロッテは、キシリトールガム発売20周年を記念して、世界に1つだけのパッケージデザイン品を発売しました。その種類は、総計200万種類以上とのことである。https://xylitol20th.jp/を参照ください。

 2017年5月19日の凸版印刷のニュースリリースによると以下のように記載されています。

 軟包装分野で小ロット多種多様なパッケージを実現するトータルソリューション「トッパンFP(Flexible Packaging)デジタルソリューション」を2016年より提供しています。
 このたび本ソリューションが、株式会社ロッテ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佃孝之、以下 ロッテ)が2017年5月23日(火)に全国で発売する「キシリトールガム<Xミント>」の20周年記念デザインパッケージで採用されました。
 今回の採用商品では、株式会社 日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡隆史)が提供するHP Indigoデジタル印刷機と、複数のデザインデータを入力すると自動的に拡大・回転などを繰り返し、ユニークなデザインを大量に自動生成できる「HP Mosaic ソリューション」を活用。凸版印刷が従来培ってきた情報加工技術を応用することで、新しい印刷手法となるフィルムへのデジタル印刷において最適条件を確立し、店頭効果の高い印刷再現を実現しました。また、フィルム同士を貼り合わせるコンバーティング技術においても、デジタル印刷特有の性質に適合する技術を確立しました。

 キシリトールガム<Xミント>、2017年5月23日(火)全国発売、早速、スーパーに行き、買い求め写真を撮りました。

 デザインは、いま最も影響力のある20組の20代の若者の未来に込めたそれぞれの想いを、世界にひとつのパッケージとして表現との記事があります。

 店の棚の中箱には、デジタル印刷されたキシリトールガムがいっぱいあり、どのデザインにするか一瞬選択に戸惑いましたが、適当に色違いのデザインを買い求めました。

各種デザイン

各面の印刷

 さらに記事によると、「トッパンFPデジタルソリューション」の特長が次のように記載されています。

・製版不要のため、複数デザインのパッケージ製造が可能
 従来の軟包装印刷は製版が必要な大量生産向けの印刷が一般的でしたが、デジタル印刷は製版が不要のため、複数デザインのパッケージを展開できます。

・情報加工技術を応用し、グラビア印刷と同等の品質を実現
 デジタル印刷でありながら、従来培ってきた情報加工技術を応用することで、店頭効果の高い印刷再現を可能にし、グラビア印刷と同等の品質を実現しました。

・少量から大量まで、適切なデータ処理が可能な運用体制を構築
 大小さまざまなデータを適切に取り扱う運用スキームを構築。カタログやDMなど多様な印刷物を取り扱う従来培ってきたノウハウを活用し、デザインのデータ量に応じた適切な運用体制を独自構築しています。

 いよいよ軟包装のデジタル印刷が本格化し始めました。デジタル印刷が、IoT, industry 4.0, Packaging 4.0, Printing 4.0 の確立に一番近いところにいると思います。


住本技術士事務所 所長 住本充弘氏(すみもと みつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP