キーワードで検索

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 14

伸びるデジタル印刷と包装分野への参入

2018年11月12日スペシャリスト

一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

 紙器は、四角形だけが構造ではない。次の事例は、豪華なイメージを構造とアルミ箔への印刷で上手に表現している。チョコレートは大人の菓子である。ギフト用にも満足できるカートンと思う。


 紙の持つ剛性を上手に使用した事例がある。壊れやすいスティック状の製品をカ バーする構造でかつ立体的に店頭で立たせる工夫をしている。紙器の最大の特徴は、保形性である。紙本来の剛性を形状に上手に使用する。


 同じように自立性では、ちょっとした工夫の構造で自立性を付与できる。この構造は日本でも利用されいる。


 思い切った変形カートンもできる。


 このように、パッケージは形状を自由に工夫できる。売れれば良いパッケージになる。商品コンセプトを十分理解し、その商品にふさわしいパッケージを提案することがパッケージの面白さである。ありきたりの四角い形状だけでなく、その内容物にふさわしい思い切った形状の紙器・カートンを考えてみてほしい。


住本技術士事務所 所長 住本充弘氏(すみもと みつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

新着トピックス

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

dp_kick_start_6_18_tn.jpg

リコージャパン、「KICK START2021」始動

2021年6月10日マーケティング

 リコージャパン(株)は、6月18日よりオンラインイベント「KICK START 2021」を順次開催していく。「印刷会社×リコージャパン」をコンセプトに掲げ、印刷会社が持つ強みとリコ...全文を読む

最新ニュース

dp_printcompass_8_30_tn.jpg

リコージャパン、8月度の「印刷業界Now!」で最新の印刷技術トレンドをLIVE配信

2021年8月23日

 リコージャパン(株)の情報発信サイト「Print Compass」が展開するオンラインLIVEイベント「印刷業界Now!」では8月30日、「virtual.drupaや各社動向に見る...全文を読む

dp_hpweb_8_27_tn.jpg

日本HP、9月10日「軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」をテーマにオンラインセミナー開催

2021年8月19日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは9月10日(8月27日から開催日が変更)、「海外成功事例に学...全文を読む

dp_surepress_100_tn.jpg

エプソン、デジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」が国内導入100台を達成

2021年8月10日

 エプソンのデジタルラベル印刷機「SurePress(シュアプレス)シリーズ」が、このほど国内導入100台を達成した。  同社は、2010年10月に独自のインクジェット技術でラベル印刷...全文を読む

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 14

伸びるデジタル印刷と包装分野への参入

2018年11月12日スペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

 紙器は、四角形だけが構造ではない。次の事例は、豪華なイメージを構造とアルミ箔への印刷で上手に表現している。チョコレートは大人の菓子である。ギフト用にも満足できるカートンと思う。


 紙の持つ剛性を上手に使用した事例がある。壊れやすいスティック状の製品をカ バーする構造でかつ立体的に店頭で立たせる工夫をしている。紙器の最大の特徴は、保形性である。紙本来の剛性を形状に上手に使用する。


 同じように自立性では、ちょっとした工夫の構造で自立性を付与できる。この構造は日本でも利用されいる。


 思い切った変形カートンもできる。


 このように、パッケージは形状を自由に工夫できる。売れれば良いパッケージになる。商品コンセプトを十分理解し、その商品にふさわしいパッケージを提案することがパッケージの面白さである。ありきたりの四角い形状だけでなく、その内容物にふさわしい思い切った形状の紙器・カートンを考えてみてほしい。


住本技術士事務所 所長 住本充弘氏(すみもと みつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP