キーワードで検索

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

幅340cmに対応、独創的な機能の数々を搭載

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載した堅牢なスイス製のプリンタで、スイスメイドのハイエンドフラットベッドプリンタで市場から高い評価を得ているswissQprintにとって、新たな展開をもたらす新製品となりそうだ。国内ではサイン&ディスプレイショウ2019で初公開となり、今年9月以降からの出荷開始となる予定。

国内ではサイン&ディスプレイショウ2019で初公開となる「Karibu(カリブ)」

 「Karibu」は、幅340cmまでのロールメディアに対応するUVインクジェットプリンタ。効率性、信頼性、汎用性の向上に役立つ独創的な機能の数々が搭載されている。Fespaの展示会場では、ロールメディアをいかに容易に、手早く交換できるかを実演。新開発のカセットシステムにより、ロールメディアのセットから印刷準備完了までわずか数分で行える容易なロールの取り扱いを披露した。

 プリントエリアのすぐ手前側に「Light Box」を装備しており、バックリット出力の品質確認を即時に、継続的に行うことが可能。これにより、時間と材料の無駄を最小限に抑えることができ、Fespaの来場者からも「バックリットの印刷品質は卓越したswissQprint クオリティだ」と高く評価されたようだ。

 印刷テーブルにはメッシュキットが装備されており、クリーンで簡単にメッシュなどのインクが通過するメディア、またはフルブリード印刷が行える。印刷前の追加セットアップ作業、印刷後のクリーニングは不要。プリントビームはX軸(前後方向)に動作可能で、オペレータのクリック1つで通常の位置からメッシュ印刷ポジションへ移動する。移動後、ただちに印刷開始が可能だ。

関連記事

新着トピックス

gpcenter_dp_tn.jpg

ジーピーセンター、ものづくり本来の喜びを[アナプルナ導入事例]

2020年4月1日ケーススタディ

 「表現をもっと自由に」─「桶狭間の戦い」の舞台となった愛知県豊明市に本社を置く総合印刷会社(株)ジーピーセンター(本社/愛知県豊明市栄町三ツ池下33-3、青木昭憲社長)は一昨年11月...全文を読む

大洞印刷、プラットフォーマーとしての力を強化 - 「PaaS(パース)」提唱

2020年3月31日ケーススタディ

 「我々は印刷もできるIT企業。印刷を使ったサービスを提供している。印刷物はその結果に過ぎない」。このように語るのは、大洞印刷(株)(本社/岐阜県本巣市)の大洞広和専務だ。印刷業界のプ...全文を読む

最新ニュース

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

幅340cmに対応、独創的な機能の数々を搭載

2019年6月14日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載した堅牢なスイス製のプリンタで、スイスメイドのハイエンドフラットベッドプリンタで市場から高い評価を得ているswissQprintにとって、新たな展開をもたらす新製品となりそうだ。国内ではサイン&ディスプレイショウ2019で初公開となり、今年9月以降からの出荷開始となる予定。

国内ではサイン&ディスプレイショウ2019で初公開となる「Karibu(カリブ)」

 「Karibu」は、幅340cmまでのロールメディアに対応するUVインクジェットプリンタ。効率性、信頼性、汎用性の向上に役立つ独創的な機能の数々が搭載されている。Fespaの展示会場では、ロールメディアをいかに容易に、手早く交換できるかを実演。新開発のカセットシステムにより、ロールメディアのセットから印刷準備完了までわずか数分で行える容易なロールの取り扱いを披露した。

 プリントエリアのすぐ手前側に「Light Box」を装備しており、バックリット出力の品質確認を即時に、継続的に行うことが可能。これにより、時間と材料の無駄を最小限に抑えることができ、Fespaの来場者からも「バックリットの印刷品質は卓越したswissQprint クオリティだ」と高く評価されたようだ。

 印刷テーブルにはメッシュキットが装備されており、クリーンで簡単にメッシュなどのインクが通過するメディア、またはフルブリード印刷が行える。印刷前の追加セットアップ作業、印刷後のクリーニングは不要。プリントビームはX軸(前後方向)に動作可能で、オペレータのクリック1つで通常の位置からメッシュ印刷ポジションへ移動する。移動後、ただちに印刷開始が可能だ。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP