キーワードで検索

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

幅340cmに対応、独創的な機能の数々を搭載

2019年6月14日製品・テクノロジー

 2本のロールメディアを同時に印刷する場合には、1.6m幅までのメディアを2本同時に出力し、生産性を2倍にできるデュアルロールオプションが装備可能。ロールを固定するシャフトは2つのセクションに分かれており、それぞれが独立して稼働する。これにより、各ロールに最適なテンションが保たれ、印刷品質の向上に寄与することができる。

 また、ピアノのようにテーブル幅いっぱいに136のバキュームスイッチが配置されている。各々のバキュームチャンネルが開閉可能で、デュアルロールの間のエリアなどをオフにしてエア漏れを防ぐことができる。指先による軽いタップ操作のみでオンオフ切替が行われ、すべてのエリアをオンまたはオフにするのはわずか4秒程度。このバキュームスイッチはswissQprint により特許出願中。

 4本のステータスインジケータが装備されており、離れた位置から機械の状態と印刷ジョブの進行状況を確認することができる。オペレータは室内の別の場所で他の作業を行っている際にもKaribuに目を配ることができる。

 swissQprintは今回、Karibu 用としてロールtoロール専用のインクを新たに開発した。硬化後のインクは柔軟性があり、多様なロールメディアに使用可能。インクはNVC フリー、Greenguard Gold認証取得済みで、印刷したものを学校や医療機関などでも使用できる。

 「Karibu」の出荷は今年9月以降を予定しており、すでに受注を開始している。日本では8月29日〜31日に東京ビッグサイトで開催されるサイン&ディスプレイショウ2019で初公開となる。swissQprintのスイス製品クオリティを継承し、機能性、省エネルギー性、堅牢性を備えている「Karibu」には20年以上にわたるUVインクジェットプリント開発の経験に、革新的なテクニカルソリューションが融合されており、出力サービスに関わるユーザーにとって、仕事を効率的に処理するための最適なプリンタの選択肢の1つになることは間違いない。

関連記事

新着トピックス

gpcenter_dp_tn.jpg

ジーピーセンター、ものづくり本来の喜びを[アナプルナ導入事例]

2020年4月1日ケーススタディ

 「表現をもっと自由に」─「桶狭間の戦い」の舞台となった愛知県豊明市に本社を置く総合印刷会社(株)ジーピーセンター(本社/愛知県豊明市栄町三ツ池下33-3、青木昭憲社長)は一昨年11月...全文を読む

大洞印刷、プラットフォーマーとしての力を強化 - 「PaaS(パース)」提唱

2020年3月31日ケーススタディ

 「我々は印刷もできるIT企業。印刷を使ったサービスを提供している。印刷物はその結果に過ぎない」。このように語るのは、大洞印刷(株)(本社/岐阜県本巣市)の大洞広和専務だ。印刷業界のプ...全文を読む

最新ニュース

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

幅340cmに対応、独創的な機能の数々を搭載

2019年6月14日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 2本のロールメディアを同時に印刷する場合には、1.6m幅までのメディアを2本同時に出力し、生産性を2倍にできるデュアルロールオプションが装備可能。ロールを固定するシャフトは2つのセクションに分かれており、それぞれが独立して稼働する。これにより、各ロールに最適なテンションが保たれ、印刷品質の向上に寄与することができる。

 また、ピアノのようにテーブル幅いっぱいに136のバキュームスイッチが配置されている。各々のバキュームチャンネルが開閉可能で、デュアルロールの間のエリアなどをオフにしてエア漏れを防ぐことができる。指先による軽いタップ操作のみでオンオフ切替が行われ、すべてのエリアをオンまたはオフにするのはわずか4秒程度。このバキュームスイッチはswissQprint により特許出願中。

 4本のステータスインジケータが装備されており、離れた位置から機械の状態と印刷ジョブの進行状況を確認することができる。オペレータは室内の別の場所で他の作業を行っている際にもKaribuに目を配ることができる。

 swissQprintは今回、Karibu 用としてロールtoロール専用のインクを新たに開発した。硬化後のインクは柔軟性があり、多様なロールメディアに使用可能。インクはNVC フリー、Greenguard Gold認証取得済みで、印刷したものを学校や医療機関などでも使用できる。

 「Karibu」の出荷は今年9月以降を予定しており、すでに受注を開始している。日本では8月29日〜31日に東京ビッグサイトで開催されるサイン&ディスプレイショウ2019で初公開となる。swissQprintのスイス製品クオリティを継承し、機能性、省エネルギー性、堅牢性を備えている「Karibu」には20年以上にわたるUVインクジェットプリント開発の経験に、革新的なテクニカルソリューションが融合されており、出力サービスに関わるユーザーにとって、仕事を効率的に処理するための最適なプリンタの選択肢の1つになることは間違いない。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP