キーワードで検索

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

キャッシュレス決済可能〜新たな印刷需要喚起も視野に

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用されるオーダー&キャッシュレス決済アプリを開発した。同アプリは、食事メニューのカスタマイズや事前予約、時間指定受け取りが可能で、オーダー時にアプリ内でキャッシュレス決済まで可能だ。兵田社長は、アプリの汎用化による水平展開に加え、新たな印刷需要創出のトリガーとしての活用も視野に入れている。


 「先進技術への積極投資」という企業ポリシーのもと、デジタル武装を推し進めてきた同社では、2014年から「デジタル印刷会社化構想」をスタートさせ、昨年9月、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 720S」導入をきっかけに、オフセット印刷部門を撤廃。「完全デジタル印刷会社」へと変貌を遂げることで「印刷ビジネスにおける新たな概念の創造」に乗り出している。

 「完全デジタル印刷会社だからできること」を追求していく中で、当然ながらマーケティングやクロスメディアといった分野で着実に実績を重ねてきた同社の兵田社長は、「今後印刷業は、『デジタルコンテンツ』という新たな利益創出のブラックボックスを作り上げていく必要がある」と指摘している。そして、同社のその取り組みが大きく開花した「大学食堂のオーダー&キャッシュレス決済アプリ」の開発が大きな話題となっている。

 先進的な取り組みで知られるこの大学では、2014年から進めるキャンパスの大規模整備の一環として今年9月、スマートフォンからオーダーできる「次世代型新食堂」をオープン。そのアプリ開発を手掛けたのが兵田印刷工芸だ。米国スポーツ用品メーカーの日本総代理店と大学のコラボレーションにより、日本の大学で初めてプロテイン入りのメニューなどを提供する学食と、大学発の食材を使ったメニューなどを提供する学食の2つの新しい食堂で9月のオープンから運用が開始されている。

大学の次世代型新食堂

関連記事

新着トピックス

kanbi_digital2020_dp_tn.jpg

関西美術印刷、美術印刷を凌駕する表現力と安定感[Jet Press 750S導入事例]

2020年4月3日ケーススタディ

 「信頼される製品づくり」─学校アルバムで知られる関西美術印刷(株)(本社/奈良市西木辻町153-1、西田晴彦社長)は昨年11月、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプ...全文を読む

dp_shinwa_yamazaki_tn.jpg

新和製作所、本稼働の最終段階に入ったインプレミアNS40

2020年4月2日ケーススタディ

 昨年10月、(株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)と40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia(インプレミア)NS40」のフィールドテスト...全文を読む

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

キャッシュレス決済可能〜新たな印刷需要喚起も視野に

2019年12月13日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用されるオーダー&キャッシュレス決済アプリを開発した。同アプリは、食事メニューのカスタマイズや事前予約、時間指定受け取りが可能で、オーダー時にアプリ内でキャッシュレス決済まで可能だ。兵田社長は、アプリの汎用化による水平展開に加え、新たな印刷需要創出のトリガーとしての活用も視野に入れている。


 「先進技術への積極投資」という企業ポリシーのもと、デジタル武装を推し進めてきた同社では、2014年から「デジタル印刷会社化構想」をスタートさせ、昨年9月、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 720S」導入をきっかけに、オフセット印刷部門を撤廃。「完全デジタル印刷会社」へと変貌を遂げることで「印刷ビジネスにおける新たな概念の創造」に乗り出している。

 「完全デジタル印刷会社だからできること」を追求していく中で、当然ながらマーケティングやクロスメディアといった分野で着実に実績を重ねてきた同社の兵田社長は、「今後印刷業は、『デジタルコンテンツ』という新たな利益創出のブラックボックスを作り上げていく必要がある」と指摘している。そして、同社のその取り組みが大きく開花した「大学食堂のオーダー&キャッシュレス決済アプリ」の開発が大きな話題となっている。

 先進的な取り組みで知られるこの大学では、2014年から進めるキャンパスの大規模整備の一環として今年9月、スマートフォンからオーダーできる「次世代型新食堂」をオープン。そのアプリ開発を手掛けたのが兵田印刷工芸だ。米国スポーツ用品メーカーの日本総代理店と大学のコラボレーションにより、日本の大学で初めてプロテイン入りのメニューなどを提供する学食と、大学発の食材を使ったメニューなどを提供する学食の2つの新しい食堂で9月のオープンから運用が開始されている。

大学の次世代型新食堂

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP