キーワードで検索

コニカミノルタジャパン、美術作品の印刷にAccurioJET KM-1が採用

日本写真印刷コミュニケーションズが「松方コレクション全作品」を制作

2018年7月20日ニュース

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)が販売する29インチ枚葉UV インクジェット印刷機「AccurioJET KM-1」が、このほど国立西洋美術館が執筆・編集し、7月17日に発売された「松方コレクション西洋美術全作品第1 巻絵画」(以下、『松方コレクション全作品』)の印刷機として採用された。制作を担当したのは、「AccurioJET KM-1」を導入している日本写真印刷コミュニケーションズ(株)。

 日本写真印刷コミュニケーションズでは、貴重な文化財を次代に伝え活用するためのソリューション「文化財アートソリューション」において、これまでも「AccurioJET KM-1」を活用してきたが、今回も同ソリューションを通じて「松方コレクション全作品」を提供している。

 日本写真印刷コミュニケーションズが提供する「文化財アートソリューション事業」は、美術館・博物館向けに「ワンストップでソリューション提供」をコンセプトとし、美術館・博物館向け収蔵作品管理システム「Artize MA」、自動組版システム、高品質カラーデジタル印刷システム「NDP(Nissha Digital Printing)」の3つのプロセスからなるトータルソリューション。

 戦前、川崎造船所の社長をつとめた松方幸次郎は、第一次世界大戦中のヨーロッパで10,000点にもおよぶ膨大なコレクションを収集。この内、第二次大戦中パリに残されていた約400点の作品は、戦後わが国がサンフランシスコ講和条約を経て、国際社会に復帰する際にフランスから寄贈返還され、これを展示する施設として国立西洋美術館が設立された。

 今回、刊行される「松方コレクション全作品」は、作品の収集を開始した1916年から100周年を迎えたことを契機に、わが国に西洋美術が紹介された歴史の解明と、松方幸次郎の顕彰を目的に、学術的観点からそのコレクションの全貌を明らかにするもの。

 なお、今回、制作された「松方コレクション全作品」は、7月26日から開催される「IGAS2018」のコニカミノルタジャパンブース(東2ホール、2-2)に展示される。

関連記事

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

エプソン、2020年2月1日より大判インクジェットプリンター消耗品の標準価格改定

2019年11月13日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、大判インクジェットプリンターの一部消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定することを発表した。  エ...全文を読む

新着トピックス

hyoda_app_1_dp_tn.jpg

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用...全文を読む

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

コニカミノルタジャパン、美術作品の印刷にAccurioJET KM-1が採用

日本写真印刷コミュニケーションズが「松方コレクション全作品」を制作

2018年7月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • 29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJET KM-1」29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJET KM-1」

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)が販売する29インチ枚葉UV インクジェット印刷機「AccurioJET KM-1」が、このほど国立西洋美術館が執筆・編集し、7月17日に発売された「松方コレクション西洋美術全作品第1 巻絵画」(以下、『松方コレクション全作品』)の印刷機として採用された。制作を担当したのは、「AccurioJET KM-1」を導入している日本写真印刷コミュニケーションズ(株)。

 日本写真印刷コミュニケーションズでは、貴重な文化財を次代に伝え活用するためのソリューション「文化財アートソリューション」において、これまでも「AccurioJET KM-1」を活用してきたが、今回も同ソリューションを通じて「松方コレクション全作品」を提供している。

 日本写真印刷コミュニケーションズが提供する「文化財アートソリューション事業」は、美術館・博物館向けに「ワンストップでソリューション提供」をコンセプトとし、美術館・博物館向け収蔵作品管理システム「Artize MA」、自動組版システム、高品質カラーデジタル印刷システム「NDP(Nissha Digital Printing)」の3つのプロセスからなるトータルソリューション。

 戦前、川崎造船所の社長をつとめた松方幸次郎は、第一次世界大戦中のヨーロッパで10,000点にもおよぶ膨大なコレクションを収集。この内、第二次大戦中パリに残されていた約400点の作品は、戦後わが国がサンフランシスコ講和条約を経て、国際社会に復帰する際にフランスから寄贈返還され、これを展示する施設として国立西洋美術館が設立された。

 今回、刊行される「松方コレクション全作品」は、作品の収集を開始した1916年から100周年を迎えたことを契機に、わが国に西洋美術が紹介された歴史の解明と、松方幸次郎の顕彰を目的に、学術的観点からそのコレクションの全貌を明らかにするもの。

 なお、今回、制作された「松方コレクション全作品」は、7月26日から開催される「IGAS2018」のコニカミノルタジャパンブース(東2ホール、2-2)に展示される。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP