キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、長時間安定稼働のロールtoロール水性昇華転写用インクジェッ...

ミマキ、長時間安定稼働のロールtoロール水性昇華転写用インクジェットプリンタ発売

2018年9月3日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、高い生産性と長時間の安定稼働、さらに低ランニングコストを実現した1.8mロールtoロール水性昇華転写用インクジェットプリンタ「TS55-1800」の販売を10月から開始する。

 近年テキスタイル・アパレル市場では、少量〜中量を短納期で生産できるデジタルプリンタへの注目が高まっている。同プリンタは、そのニーズに応え、新開発ヘッドを搭載することで、最速140平方メートル/時の高速プリントから、品質重視の高画質プリントまで、仕事に合わせた幅広いモードを選択できる。また、従来機では不可能だった高速モード(70平方メートル/時)でバンディングや色むらを軽減する機能「MAPS」の使用を可能にすることで、高い生産性と美しい画質を両立。さらに、高速プリントでも長時間の連続稼働を実現する新規オプションユニットの「ミニジャンボロールユニット」と「10kgインク供給ユニット」を開発した。

 「ミニジャンボロールユニット」は、約2,500m巻の転写紙「Mimaki Vision Jet-X」を装着するための繰り出しユニット。150m巻の転写紙を最速モード(140平方メートル/時)でプリントした場合、約2時間でプリントが完了するため夜間などオペレータ不在時に連続稼働できないが、「Mimaki Vision Jet-X」のミニジャンボロールを使用することで長時間の連続無人運転が可能となる。また、小巻ロールと比較して平米単価を抑え、ランニングコスト削減にも貢献する。

 一方「10kgインク供給ユニット」は、1色あたり10kgのインクタンクをセットするためのユニット。大容量タンクなため長時間の連続稼働が可能になる。また、従来の2Lインクパックと比較してcc単価を大幅に削減する。

関連記事

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

mutoh_xpertjet_dp_tn.jpg

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

2019年7月18日

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。  「XpertJet...全文を読む

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

新着トピックス

swissq1_tn.jpg

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年7月19日ケーススタディ

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、...全文を読む

shanon_Jpmd20190717_dp_tn.jpg

シャノンとJPMD、DMの自動印刷・発送機能とMAサービスを連携

2019年7月17日マーケティング

 (株)シャノン(東京都港区、中村健一郎社長)と日本郵政グループの(株)JPメディアダイレクト(東京都港区、中島直樹CEO、以下「JPMD」)は、シャノンが提供するマーケティングオート...全文を読む

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

ミマキ、長時間安定稼働のロールtoロール水性昇華転写用インクジェットプリンタ発売

2018年9月3日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • TS55-1800TS55-1800

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、高い生産性と長時間の安定稼働、さらに低ランニングコストを実現した1.8mロールtoロール水性昇華転写用インクジェットプリンタ「TS55-1800」の販売を10月から開始する。

 近年テキスタイル・アパレル市場では、少量〜中量を短納期で生産できるデジタルプリンタへの注目が高まっている。同プリンタは、そのニーズに応え、新開発ヘッドを搭載することで、最速140平方メートル/時の高速プリントから、品質重視の高画質プリントまで、仕事に合わせた幅広いモードを選択できる。また、従来機では不可能だった高速モード(70平方メートル/時)でバンディングや色むらを軽減する機能「MAPS」の使用を可能にすることで、高い生産性と美しい画質を両立。さらに、高速プリントでも長時間の連続稼働を実現する新規オプションユニットの「ミニジャンボロールユニット」と「10kgインク供給ユニット」を開発した。

 「ミニジャンボロールユニット」は、約2,500m巻の転写紙「Mimaki Vision Jet-X」を装着するための繰り出しユニット。150m巻の転写紙を最速モード(140平方メートル/時)でプリントした場合、約2時間でプリントが完了するため夜間などオペレータ不在時に連続稼働できないが、「Mimaki Vision Jet-X」のミニジャンボロールを使用することで長時間の連続無人運転が可能となる。また、小巻ロールと比較して平米単価を抑え、ランニングコスト削減にも貢献する。

 一方「10kgインク供給ユニット」は、1色あたり10kgのインクタンクをセットするためのユニット。大容量タンクなため長時間の連続稼働が可能になる。また、従来の2Lインクパックと比較してcc単価を大幅に削減する。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP