キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • アグフア、アポジー・クラウド国内初の月額変動方式を太洋社が採用

アグフア、アポジー・クラウド国内初の月額変動方式を太洋社が採用

ライセンスやクラウド上のサーバー構成を月単位で変更可能

2019年2月5日ニュース

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、クラウドワークフローの最新バージョン「アポジー・クラウド11.0」から利用可能になった新サービス「アポジー・クラウド サブスクリプション」を、(株)太洋社(本社/岐阜県、大道成則社長)が国内で初めて採用したことを発表した。

 アグフアは、1997年に世界初のPDFワークフロー「アポジー」を発表し、業界に先駆けてJDFにも対応。2010年には、面付け機能である「自動面付け アポジー・インポーズ」を発表するなど、業界に先駆けて独創的かつ先進的な製品を紹介してきた。

 2016年に発表した業界初のクラウドワークフロー「アポジー・クラウド」は、従来必要であった専用サーバーが不要になり、初期投資を抑え、月額制の中で常に最新バージョンが利用できる。また、セキュリティレベルの高いクラウドセンターに複数拠点のシステムを一元管理することで、管理の手間を削減し、BCP対策にも繋がるソリューションだ。柔軟性が上がることによる働き方改革の実績も出てきている。

 最新バージョンから利用可能になったアポジー・クラウド サブスクリプションは、アポジーのライセンスやクラウド上のサーバーの構成(CPU・メモリなど)を月単位で変更できるもの。各月のジョブ量に合わせて構成を変更できるため、必要なときのみ処理速度を向上させるなど、最小限のコストで最大の効果を得ることができる。

 アポジー・クラウドによって、高額な投資から月額の固定費へと転換できたワークフローへのコストを、アポジー・クラウド サブスクリプションによって、売上に比例する変動費に転換することが可能で、また逆に月額費固定のまま繁忙期のみシステムを強化するという方式も可能である。

 太洋社プリプレス事業部長の滝口善徳氏は、「利用料金の変動なく、最小限のコストで繁忙期に処理速度を上げることができるので、経営的にも現場的にも大きなメリットがある。今後、繁忙期はRIPエンジンやCPU、メモリを増やし、多くのタスクをロードバランスで同時かつ高速に処理できる。主に書籍を扱い、ジョブ量に対して処理データ量が多い当社にとって非常に効果的である」とコメントしている。

関連記事

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

mimaki_3dgd-1800_dp_tn.jpg

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

2020年4月1日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。  「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

2020年4月9日ケーススタディ

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プラ...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2020年4月9日製品・テクノロジー

 日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、ロール式ラミネーター、業務用全自動ラミネーターのラインアップを豊富に取り揃え、あらゆるユーザーニーズに...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

アグフア、アポジー・クラウド国内初の月額変動方式を太洋社が採用

ライセンスやクラウド上のサーバー構成を月単位で変更可能

2019年2月5日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、クラウドワークフローの最新バージョン「アポジー・クラウド11.0」から利用可能になった新サービス「アポジー・クラウド サブスクリプション」を、(株)太洋社(本社/岐阜県、大道成則社長)が国内で初めて採用したことを発表した。

 アグフアは、1997年に世界初のPDFワークフロー「アポジー」を発表し、業界に先駆けてJDFにも対応。2010年には、面付け機能である「自動面付け アポジー・インポーズ」を発表するなど、業界に先駆けて独創的かつ先進的な製品を紹介してきた。

 2016年に発表した業界初のクラウドワークフロー「アポジー・クラウド」は、従来必要であった専用サーバーが不要になり、初期投資を抑え、月額制の中で常に最新バージョンが利用できる。また、セキュリティレベルの高いクラウドセンターに複数拠点のシステムを一元管理することで、管理の手間を削減し、BCP対策にも繋がるソリューションだ。柔軟性が上がることによる働き方改革の実績も出てきている。

 最新バージョンから利用可能になったアポジー・クラウド サブスクリプションは、アポジーのライセンスやクラウド上のサーバーの構成(CPU・メモリなど)を月単位で変更できるもの。各月のジョブ量に合わせて構成を変更できるため、必要なときのみ処理速度を向上させるなど、最小限のコストで最大の効果を得ることができる。

 アポジー・クラウドによって、高額な投資から月額の固定費へと転換できたワークフローへのコストを、アポジー・クラウド サブスクリプションによって、売上に比例する変動費に転換することが可能で、また逆に月額費固定のまま繁忙期のみシステムを強化するという方式も可能である。

 太洋社プリプレス事業部長の滝口善徳氏は、「利用料金の変動なく、最小限のコストで繁忙期に処理速度を上げることができるので、経営的にも現場的にも大きなメリットがある。今後、繁忙期はRIPエンジンやCPU、メモリを増やし、多くのタスクをロードバランスで同時かつ高速に処理できる。主に書籍を扱い、ジョブ量に対して処理データ量が多い当社にとって非常に効果的である」とコメントしている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP