キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • アグフア、アポジー・クラウド国内初の月額変動方式を太洋社が採用

アグフア、アポジー・クラウド国内初の月額変動方式を太洋社が採用

ライセンスやクラウド上のサーバー構成を月単位で変更可能

2019年2月5日ニュース

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、クラウドワークフローの最新バージョン「アポジー・クラウド11.0」から利用可能になった新サービス「アポジー・クラウド サブスクリプション」を、(株)太洋社(本社/岐阜県、大道成則社長)が国内で初めて採用したことを発表した。

 アグフアは、1997年に世界初のPDFワークフロー「アポジー」を発表し、業界に先駆けてJDFにも対応。2010年には、面付け機能である「自動面付け アポジー・インポーズ」を発表するなど、業界に先駆けて独創的かつ先進的な製品を紹介してきた。

 2016年に発表した業界初のクラウドワークフロー「アポジー・クラウド」は、従来必要であった専用サーバーが不要になり、初期投資を抑え、月額制の中で常に最新バージョンが利用できる。また、セキュリティレベルの高いクラウドセンターに複数拠点のシステムを一元管理することで、管理の手間を削減し、BCP対策にも繋がるソリューションだ。柔軟性が上がることによる働き方改革の実績も出てきている。

 最新バージョンから利用可能になったアポジー・クラウド サブスクリプションは、アポジーのライセンスやクラウド上のサーバーの構成(CPU・メモリなど)を月単位で変更できるもの。各月のジョブ量に合わせて構成を変更できるため、必要なときのみ処理速度を向上させるなど、最小限のコストで最大の効果を得ることができる。

 アポジー・クラウドによって、高額な投資から月額の固定費へと転換できたワークフローへのコストを、アポジー・クラウド サブスクリプションによって、売上に比例する変動費に転換することが可能で、また逆に月額費固定のまま繁忙期のみシステムを強化するという方式も可能である。

 太洋社プリプレス事業部長の滝口善徳氏は、「利用料金の変動なく、最小限のコストで繁忙期に処理速度を上げることができるので、経営的にも現場的にも大きなメリットがある。今後、繁忙期はRIPエンジンやCPU、メモリを増やし、多くのタスクをロードバランスで同時かつ高速に処理できる。主に書籍を扱い、ジョブ量に対して処理データ量が多い当社にとって非常に効果的である」とコメントしている。

関連記事

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

mutoh_xpertjet_dp_tn.jpg

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

2019年7月18日

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。  「XpertJet...全文を読む

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

新着トピックス

swissq1_tn.jpg

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年7月19日ケーススタディ

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、...全文を読む

shanon_Jpmd20190717_dp_tn.jpg

シャノンとJPMD、DMの自動印刷・発送機能とMAサービスを連携

2019年7月17日マーケティング

 (株)シャノン(東京都港区、中村健一郎社長)と日本郵政グループの(株)JPメディアダイレクト(東京都港区、中島直樹CEO、以下「JPMD」)は、シャノンが提供するマーケティングオート...全文を読む

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

アグフア、アポジー・クラウド国内初の月額変動方式を太洋社が採用

ライセンスやクラウド上のサーバー構成を月単位で変更可能

2019年2月5日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、クラウドワークフローの最新バージョン「アポジー・クラウド11.0」から利用可能になった新サービス「アポジー・クラウド サブスクリプション」を、(株)太洋社(本社/岐阜県、大道成則社長)が国内で初めて採用したことを発表した。

 アグフアは、1997年に世界初のPDFワークフロー「アポジー」を発表し、業界に先駆けてJDFにも対応。2010年には、面付け機能である「自動面付け アポジー・インポーズ」を発表するなど、業界に先駆けて独創的かつ先進的な製品を紹介してきた。

 2016年に発表した業界初のクラウドワークフロー「アポジー・クラウド」は、従来必要であった専用サーバーが不要になり、初期投資を抑え、月額制の中で常に最新バージョンが利用できる。また、セキュリティレベルの高いクラウドセンターに複数拠点のシステムを一元管理することで、管理の手間を削減し、BCP対策にも繋がるソリューションだ。柔軟性が上がることによる働き方改革の実績も出てきている。

 最新バージョンから利用可能になったアポジー・クラウド サブスクリプションは、アポジーのライセンスやクラウド上のサーバーの構成(CPU・メモリなど)を月単位で変更できるもの。各月のジョブ量に合わせて構成を変更できるため、必要なときのみ処理速度を向上させるなど、最小限のコストで最大の効果を得ることができる。

 アポジー・クラウドによって、高額な投資から月額の固定費へと転換できたワークフローへのコストを、アポジー・クラウド サブスクリプションによって、売上に比例する変動費に転換することが可能で、また逆に月額費固定のまま繁忙期のみシステムを強化するという方式も可能である。

 太洋社プリプレス事業部長の滝口善徳氏は、「利用料金の変動なく、最小限のコストで繁忙期に処理速度を上げることができるので、経営的にも現場的にも大きなメリットがある。今後、繁忙期はRIPエンジンやCPU、メモリを増やし、多くのタスクをロードバランスで同時かつ高速に処理できる。主に書籍を扱い、ジョブ量に対して処理データ量が多い当社にとって非常に効果的である」とコメントしている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP