キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービ...

帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービスに活用

世界に1つのマイボールを作れるボールプリントサービス「MyBO+」開始

2019年4月23日ニュース

 (株)帆風(東京都新宿区、犬養新嗣社長)は4月19日、同社・竹橋プリンティングセンターにおいて記者懇談会を開催し、今年2月に導入した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を活用した新たなサービスの概要などについて説明した。
帆風が導入したアジアパシフィック1号機となる「オムニファイア250」
 開催に先立ち、挨拶した須藤高幸取締役は、「『印刷』というと紙媒体をイメージする方が多いと思う。『印刷』は、紙だけにとらわれない、様々な活用方法がある。その『印刷』の魅力をコンシューマ市場からBtoB市場への発展させる設備として当社は、オムニファイアを導入した」と、導入に至った経緯について説明した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することが可能。直径30cmまでの球体・円筒形の周径に360度プリントが可能で、サッカーボールであれば、1個約3分でプリントすることができる。

 制作手順としては、プリントをするボールなどエアーで吸引するロボットアームに固定。次にセンサーで印刷されるボールなどの詳細な凹凸を読み取り、インクのヘッドに当てるようにしてプリントを実行。プリントの際は、プラズマ照射を行った上で白インク、CMYKインクの順で塗布され、最終的にUV照射で完全定着させる。この動作により、これまで難しかったボールの縫い目にも確実かつ高品質なプリントが可能となる。
フルカラーで世界にたった1つのマイボールを作ることができる
 同社では、オムニファイア250導入と同時にフルカラーで1個から作れるボールプリントサービス「MyBO+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービスを開始。同サービスでは、サッカーボールなどにオリジナルデザインや写真などをプリントできる。対応ボールは、サッカーボール、バスケットボール、バレーボール、野球ボール、ゴルフボールなどで、今後は商品アイテムを順次拡大していく方針。
ボールの縫い目部分にもプリントが可能
 また、同社では、誰でも簡単に注文できるようバリエーション豊富なテンプレートも用意している。

関連記事

最新ニュース

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

label_km_230_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、8月にデジタル紙器・ラベル印刷ソリューションセミナー開催

2019年7月9日

 コニカミノルタジャパン(株)は、8月8日・9日の2日間、コニカミノルタ東京サイト八王子の「Customer Engagement Center(CEC)」において紙器印刷会社、商業印...全文を読む

トッパン・フォームズ、OCCとDPS分野で業務提携

2019年7月4日

 トッパン・フォームズ(株)(坂田甲一社長)と(株)OCC(本社/沖縄県浦添市、天久進社長)は、企業や団体から顧客へ重要な情報を伝える通知物の製造・発送までを受託するデータ・プリント・...全文を読む

dp_tp520hd_itl_tn.jpg

SCREEN GA、米国調査機関が「Truepress Jet520HD」の印刷品質を高く評価

2019年7月1日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズが開発した、ロール式高速インクジェット印刷機のフラッグシップモデル「Truepress Jet520HD」がこのほど、画像品質の調査・サ...全文を読む

dp_epson_eco_tn.jpg

エプソン、環境配慮型オフィスプロジェクトをスタート

2019年7月1日

 エプソンは7月1日より、環境配慮型オフィスプロジェクトをスタートさせた。同プロジェクトは、水をほとんど使わずに新たな紙を再生する乾式オフィス製紙機「PaperLab」と低消費電力を特...全文を読む

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービスに活用

世界に1つのマイボールを作れるボールプリントサービス「MyBO+」開始

2019年4月23日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)帆風(東京都新宿区、犬養新嗣社長)は4月19日、同社・竹橋プリンティングセンターにおいて記者懇談会を開催し、今年2月に導入した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を活用した新たなサービスの概要などについて説明した。
帆風が導入したアジアパシフィック1号機となる「オムニファイア250」
 開催に先立ち、挨拶した須藤高幸取締役は、「『印刷』というと紙媒体をイメージする方が多いと思う。『印刷』は、紙だけにとらわれない、様々な活用方法がある。その『印刷』の魅力をコンシューマ市場からBtoB市場への発展させる設備として当社は、オムニファイアを導入した」と、導入に至った経緯について説明した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することが可能。直径30cmまでの球体・円筒形の周径に360度プリントが可能で、サッカーボールであれば、1個約3分でプリントすることができる。

 制作手順としては、プリントをするボールなどエアーで吸引するロボットアームに固定。次にセンサーで印刷されるボールなどの詳細な凹凸を読み取り、インクのヘッドに当てるようにしてプリントを実行。プリントの際は、プラズマ照射を行った上で白インク、CMYKインクの順で塗布され、最終的にUV照射で完全定着させる。この動作により、これまで難しかったボールの縫い目にも確実かつ高品質なプリントが可能となる。
フルカラーで世界にたった1つのマイボールを作ることができる
 同社では、オムニファイア250導入と同時にフルカラーで1個から作れるボールプリントサービス「MyBO+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービスを開始。同サービスでは、サッカーボールなどにオリジナルデザインや写真などをプリントできる。対応ボールは、サッカーボール、バスケットボール、バレーボール、野球ボール、ゴルフボールなどで、今後は商品アイテムを順次拡大していく方針。
ボールの縫い目部分にもプリントが可能
 また、同社では、誰でも簡単に注文できるようバリエーション豊富なテンプレートも用意している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP