キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービ...

帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービスに活用

世界に1つのマイボールを作れるボールプリントサービス「MyBO+」開始

2019年4月23日ニュース

 (株)帆風(東京都新宿区、犬養新嗣社長)は4月19日、同社・竹橋プリンティングセンターにおいて記者懇談会を開催し、今年2月に導入した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を活用した新たなサービスの概要などについて説明した。
帆風が導入したアジアパシフィック1号機となる「オムニファイア250」
 開催に先立ち、挨拶した須藤高幸取締役は、「『印刷』というと紙媒体をイメージする方が多いと思う。『印刷』は、紙だけにとらわれない、様々な活用方法がある。その『印刷』の魅力をコンシューマ市場からBtoB市場への発展させる設備として当社は、オムニファイアを導入した」と、導入に至った経緯について説明した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することが可能。直径30cmまでの球体・円筒形の周径に360度プリントが可能で、サッカーボールであれば、1個約3分でプリントすることができる。

 制作手順としては、プリントをするボールなどエアーで吸引するロボットアームに固定。次にセンサーで印刷されるボールなどの詳細な凹凸を読み取り、インクのヘッドに当てるようにしてプリントを実行。プリントの際は、プラズマ照射を行った上で白インク、CMYKインクの順で塗布され、最終的にUV照射で完全定着させる。この動作により、これまで難しかったボールの縫い目にも確実かつ高品質なプリントが可能となる。
フルカラーで世界にたった1つのマイボールを作ることができる
 同社では、オムニファイア250導入と同時にフルカラーで1個から作れるボールプリントサービス「MyBO+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービスを開始。同サービスでは、サッカーボールなどにオリジナルデザインや写真などをプリントできる。対応ボールは、サッカーボール、バスケットボール、バレーボール、野球ボール、ゴルフボールなどで、今後は商品アイテムを順次拡大していく方針。
ボールの縫い目部分にもプリントが可能
 また、同社では、誰でも簡単に注文できるようバリエーション豊富なテンプレートも用意している。

関連記事

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

mimaki_3dgd-1800_dp_tn.jpg

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

2020年4月1日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。  「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

2020年4月9日ケーススタディ

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プラ...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2020年4月9日製品・テクノロジー

 日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、ロール式ラミネーター、業務用全自動ラミネーターのラインアップを豊富に取り揃え、あらゆるユーザーニーズに...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービスに活用

世界に1つのマイボールを作れるボールプリントサービス「MyBO+」開始

2019年4月23日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)帆風(東京都新宿区、犬養新嗣社長)は4月19日、同社・竹橋プリンティングセンターにおいて記者懇談会を開催し、今年2月に導入した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を活用した新たなサービスの概要などについて説明した。
帆風が導入したアジアパシフィック1号機となる「オムニファイア250」
 開催に先立ち、挨拶した須藤高幸取締役は、「『印刷』というと紙媒体をイメージする方が多いと思う。『印刷』は、紙だけにとらわれない、様々な活用方法がある。その『印刷』の魅力をコンシューマ市場からBtoB市場への発展させる設備として当社は、オムニファイアを導入した」と、導入に至った経緯について説明した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することが可能。直径30cmまでの球体・円筒形の周径に360度プリントが可能で、サッカーボールであれば、1個約3分でプリントすることができる。

 制作手順としては、プリントをするボールなどエアーで吸引するロボットアームに固定。次にセンサーで印刷されるボールなどの詳細な凹凸を読み取り、インクのヘッドに当てるようにしてプリントを実行。プリントの際は、プラズマ照射を行った上で白インク、CMYKインクの順で塗布され、最終的にUV照射で完全定着させる。この動作により、これまで難しかったボールの縫い目にも確実かつ高品質なプリントが可能となる。
フルカラーで世界にたった1つのマイボールを作ることができる
 同社では、オムニファイア250導入と同時にフルカラーで1個から作れるボールプリントサービス「MyBO+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービスを開始。同サービスでは、サッカーボールなどにオリジナルデザインや写真などをプリントできる。対応ボールは、サッカーボール、バスケットボール、バレーボール、野球ボール、ゴルフボールなどで、今後は商品アイテムを順次拡大していく方針。
ボールの縫い目部分にもプリントが可能
 また、同社では、誰でも簡単に注文できるようバリエーション豊富なテンプレートも用意している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP