キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービ...

帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービスに活用

世界に1つのマイボールを作れるボールプリントサービス「MyBO+」開始

2019年4月23日ニュース

 (株)帆風(東京都新宿区、犬養新嗣社長)は4月19日、同社・竹橋プリンティングセンターにおいて記者懇談会を開催し、今年2月に導入した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を活用した新たなサービスの概要などについて説明した。
帆風が導入したアジアパシフィック1号機となる「オムニファイア250」
 開催に先立ち、挨拶した須藤高幸取締役は、「『印刷』というと紙媒体をイメージする方が多いと思う。『印刷』は、紙だけにとらわれない、様々な活用方法がある。その『印刷』の魅力をコンシューマ市場からBtoB市場への発展させる設備として当社は、オムニファイアを導入した」と、導入に至った経緯について説明した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することが可能。直径30cmまでの球体・円筒形の周径に360度プリントが可能で、サッカーボールであれば、1個約3分でプリントすることができる。

 制作手順としては、プリントをするボールなどエアーで吸引するロボットアームに固定。次にセンサーで印刷されるボールなどの詳細な凹凸を読み取り、インクのヘッドに当てるようにしてプリントを実行。プリントの際は、プラズマ照射を行った上で白インク、CMYKインクの順で塗布され、最終的にUV照射で完全定着させる。この動作により、これまで難しかったボールの縫い目にも確実かつ高品質なプリントが可能となる。
フルカラーで世界にたった1つのマイボールを作ることができる
 同社では、オムニファイア250導入と同時にフルカラーで1個から作れるボールプリントサービス「MyBO+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービスを開始。同サービスでは、サッカーボールなどにオリジナルデザインや写真などをプリントできる。対応ボールは、サッカーボール、バスケットボール、バレーボール、野球ボール、ゴルフボールなどで、今後は商品アイテムを順次拡大していく方針。
ボールの縫い目部分にもプリントが可能
 また、同社では、誰でも簡単に注文できるようバリエーション豊富なテンプレートも用意している。

関連記事

最新ニュース

jeti-mira-2732-hs-lm-led_dp_tn.jpg

アグフア、JETI MIRA LEDが「SGIA」でプロダクト・オブ・ザ・イヤー受賞

2019年10月24日

 アグフア社(ベルギー・モーツェル)のワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「JETI MIRA 2732 HS LM LED」がこのほど、「the Specialty Grap...全文を読む

dp_ns40_sinwa_tn.jpg

KOMORI、新和製作所とインプレミアNS40のフィールドテスト実施で基本合意

2019年10月24日

 (株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)は10月23日、(株)新和製作所(埼玉県川越市、山崎康成社長)と、40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「インプレ...全文を読む

dp_jet520_1500_tn.jpg

SCREEN GA、Truepress Jet520シリーズが合計出荷台数1,500台を達成

2019年10月23日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズが開発・製造・販売するロール式高速フルカラーインクジェット印刷機「Truepress Jet520シリーズ」(OEMパートナーモデルを含...全文を読む

dp_sc_p9550_tn.jpg

エプソン、11色インク搭載B0Plus対応の大判インクジェットプリンター発売

2019年10月23日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンターSureColorシリーズ水性顔料プリンターの新商品として、フラッグシップモデル11色インク搭載B0Plus対応モデル「SC-P...全文を読む

dp_520hd_ad_tn.jpg

SCREEN GA、乾燥性能を強化したTruepress Jet520HDシリーズの新モデル発売

2019年10月23日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズは、ロール式高速フルカラーインクジェット印刷機「Truepress Jet520HDシリーズ」の新たなラインアップとして、乾燥性能を強化...全文を読む

新着トピックス

u-post_truepressjet520hd+_dp_tn.jpg

ユニバーサルポスト、SCREEN製連帳高速インクジェットで「統合メディア業」加速

2019年10月10日企業・経営

 (株)ユニバーサルポスト(本社/広島市西区商工センター、喜瀬清社長)はこのほど、SCREEN製フルカラーバリアブルプリンティングシステム「Truepress Jet520HD+」を導...全文を読む

dp_sentoraru_dp_tn.jpg

セントラルプロフィックス、本機校正の負担を軽減〜オフセット同等の色再現力を評価

2019年10月9日ケーススタディ

 「選ばれ続ける品質を」を企業理念に掲げ、クリエイティブからプリプレス、プレス、ポストプレスまで、すべてにわたり高水準なクオリティを確立した生産体制で顧客から絶大な支持を得ている(株)...全文を読む

miyakosi_amano_2019_dp_tn.jpg

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(...全文を読む

帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービスに活用

世界に1つのマイボールを作れるボールプリントサービス「MyBO+」開始

2019年4月23日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)帆風(東京都新宿区、犬養新嗣社長)は4月19日、同社・竹橋プリンティングセンターにおいて記者懇談会を開催し、今年2月に導入した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を活用した新たなサービスの概要などについて説明した。
帆風が導入したアジアパシフィック1号機となる「オムニファイア250」
 開催に先立ち、挨拶した須藤高幸取締役は、「『印刷』というと紙媒体をイメージする方が多いと思う。『印刷』は、紙だけにとらわれない、様々な活用方法がある。その『印刷』の魅力をコンシューマ市場からBtoB市場への発展させる設備として当社は、オムニファイアを導入した」と、導入に至った経緯について説明した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することが可能。直径30cmまでの球体・円筒形の周径に360度プリントが可能で、サッカーボールであれば、1個約3分でプリントすることができる。

 制作手順としては、プリントをするボールなどエアーで吸引するロボットアームに固定。次にセンサーで印刷されるボールなどの詳細な凹凸を読み取り、インクのヘッドに当てるようにしてプリントを実行。プリントの際は、プラズマ照射を行った上で白インク、CMYKインクの順で塗布され、最終的にUV照射で完全定着させる。この動作により、これまで難しかったボールの縫い目にも確実かつ高品質なプリントが可能となる。
フルカラーで世界にたった1つのマイボールを作ることができる
 同社では、オムニファイア250導入と同時にフルカラーで1個から作れるボールプリントサービス「MyBO+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービスを開始。同サービスでは、サッカーボールなどにオリジナルデザインや写真などをプリントできる。対応ボールは、サッカーボール、バスケットボール、バレーボール、野球ボール、ゴルフボールなどで、今後は商品アイテムを順次拡大していく方針。
ボールの縫い目部分にもプリントが可能
 また、同社では、誰でも簡単に注文できるようバリエーション豊富なテンプレートも用意している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP