キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービ...

帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービスに活用

世界に1つのマイボールを作れるボールプリントサービス「MyBO+」開始

2019年4月23日ニュース

 (株)帆風(東京都新宿区、犬養新嗣社長)は4月19日、同社・竹橋プリンティングセンターにおいて記者懇談会を開催し、今年2月に導入した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を活用した新たなサービスの概要などについて説明した。
帆風が導入したアジアパシフィック1号機となる「オムニファイア250」
 開催に先立ち、挨拶した須藤高幸取締役は、「『印刷』というと紙媒体をイメージする方が多いと思う。『印刷』は、紙だけにとらわれない、様々な活用方法がある。その『印刷』の魅力をコンシューマ市場からBtoB市場への発展させる設備として当社は、オムニファイアを導入した」と、導入に至った経緯について説明した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することが可能。直径30cmまでの球体・円筒形の周径に360度プリントが可能で、サッカーボールであれば、1個約3分でプリントすることができる。

 制作手順としては、プリントをするボールなどエアーで吸引するロボットアームに固定。次にセンサーで印刷されるボールなどの詳細な凹凸を読み取り、インクのヘッドに当てるようにしてプリントを実行。プリントの際は、プラズマ照射を行った上で白インク、CMYKインクの順で塗布され、最終的にUV照射で完全定着させる。この動作により、これまで難しかったボールの縫い目にも確実かつ高品質なプリントが可能となる。
フルカラーで世界にたった1つのマイボールを作ることができる
 同社では、オムニファイア250導入と同時にフルカラーで1個から作れるボールプリントサービス「MyBO+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービスを開始。同サービスでは、サッカーボールなどにオリジナルデザインや写真などをプリントできる。対応ボールは、サッカーボール、バスケットボール、バレーボール、野球ボール、ゴルフボールなどで、今後は商品アイテムを順次拡大していく方針。
ボールの縫い目部分にもプリントが可能
 また、同社では、誰でも簡単に注文できるようバリエーション豊富なテンプレートも用意している。

関連記事

最新ニュース

screenga_blueink_dp_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UV+」向けブルーインク開発

2019年5月14日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズは、ラベル用デジタル印刷機のハイエンドモデルである「Truepress Jet L350UV+」に新たに搭載するブルーインクを開発。6月...全文を読む

dp_ip_c910_tn.jpg

キヤノン、imagePRESSシリーズの新製品4機種を発売

2019年5月14日

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として「imagePRESS C910/C810/C660/C660CA」の4機種を20...全文を読む

dp_pod_hirosima_tn.jpg

大塚商会、5月22日開催の「POD Special 1Day! in 広島」のイベント概要が決定

2019年5月14日

 (株)大塚商会が5月22日にリコージャパン・広島八丁堀事業所(広島支社)において開催する印刷業界向けイベント「POD Special 1Day! in 広島」の開催概要が決定した。 ...全文を読む

fujixerox_osaka_2019_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、大阪で「リスクマネジメント」テーマに経営革新セミナー開催

2019年5月10日

 富士ゼロックス(株)は5月24日、Document CORE Osaka(大阪市中央区本町3-5-7 御堂筋本町ビル1F)において「経営革新セミナー2019 Spring〜リスクマネ...全文を読む

dp_tosyo_tn.jpg

日本文芸社と図書印刷、高速デジタル印刷機を活用したコミックスの小ロット製造開始

2019年5月8日

 (株)日本文芸社(本社/東京都千代田区、中村誠社長)は、図書印刷(株)(本社/東京都北区、川田和照社長)と連携し、小ロット重版の対応を開始した。  今回の連携は、長編作品やシリーズ作...全文を読む

新着トピックス

ffid_2_tn.jpg

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

2019年4月26日ケーススタディ

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応  (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2019年4月23日製品・テクノロジー

高速・高性能・作業性を追求  日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、「世界中のラミネーターのノウハウをお届けします」を合言葉に、ロール式ラミネ...全文を読む

syohokulami_jetpress540wv_tn.jpg

昭北ラミネート工業、ジェネリック医薬品の小ロット・多品種化へ〜アルミ箔にも高品位印刷

2019年4月18日ケーススタディ

 昭北ラミネート工業(株)(本社/富山県富山市飯野1-1)は、医薬品メーカーの多い富山県で1903年に創業してから115年もの長きにわたり、薬の品質が変わらないよう保護して利用者(患者...全文を読む

帆風、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を新サービスに活用

世界に1つのマイボールを作れるボールプリントサービス「MyBO+」開始

2019年4月23日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)帆風(東京都新宿区、犬養新嗣社長)は4月19日、同社・竹橋プリンティングセンターにおいて記者懇談会を開催し、今年2月に導入した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を活用した新たなサービスの概要などについて説明した。
帆風が導入したアジアパシフィック1号機となる「オムニファイア250」
 開催に先立ち、挨拶した須藤高幸取締役は、「『印刷』というと紙媒体をイメージする方が多いと思う。『印刷』は、紙だけにとらわれない、様々な活用方法がある。その『印刷』の魅力をコンシューマ市場からBtoB市場への発展させる設備として当社は、オムニファイアを導入した」と、導入に至った経緯について説明した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することが可能。直径30cmまでの球体・円筒形の周径に360度プリントが可能で、サッカーボールであれば、1個約3分でプリントすることができる。

 制作手順としては、プリントをするボールなどエアーで吸引するロボットアームに固定。次にセンサーで印刷されるボールなどの詳細な凹凸を読み取り、インクのヘッドに当てるようにしてプリントを実行。プリントの際は、プラズマ照射を行った上で白インク、CMYKインクの順で塗布され、最終的にUV照射で完全定着させる。この動作により、これまで難しかったボールの縫い目にも確実かつ高品質なプリントが可能となる。
フルカラーで世界にたった1つのマイボールを作ることができる
 同社では、オムニファイア250導入と同時にフルカラーで1個から作れるボールプリントサービス「MyBO+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービスを開始。同サービスでは、サッカーボールなどにオリジナルデザインや写真などをプリントできる。対応ボールは、サッカーボール、バスケットボール、バレーボール、野球ボール、ゴルフボールなどで、今後は商品アイテムを順次拡大していく方針。
ボールの縫い目部分にもプリントが可能
 また、同社では、誰でも簡単に注文できるようバリエーション豊富なテンプレートも用意している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP