キーワードで検索

Think Smart Factory2019開催へ、11⽉11⽇-13日 京都・みやこめっせ スマートファクトリー体感

2019年4月26日ニュース

 スマートファクトリーを体感できる業界イベント「Think Smart Factory2019」が11⽉11⽇から13日の3日間にわたり、京都市左京区のみやこめっせ(京都市勧業館)で開催されることが決定した。同イベントは、スマートファクトリーの実現を共通テーマとした業界発展を望む団体であるTSF2019実⾏委員会が主催するもので、会場全体をワークフローでつなぎ、実稼働を通してスマートファクトリーを体感できるものとなっている。今後、継続的に認知されるイベントを目指す。

 同イベントを主催するTSF2019実⾏委員会は、Canon/富⼠フイルムグローバルグラフィックシステムズ/goof/⽇本HP/Horizon/JSpirits/KONICA MINOLTA/RICOH JAPAN/SCREEN/RESOLOGIC/バリューマシーンインターナショナルの11社で構成される。

 IoTの普及により、いよいよ繋がる時代へと本格的に動き始め、印刷業界においてもその流れは次第に加速を強めている。機械設備を提案・販売するメーカーにおいても、単なる自動化や省⼈化といった流れではなく、この時代背景を正しく捉えたビジネスそのもののエコシステム提案が求められている。

 IGAS2018では、市場リーダーとなる9 社がホリゾンブース内に設置したスマートファクトリーゾーンに集結し、ユーザーと共にスマートファクトリーの実現に向けたセッションを繰り広げ大きな反響を得た。同イベントは、その熱意を次につなげる取り組みとして、新たにTSF2019実⾏委員会を結成し、「Think Smart Factory2019」として開催するに至ったもの。

 TSF2019実⾏委員会という業界をリードするメーカー・ユーザーが共同企画として主催し、業界の発展と市場の活性化を⽬指した展⽰内容となっている。今回の展⽰では、会場内全体をワークフローでつなぎ、自動搬送車やロボットなども取り⼊れ、実稼働を通してスマートファクトリーを体感できる計画を進めている。

 4,000平米の会場内には、ホリゾンのポストプレス機器を中⼼とした最終成果物視点で考えるワークフロー構築をキーに、⼊り⼝から出⼝までを実稼働の中で確認することのできるEnd to Endのワークフロー構築へとつなげられることを表現する。また、デジタルだからできる"オートメーション"、デジタルだからできる"⾼画質印刷"といった展⽰も注⽬の展⽰として計画している。

 現段階での出展社は、Canon/富⼠フイルムグローバルグラフィックシステムズ/goof/⽇本HP/Horizon/J Spirits/KONICA MINOLTA/RICOH JAPAN/SCREEN/RESOLOGIC、ユーザーサイドからは⽇本写真印刷コミュニケーションズ/ニューブックが参画を計画している。

 具体的なワークフロー連携と機器構成については今後、明確にしていく予定だが、各社が個別のブースを持つ形態ではなく、展⽰ホール内全体でスマートファクトリーをイメージできる横のつながりを重視した配置と内容で計画を進めていく。

 また、IGAS2018の時と同様に、会場内にスマートファクトリーゾーンを設置し、3⽇間で16セッションを同時通訳付きで実施する。

 今回の開催にあたり、国内・海外のユーザーの来場を想定し、海外から⼈気の⾼い京都を開催地とした。開催時期が11⽉11 ⽇から13⽇となるため、来場者に京都の紅葉と⽇本の⽂化に親しんでもらうことも重要な役割としている。京都の初秋を楽しめる早朝の散歩ツアーや懇親会なども計画しており、会場内だけでなくロケーションをまるごと楽しめる企画を進⾏中。今回が第1回⽬となるが、継続的に認知されるイベントなることを⽬標としている。

【開催概要】
▽名称=Think Smart Factory2019
▽主催=TSF2019実⾏委員会
▽運営=ホリゾン・インターナショナル(株)
▽会場=みやこめっせ(京都市勧業館)京都市左京区岡崎成勝寺町9 -1
▽会期=2019年11 ⽉11⽇〜13⽇

関連記事

最新ニュース

screenga_blueink_dp_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UV+」向けブルーインク開発

2019年5月14日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズは、ラベル用デジタル印刷機のハイエンドモデルである「Truepress Jet L350UV+」に新たに搭載するブルーインクを開発。6月...全文を読む

dp_ip_c910_tn.jpg

キヤノン、imagePRESSシリーズの新製品4機種を発売

2019年5月14日

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として「imagePRESS C910/C810/C660/C660CA」の4機種を20...全文を読む

dp_pod_hirosima_tn.jpg

大塚商会、5月22日開催の「POD Special 1Day! in 広島」のイベント概要が決定

2019年5月14日

 (株)大塚商会が5月22日にリコージャパン・広島八丁堀事業所(広島支社)において開催する印刷業界向けイベント「POD Special 1Day! in 広島」の開催概要が決定した。 ...全文を読む

fujixerox_osaka_2019_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、大阪で「リスクマネジメント」テーマに経営革新セミナー開催

2019年5月10日

 富士ゼロックス(株)は5月24日、Document CORE Osaka(大阪市中央区本町3-5-7 御堂筋本町ビル1F)において「経営革新セミナー2019 Spring〜リスクマネ...全文を読む

dp_tosyo_tn.jpg

日本文芸社と図書印刷、高速デジタル印刷機を活用したコミックスの小ロット製造開始

2019年5月8日

 (株)日本文芸社(本社/東京都千代田区、中村誠社長)は、図書印刷(株)(本社/東京都北区、川田和照社長)と連携し、小ロット重版の対応を開始した。  今回の連携は、長編作品やシリーズ作...全文を読む

新着トピックス

ffid_2_tn.jpg

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

2019年4月26日ケーススタディ

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応  (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2019年4月23日製品・テクノロジー

高速・高性能・作業性を追求  日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、「世界中のラミネーターのノウハウをお届けします」を合言葉に、ロール式ラミネ...全文を読む

syohokulami_jetpress540wv_tn.jpg

昭北ラミネート工業、ジェネリック医薬品の小ロット・多品種化へ〜アルミ箔にも高品位印刷

2019年4月18日ケーススタディ

 昭北ラミネート工業(株)(本社/富山県富山市飯野1-1)は、医薬品メーカーの多い富山県で1903年に創業してから115年もの長きにわたり、薬の品質が変わらないよう保護して利用者(患者...全文を読む

Think Smart Factory2019開催へ、11⽉11⽇-13日 京都・みやこめっせ スマートファクトリー体感

2019年4月26日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • メインシアターによる全体紹介イメージメインシアターによる全体紹介イメージ
  • スマートファクトリーゾーンのイメージスマートファクトリーゾーンのイメージ

 スマートファクトリーを体感できる業界イベント「Think Smart Factory2019」が11⽉11⽇から13日の3日間にわたり、京都市左京区のみやこめっせ(京都市勧業館)で開催されることが決定した。同イベントは、スマートファクトリーの実現を共通テーマとした業界発展を望む団体であるTSF2019実⾏委員会が主催するもので、会場全体をワークフローでつなぎ、実稼働を通してスマートファクトリーを体感できるものとなっている。今後、継続的に認知されるイベントを目指す。

 同イベントを主催するTSF2019実⾏委員会は、Canon/富⼠フイルムグローバルグラフィックシステムズ/goof/⽇本HP/Horizon/JSpirits/KONICA MINOLTA/RICOH JAPAN/SCREEN/RESOLOGIC/バリューマシーンインターナショナルの11社で構成される。

 IoTの普及により、いよいよ繋がる時代へと本格的に動き始め、印刷業界においてもその流れは次第に加速を強めている。機械設備を提案・販売するメーカーにおいても、単なる自動化や省⼈化といった流れではなく、この時代背景を正しく捉えたビジネスそのもののエコシステム提案が求められている。

 IGAS2018では、市場リーダーとなる9 社がホリゾンブース内に設置したスマートファクトリーゾーンに集結し、ユーザーと共にスマートファクトリーの実現に向けたセッションを繰り広げ大きな反響を得た。同イベントは、その熱意を次につなげる取り組みとして、新たにTSF2019実⾏委員会を結成し、「Think Smart Factory2019」として開催するに至ったもの。

 TSF2019実⾏委員会という業界をリードするメーカー・ユーザーが共同企画として主催し、業界の発展と市場の活性化を⽬指した展⽰内容となっている。今回の展⽰では、会場内全体をワークフローでつなぎ、自動搬送車やロボットなども取り⼊れ、実稼働を通してスマートファクトリーを体感できる計画を進めている。

 4,000平米の会場内には、ホリゾンのポストプレス機器を中⼼とした最終成果物視点で考えるワークフロー構築をキーに、⼊り⼝から出⼝までを実稼働の中で確認することのできるEnd to Endのワークフロー構築へとつなげられることを表現する。また、デジタルだからできる"オートメーション"、デジタルだからできる"⾼画質印刷"といった展⽰も注⽬の展⽰として計画している。

 現段階での出展社は、Canon/富⼠フイルムグローバルグラフィックシステムズ/goof/⽇本HP/Horizon/J Spirits/KONICA MINOLTA/RICOH JAPAN/SCREEN/RESOLOGIC、ユーザーサイドからは⽇本写真印刷コミュニケーションズ/ニューブックが参画を計画している。

 具体的なワークフロー連携と機器構成については今後、明確にしていく予定だが、各社が個別のブースを持つ形態ではなく、展⽰ホール内全体でスマートファクトリーをイメージできる横のつながりを重視した配置と内容で計画を進めていく。

 また、IGAS2018の時と同様に、会場内にスマートファクトリーゾーンを設置し、3⽇間で16セッションを同時通訳付きで実施する。

 今回の開催にあたり、国内・海外のユーザーの来場を想定し、海外から⼈気の⾼い京都を開催地とした。開催時期が11⽉11 ⽇から13⽇となるため、来場者に京都の紅葉と⽇本の⽂化に親しんでもらうことも重要な役割としている。京都の初秋を楽しめる早朝の散歩ツアーや懇親会なども計画しており、会場内だけでなくロケーションをまるごと楽しめる企画を進⾏中。今回が第1回⽬となるが、継続的に認知されるイベントなることを⽬標としている。

【開催概要】
▽名称=Think Smart Factory2019
▽主催=TSF2019実⾏委員会
▽運営=ホリゾン・インターナショナル(株)
▽会場=みやこめっせ(京都市勧業館)京都市左京区岡崎成勝寺町9 -1
▽会期=2019年11 ⽉11⽇〜13⽇

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP