キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • コニカミノルタ、初のヘビープロダクションプリント機でハイボリューム...

コニカミノルタ、初のヘビープロダクションプリント機でハイボリューム領域へ進出

印刷工程の自動化でオペレーションを効率化させる最上位モデル発売

2020年6月12日ニュース

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、山名昌衛社長)は、デジタル印刷システムのカラー最上位機種「AccurioPress(アキュリオ プレス)C14000」と「AccurioPress C12000」(2機種合わせて、以下「AccurioPress C14000シリーズ」)を2020年6月17日に発売する。

 「AccurioPress C14000シリーズ」は、同社初のヘビープロダクションプリント(HPP)機で、同機の投入によりハイボリューム領域へ進出するとともに、プロダクションプリント市場へ提供する価値を拡大することでデジタル印刷業界の発展に貢献していく。
AccurioPress C14000
 「AccurioPress C14000シリーズ」は、出力解像度2,400dpiで毎分A4サイズ140ページ、A3サイズ80ページという高速出力と、他社に先駆けた出力調整や紙面検査の自動化技術、最適な印刷設定を推奨するメディアセンサーにより、ハイボリューム領域でも他に例を見ないオペレーションの効率化を実現。これにより、印刷現場におけるタイムロスを最小化させるだけでなく、オペレーターの専門スキルを不要とし、印刷事業者が採用できる人材の幅を広げる。

 さらに今回、オペレーション効率化のために3つの最新テクノロジーを⾃動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティーオプティマイザー(IQ-501)」に融合させ、印刷オペレーションを簡便化している。

 テクノロジーの1つめは、「インラインメディアセンサーシステム」で、これはオペレーターが印刷に使⽤する⽤紙を設定したい場合に、紙を1枚通すことにより⾃動的に⽤紙の重さと種類を判定するシステム。メディアセンサーが⽤紙の特徴を読み取り、AIにより⽤紙の厚みと種類の⾃動判定を⾏うことで、⽤紙設定の候補を表⽰する。また、標準搭載された約300種類の⽤紙プロファイルから候補を提案し、最適な設定を選択する機能も備えており、簡単に⾼品質な印刷物を作成できる。これらの機能によって操作が簡単になり、設定時間が短縮されるだけでなく、新⼈オペレーターへの専⾨的なトレーニングも不要となる。

 2つめは、紙⾯検査システム。同機能では、汚れやスジ、さらにバリアブルデータ印刷での不整合といった不適合品をインラインで⾃動検出して排出するだけでなく、不適合品が発⽣した場合のリカバリー印刷まで実⾏してくれる。これにより、検品作業の負荷を低減、⽣産性向上に貢献する。また、新規カラーマネジメントシステム「AccurioPro ColorManager」との連携により⾊調整・管理も簡易な操作で⾏うことができる。

 3つめとして、業界初となる「インライントリマーシステム(TU-510)」を開発し、4⽅断裁、名刺やカードの複数カッティング処理、折り⽬などのインライン処理を実現した。これにより、名刺、カード、チケット、両⾯パンフレット、フルブリードポスターなどの後加⼯がインラインかつワンパス⾃動処理で可能となり、従来のオフラインの後加⼯機によるマニュアル作業と⽐較して、⼤幅な時間削減を実現する。
多彩な後加工もインラインかつワンパス自動処理
 加えてエンボス紙など幅広いメディアへの対応力を向上させ、名刺や招待状などの印刷において要求される高い質感や表現力の拡大を実現。さらに、長尺紙への自動両面印刷が従来機種よりも18%長い900mmまで可能となり、観音開きになっているA4サイズのパンフレットの印刷と折りも、ワンパスで効率的に行うことができる。

 また、同社では発売に先駆け、6月9日から7月8日まで、新製品発表特設サイトを公開する。さらに昨今の社会状況を鑑み、また、より広く遠隔地の顧客にも参加してもらいたいとの想いから、今回はリアルイベントに代えて、オンラインによる新製品発表会を行う予定。

関連記事

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

kodak-nexfinity-digital-press_dp_tn.jpg

コダック、デジタルプレスプラットフォーム「NEXFINITY」発表

2020年6月17日

 コダック社は、先頃開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、「NEXFINITYデジタルプレスプラットフォーム」を発表した。  商業印刷、ダイレクトメール、出版、フォトブック、...全文を読む

dp_vg2_tn.jpg

ローランドDG、大判インクジェット「TrueVIS VG2シリーズ」に新開発のグリーンインク追加

2020年6月17日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、大判インクジェットプリンター「TrueVIS(トゥルービズ)シリーズ」、VG2-640(最大用紙幅1,625mm対応)およびVG2-540(同1,...全文を読む

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 すべてのコダック社員は、コダックの過去の歴史を知っている。デジタル写真を世界で初めて発明した私たちは、その可能性を見逃し、先見性のない企業の代表的な例と見られたこともある。しかしご存...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

コニカミノルタ、初のヘビープロダクションプリント機でハイボリューム領域へ進出

印刷工程の自動化でオペレーションを効率化させる最上位モデル発売

2020年6月12日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、山名昌衛社長)は、デジタル印刷システムのカラー最上位機種「AccurioPress(アキュリオ プレス)C14000」と「AccurioPress C12000」(2機種合わせて、以下「AccurioPress C14000シリーズ」)を2020年6月17日に発売する。

 「AccurioPress C14000シリーズ」は、同社初のヘビープロダクションプリント(HPP)機で、同機の投入によりハイボリューム領域へ進出するとともに、プロダクションプリント市場へ提供する価値を拡大することでデジタル印刷業界の発展に貢献していく。
AccurioPress C14000
 「AccurioPress C14000シリーズ」は、出力解像度2,400dpiで毎分A4サイズ140ページ、A3サイズ80ページという高速出力と、他社に先駆けた出力調整や紙面検査の自動化技術、最適な印刷設定を推奨するメディアセンサーにより、ハイボリューム領域でも他に例を見ないオペレーションの効率化を実現。これにより、印刷現場におけるタイムロスを最小化させるだけでなく、オペレーターの専門スキルを不要とし、印刷事業者が採用できる人材の幅を広げる。

 さらに今回、オペレーション効率化のために3つの最新テクノロジーを⾃動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティーオプティマイザー(IQ-501)」に融合させ、印刷オペレーションを簡便化している。

 テクノロジーの1つめは、「インラインメディアセンサーシステム」で、これはオペレーターが印刷に使⽤する⽤紙を設定したい場合に、紙を1枚通すことにより⾃動的に⽤紙の重さと種類を判定するシステム。メディアセンサーが⽤紙の特徴を読み取り、AIにより⽤紙の厚みと種類の⾃動判定を⾏うことで、⽤紙設定の候補を表⽰する。また、標準搭載された約300種類の⽤紙プロファイルから候補を提案し、最適な設定を選択する機能も備えており、簡単に⾼品質な印刷物を作成できる。これらの機能によって操作が簡単になり、設定時間が短縮されるだけでなく、新⼈オペレーターへの専⾨的なトレーニングも不要となる。

 2つめは、紙⾯検査システム。同機能では、汚れやスジ、さらにバリアブルデータ印刷での不整合といった不適合品をインラインで⾃動検出して排出するだけでなく、不適合品が発⽣した場合のリカバリー印刷まで実⾏してくれる。これにより、検品作業の負荷を低減、⽣産性向上に貢献する。また、新規カラーマネジメントシステム「AccurioPro ColorManager」との連携により⾊調整・管理も簡易な操作で⾏うことができる。

 3つめとして、業界初となる「インライントリマーシステム(TU-510)」を開発し、4⽅断裁、名刺やカードの複数カッティング処理、折り⽬などのインライン処理を実現した。これにより、名刺、カード、チケット、両⾯パンフレット、フルブリードポスターなどの後加⼯がインラインかつワンパス⾃動処理で可能となり、従来のオフラインの後加⼯機によるマニュアル作業と⽐較して、⼤幅な時間削減を実現する。
多彩な後加工もインラインかつワンパス自動処理
 加えてエンボス紙など幅広いメディアへの対応力を向上させ、名刺や招待状などの印刷において要求される高い質感や表現力の拡大を実現。さらに、長尺紙への自動両面印刷が従来機種よりも18%長い900mmまで可能となり、観音開きになっているA4サイズのパンフレットの印刷と折りも、ワンパスで効率的に行うことができる。

 また、同社では発売に先駆け、6月9日から7月8日まで、新製品発表特設サイトを公開する。さらに昨今の社会状況を鑑み、また、より広く遠隔地の顧客にも参加してもらいたいとの想いから、今回はリアルイベントに代えて、オンラインによる新製品発表会を行う予定。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP