キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • エプソン、エプソン社員3名による画像処理技術が日本画像学会「技術賞...

エプソン、エプソン社員3名による画像処理技術が日本画像学会「技術賞」受賞

2020年7月13日ニュース

 セイコーエプソン(株)(以下、エプソン)の社員3名による、インクジェットプリンターの「位置ずれに対するロバスト性向上ハーフトーン技術の開発」が、このほど(一社)日本画像学会の「令和元年度 技術賞」を受賞した。

 日本画像学会は、1958年(昭和33年)発足の、画像技術の進歩と発展への寄与を目的とする学会で、独創性に富み、優れた実用性が実証された画像処理技術および、その周辺技術に対し「技術賞」を贈り顕彰している。

 受賞理由としては、インクジェットプリンター印刷時、さまざまな要因で引き起こされるインクドット着弾位置の微妙なずれによる印刷品質の低下を、同画像処理技術を用いることで複雑な調整をせずにソフトウエアのみで抑制することを可能にしたことが評価された。なお、日本画像学会の印刷品質に関わる技術を主体とした表彰では、2000年以降で初となる。
同技術の採用有無によるドット層の堆積結果比較
 今回、顕彰を受けた同技術は、2006年以降発売のエプソン製インクジェットプリンターに順次採用し、顧客へ安定した印刷品質を提供し続けている。プリントヘッドのノズルの高密度化への対応力も高く、エプソンのコアデバイスであるPrecisionCoreヘッドの実用化にも貢献し、ヘッド外販やオープンイノベーションによる市場開拓、新市場創出の可能性も広げている。

【受賞者】
ソフトウエア技術開発部
角谷繁明氏/山﨑郷志氏/宇都宮光平氏

関連記事

最新ニュース

risapress_c14000_202008_dp_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESS Colorに初のヘビープロダクション機

2020年8月3日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSカラーシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color14000/12000...全文を読む

エプソン、子会社ロブステリ社とフォルテックス社の合併を決定

2020年7月30日

 セイコーエプソン(株)(以下、「エプソン」)は7月30日、グループ会社であるFratelli Robustelli S.r.l.(以下、「ロブステリ社」)によるFor.Tex S.r...全文を読む

dp_km_online_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、新製品発表会とウェビナーで構成するオンラインイベントを8月18日に開催

2020年7月28日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は8月18日14時より、新製品発表会と特別講師によるウェビナーで構成されるオンラインイベント「New Normalにおけ...全文を読む

dp_hp_7_29_tn.jpg

日本HP、7月29日「HP Indigoデジタル印刷機60分バーチャル体験」をオンライン開催

2020年7月27日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では7月29日1...全文を読む

dp_sumo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、小学館刊行の超特大写真集SUMO本「東大寺」の印刷にKM-1が採用

2020年7月21日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、小学館SUMO本「東大寺」(発売中)の印刷に29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet KM-1(...全文を読む

新着トピックス

signsdc_dp_tn.jpg

サインズドットコム、環境素材・板物対応を強化:JETI MIRA / ANAPURNA導入事例

2020年7月13日ケーススタディ

 「街の景観創りを応援します」─広告・看板資機材の卸売を手掛ける(株)サインズドットコム(本社/大阪市淀川区三津屋南2-20-40、吉田司社長)は昨年12月、大判インクジェット出力サー...全文を読む

ffgs_acuityultra_dp_tn.jpg

FFGS、「3 in 1」で既存機を「超越」したスーパーワイド機:Acuity Ultraシリーズ

2020年7月13日製品・テクノロジー

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、以下「FFGS」)は7月、「高画質」「高生産性」「汎用性」の3つの特長を併せ持つスーパーワイドフォーマットUVインクジ...全文を読む

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 コダック社は、6月16日に開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、優れた投資対効果(ROI)の達成をめざした新しいデジタル印刷ソリューションを発表。とくに、インクジェットプレ...全文を読む

エプソン、エプソン社員3名による画像処理技術が日本画像学会「技術賞」受賞

2020年7月13日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 セイコーエプソン(株)(以下、エプソン)の社員3名による、インクジェットプリンターの「位置ずれに対するロバスト性向上ハーフトーン技術の開発」が、このほど(一社)日本画像学会の「令和元年度 技術賞」を受賞した。

 日本画像学会は、1958年(昭和33年)発足の、画像技術の進歩と発展への寄与を目的とする学会で、独創性に富み、優れた実用性が実証された画像処理技術および、その周辺技術に対し「技術賞」を贈り顕彰している。

 受賞理由としては、インクジェットプリンター印刷時、さまざまな要因で引き起こされるインクドット着弾位置の微妙なずれによる印刷品質の低下を、同画像処理技術を用いることで複雑な調整をせずにソフトウエアのみで抑制することを可能にしたことが評価された。なお、日本画像学会の印刷品質に関わる技術を主体とした表彰では、2000年以降で初となる。
同技術の採用有無によるドット層の堆積結果比較
 今回、顕彰を受けた同技術は、2006年以降発売のエプソン製インクジェットプリンターに順次採用し、顧客へ安定した印刷品質を提供し続けている。プリントヘッドのノズルの高密度化への対応力も高く、エプソンのコアデバイスであるPrecisionCoreヘッドの実用化にも貢献し、ヘッド外販やオープンイノベーションによる市場開拓、新市場創出の可能性も広げている。

【受賞者】
ソフトウエア技術開発部
角谷繁明氏/山﨑郷志氏/宇都宮光平氏

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP